阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

スロバキア基本情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

スロバキア基本情報|東欧・中欧観光ガイド

スロバキアの概要

1993年にチェコから独立した小国。首都ブラチスラバは、ドナウ川のほとりに開け、流域で栽培されるブドウから醸されるワインも評判です。

  • ■正式名称:スロバキア共和国  Slovak Republic
  • ■首都:ブラチスラバ
  • ■人口:約541.4万人
  • ■面積:約4.9万km²
  • ■人種・民族:スロバキア人、ハンガリー人、その他
  • ■宗教:ローマカトリック、無信仰、プロテスタント
  • ■言語:スロバキア語
  • ■通貨:ユーロ
  • ■時差:-8時間 日本が正午の場合、スロバキアは午前4時
  • ■サマータイム:3月最終日曜日〜10月最終日曜日は-7時間。日本が正午の場合、スロバキアは午前5時
スロバキア国旗
国旗のウンチク
スラブ民族共通の赤白青の3色旗に、カトリックへの信仰を表す国章の復十字が配されています。

スロバキアの気候・服装

日本と同じように四季があり、南部の平原地帯と東部の低地帯は比較的穏やかですが、山岳地帯は厳しい気候。また、内陸部のため気温の変化が激しいのが特徴です。

5月も半ばになると、スロバキアに春が訪れます。春先の朝晩は冷え込むことがあるので、カーディガンや薄手のコートがあると便利です。
最高気温が30度以上と高めになることもある夏。サングラスや帽子があると便利です。夜は冷えることもあるので、上着を持っていきましょう。
8月半ばから秋らしい気候に。ただしスロバキアの秋は短く、10月には日中でも肌寒い日が増えるので、上着を準備しておくと安心でしょう。
積雪もみられるほど寒くなるスロバキアの冬。マフラーや手袋などの防寒具があると安心です。室内は暖かいので脱ぎ着しやすいコーディネートを。
ブラチスラバ・東京 気温表/降水量グラフ

※ブラチスラバの平均気温は理科年表2009年版より、降水量は世界気象機関HPより(1971-2000年の平均)
※東京の平均気温、降水量は気象庁HPより(2012年)
※イベントの時期は例年の目安です。

スロバキアの祝祭日

  • ■新年/独立記念日:1月1日
  • ■国民蜂起記念日:8月29日
  • ■公現節:1月6日
  • ■憲法記念日:9月1日
  • ■聖金曜日※:4月10日
  • ■聖母マリアの日:9月15日
  • ■イースター※:4月11〜12日
  • ■万聖節:11月1日
  • ■イースターマンデー※:4月13日
  • ■自由・民主主義闘争記念日:11月17日
  • ■メーデー:5月1日
  • ■クリスマスイブ:12月24日
  • ■解放記念日:5月8日
  • ■クリスマス:12月25日
  • ■聖キリルと聖メトドの日:7月5日

※は移動祝祭日のため毎年変わります。上記は2020年の祝祭日です。
※祝祭日はOTOA日本海外ツアーオペレーター協会より引用しています。

スロバキアのベストシーズンは?
ブラチスラバなどの都市の観光には6〜9月がベストシーズン。積雪期の山岳地帯では、ウィンタースポーツも楽しめるので、冬もおすすめです。
  • ブラチスラバ
  • ブラチスラバの街並み
生の芸術に触れるなら
スロバキアの10月から6月はオペラやバレエの季節。国立オペラ劇場などで毎晩のように上演されています。せっかく行くなら生の舞台を鑑賞したいもの。
  • バレエ
  • 芸術に触れるチャンス

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【GoToトラベル】10月出発以降 最大50%給付!!(一部商品は除く)GoToトラベルキャンペーンの対象コースはこちら!