阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

旅行選びのポイント

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

旅行選びのポイント|東欧・中欧観光ガイド

東欧・中欧旅行のプランを選ぼう

国によって見どころも文化もさまざま。旅の目的を決めて、自分に合ったプランを選びましょう。

  • ■各国のポイントをおさえた周遊プラン

    初めてでどこへ行ってみたらいいのかわからない…、短期間で主要な見どころに行きたいという方は、添乗員付きの周遊プランがオススメ。ドイツを含めた中央ヨーロッパ5カ国周遊プランやクロアチア・スロベニア、チェコ・スロバキア・ハンガリーなど2、3カ国を一度にめぐる周遊プランが多いです。

  • ■手軽なフリープランで気ままに旅する

    ウィーンへ行きたい!プラハで泊まりたい!など、ある程度訪れたい都市が決まっている場合は、ホテル+航空券がセットのフリープランを利用するという手も。面倒なホテルや航空券の手配はおまかせして、その分、現地での過ごし方をじっくり計画できるのがオススメポイント。

  • ■個人手配で自分だけのオリジナルの旅を

    パッケージツアーでは体験できないことをしたい!世界遺産の都市をじっくり見て回りたい!場合などは、思いきって航空券やホテルはすべて個人手配でオリジナルの旅をプランニングしてみるとよいでしょう。余裕のあるスケジュールを組むことが旅を成功させるポイントです。

    • ドブロヴニク
    • ▲紺碧の海に赤い屋根が映えるドブロヴニク
    • プラハ
    • ▲ヴルダヴァ川の畔にそびえるプラハ城

旅の季節を決めよう

季節によって楽しみかたも色々。季節情報を参考に、旅の目的に合った季節を選びましょう。

  • ■春(4〜5月頃)

    東欧・中欧の春は短く、朝晩で気温がぐっと下がることもありますが、日中は街めぐりをのんびり楽しむには最適の季節。年2回行われるプラハの音楽祭、春は5月から開催されます。

  • ■夏(6〜8月頃)

    ブルガリアのバラ祭りやザルツブルクの音楽祭は夏のイベント。世界遺産のクロアチア・プリトヴィッツェはベストシーズンの夏にぜひとも訪れてほしいところ。7・8月も比較的過ごしやすい時期で、バカンスのために各国の観光客が数多く訪れます。

  • ■秋(9〜10月頃)

    黄葉の季節は街の風景がよりロマンチックに彩られる時。ホテルの料金もピーク時より下がり安く泊まれます。気候も穏やかで観光しやすい季節ですが、朝と夜で気温の寒暖差がの大きくなる地域も。

  • ■冬(11月〜3月頃)

    ヨーロッパの冬といえば何といっても、ウィーンやザルツブルク、ブダペストなど各地域で催されるクリスマスマーケット。11月下旬ごろから街が賑わいます。また、寒さの厳しい東欧・中欧。ウィンタースポーツは、例年12月〜4月頃まで楽しめます。

    • バラ祭り
    • ▲夏の訪れを告げるカザンラクのバラ祭り
    • プラハ クリスマスマーケット
    • ▲多くの人で賑わうクリスマスマーケット
3人グループでの旅行なら
3人での旅は2人部屋に簡易ベッドを入れて、1部屋を3人で使用するのが一般的。誰がどのベッドを使用するのか事前によく話し合って決めましょう。
  • 客室
  • 事前に話し合いを
旅に出る前に知っておこう
ガイドブックや旅行書などで、事前に東欧・中欧の歴史や文化も知っておきましょう。旅先の国の理解を深めることは、楽しい旅に必要なこと。
  • ガイドブック
  • もっと東欧・中欧を知ろう

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【GoToトラベル】10月出発以降 最大50%給付!!(一部商品は除く)GoToトラベルキャンペーンの対象コースはこちら!