阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ゆうちょ銀行貯金口座自動払込サービス

音楽 芸術

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

音楽 芸術|東欧・中欧観光ガイド

モーツァルト、ベートーヴェン、ヨハン・シュトラウスら、多くの音楽家が活躍したウィーンで、世界最高峰のオペラ鑑賞など本場の音楽に浸る優雅な体験を。また19世紀末に開花した爛熟文化の薫りを放つクリムト、ミュシャなどの作品にふれるのも楽しみ。

ウィーン国立歌劇場 内部 ▲ウィーン国立歌劇場は「音楽の都」を代表する劇場
オペラの魅力に誘われて
ウィーン国立歌劇場 外観
年間300日もオペラの公演があるウィーン。ハプスブルク家の栄華が香るウィーン国立歌劇場で、華やかな雰囲気に包まれ魅惑のひとときを。
レジデンスオーケストラ 奏者
ウィーン・フィルハーモニー、ウィーン交響楽団、ウィーン・レジデンツ・オーケストラなど数あるオーケストラの演奏を、楽友協会やコンツェルトハウスなどの名ホールで。
レジテンスオーケストラ 内部
ユーモアたっぷりオペレッタ
オペレッタ
オペレッタは歌劇に社会風刺などを織り込んだ庶民のオペラ。フォルクスオーパーなどの専用劇場で上演。
気品あふれる舞踏会 ワルツ
ワルツ
ウィーンの冬は旅行者でも参加できる舞踏会が目白押し。年に一度国立歌劇場で開催されるオーパンバルは特に豪華で、見学もOK。
READY!! 芸術鑑賞をより楽しむために
ドレスアップして会場へ
光沢のあるドレスなどいつもよりオシャレをして、優雅な時間を演出しましょう。
クロークの利用
コートや大きな荷物は座席に持ち込まないでクロークへ。チップを渡すのも忘れずに。
座席で予習
開演前にストーリーのおさらいを。最近は日本語のプログラムも用意されています。
開演
ブザーが鳴ったら開演です。早めに席に着いておきましょう。指揮者が入場したら拍手。
終了後
カーテンコールでは、惜しみない拍手を。上演中は厳禁の写真撮影もこの時はOKです。
幕間の過ごし方のススメ
華やかなロビーでワインなどを片手に談笑を。劇場でしか買えないグッズを探したり、建物自体が芸術作品の場内散策もオススメ。

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
3歳で絶対音感を身につけ、5歳にして作曲。さらに6歳の時にはシェーンブルン宮殿でマリア・テレジアを前に演奏するなど、幼い頃から神童と呼ばれていました。
代表曲:『フィガロの結婚』『魔笛』『ドン・ジョバンニ』
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
幼い頃は現ウィーン少年合唱団・シュテファン寺院の合唱団で活躍。20代から30年間ハンガリーで宮廷楽長を務めた後、ウィーンに帰り室内交響曲を残しました。
代表作:『皇帝賛歌』『天地創造』『四季』
ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ドイツのボン出身。ウィーンでハイドンに師事し、ピアノ協奏曲等でその名を広げました。難聴に苦しみながら数々の名曲を書き上げ、「楽聖」と呼ばれています。
代表曲:交響曲『運命』『第九』『田園』
ヨハン・シュトラウス2世
ヨハン・シュトラウス1世の長男としてウィーンに生まれ、父の跡を継いでウィンナーワルツを大成。また、オペレッタの作曲にも才能を発揮しました。
代表曲:『美しく青きドナウ』『皇帝円舞曲』『ウィーンの森の物語』
フランツ・シューベルト
ウィーンの出身。幼い頃は少年聖歌隊や音楽学校で学びました。わずか31年の生涯でしたが、ベートーヴェンを尊敬し、600を超える歌曲を作曲しました。
代表曲:『魔王』『野ばら』『未完成交響曲』
READY!! 芸術鑑賞をより楽しむために
ビート教会 ステンドグラス
プラハ城内の聖ビート教会は、600年近くを費やし1929年に完成したゴシック様式の大聖堂。内部にはアール・ヌーボーの代表的画家ミュシャの見事なステンドグラスが。
プラハ城
クリムト:ベルヴェデーレ宮殿『接吻』
ベルヴェデーレ宮殿
ウィーンのベルヴェデーレ宮殿の上宮は、19・20世紀絵画館。ウィーン分離派を代表する画家・クリムトのかの傑作『接吻』もここに。
カフカ:黄金小路
黄金の小道
プラハ城の城壁に沿って続く黄金小路。No.22の青い家は、『変身』で知られる小説家カフカのかつての住まい。
コペルニクス:トルン
コペルニクスの家
地動説を唱えた天文学者・コペルニクスの生誕地は、ポーランドのトルン。現在は、生家が公開され、愛用の地球儀などを見学できます。
キュリー夫人:ワルシャワ
ワルシャワ
放射能の研究で、女性で初めてノーベル賞を受賞したキュリー夫人。ワルシャワの生家が博物館として公開され、偉業を偲ぶことができます。
マリオネットの世界へ
マリオネット劇は18世紀から続くチェコの伝統文化。操り糸でリズミカルに動く木彫りの人形は実に個性豊か。大人が見ても充分に楽しめるので要チェックです。
  • マリオネット
  • プラハの国立マリオネット劇場などで上演
岩塩の芸術 ヴィエリチカ
ポーランドのヴィエリチカは10世紀末に採掘が始まった岩塩坑。坑内には岩塩で作られた精巧な彫像が並び、採掘跡を利用した礼拝堂には、岩塩のシャンデリアが下がり、芸術作品のよう。
  • ヴィエリチカ
  • ヴィエリチカ岩塩坑は世界遺産にも登録

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【GoToトラベル】10月出発以降 最大50%給付!!(一部商品は除く)GoToトラベルキャンペーンの対象コースはこちら!