阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

スロベニア基本情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

スロベニア基本情報|東欧・中欧観光ガイド

スロベニアの概要

スロベニア・アルプス、カルスト地形、そしてアドリア海が作りだす変化に富んだ自然景観を誇り、ドイツ、オーストリアの文化を色濃く漂わせる美しい国。

  • ■正式名称:スロヴェニア共和国 Republic of Slovenia
  • ■首都:リュブリャナ
  • ■人口:約206万人
  • ■面積:約2万256km²
  • ■人種・民族:スロベニア人、イタリア人、ハンガリー人、その他
  • ■宗教:ローマ・カトリック、その他
  • ■言語:スロベニア語
  • ■通貨:ユーロ
  • ■時差:-8時間 スロベニアが正午のとき、日本は午後8時
  • ■サマータイム:3月の最終日曜日〜10月の最終日曜日は-7時間。 スロベニアが正午のとき、日本は午後7時
スロベニア国旗
国旗のウンチク
スラブ民族共通の白・青・赤の3色旗に、同国の最高峰トリグラウ山を描いた国章を配置。

スロベニアの気候・服装

アルプスは高山性、アドリア海沿岸は地中海性、北東部は大陸性気候と、地方によって気候が異なるため、服装は訪れる地方と季節に合わせて準備しましょう。

降水量が多く、3月頃まで厳しい気候が続きます。気温もしばらく低い日が続くので、薄手のセーターや上着が必要。5月には快適な気候になります。
最高気温が30度を超えることはまれで、どの地方も過ごしやすい季節。内陸部は夜間は涼しいので、長袖シャツや薄手のカーディガンがあると安心。
雨が多い季節で、晴れの日との気温差が大きいので服装に注意。大体合い服で大丈夫ですが、雨の日や夜間の冷え込みに備えて、薄手のセーターも用意。
アルプスの山岳地帯では降雪が続き、内陸部でも平均気温が0度以下になり、かなり冷え込みます。スキーを楽しむのであれば、防寒対策を万全に。
リュブリャナ・東京 気温表/降水量グラフ

※リュブリャナの平均気温、降水量は気象庁HPより(平年値)
※東京の平均気温、降水量は気象庁HPより(2012年)
※イベントの時期は例年の目安です。

スロベニアの祝祭日

  • ■新年:1月1日
    ■文化の日:2月8日
    ■イースター※:4月11〜12日
    ■イースターマンデー※:4月13日
    ■反占領蜂起の日:4月27日
    ■メーデー:5月1・2日
    ■聖霊降臨祭※:5月31日
  • ■建国記念日:6月25日
    ■聖母被昇天祭:8月15日
    ■宗教改革の日:10月31日
    ■死者の日:11月1日
    ■クリスマス:12月25日
    ■独立記念日:12月26日

※は移動祝祭日のため毎年変わります。上記は2020年の祝祭日です。

※祝祭日はOTOA日本海外ツアーオペレーター協会より引用しています。

スロベニアのベストシーズンは?
おすすめシーズンは、雨がほとんど降らず、爽やかな青空が広がる5〜9月。アドリア海沿岸は7〜8月がベスト。山岳地帯はスキーができる冬もおすすめです。
  • ブレッド湖
  • 夏も冷涼なブレッド湖
プトゥイのカーニバル
毎年2月に各地で春を迎えるカーニバルが開かれるスロベニア。なかでもプトゥイは盛大で、思い思いの変装で練り歩く仮装パレードで盛り上がります。
  • プトゥイのカーニバル
  • 愉快なプトゥイのカーニバル

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【GoToトラベル】10月出発以降 最大50%給付!!(一部商品は除く)GoToトラベルキャンペーンの対象コースはこちら!