阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ゆうちょ銀行貯金口座自動払込サービス

東欧・中欧の歴史

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

東欧・中欧の歴史|東欧・中欧観光ガイド

歴史を彩ったハプスブルク家の美しき夏の離宮
シェーンブルン宮殿 外観
13世紀から約700年にわたり君臨し、東欧・中欧の歴史に深く関わったハプスブルク家。その都ウィーンには、シェーンブルン宮殿をはじめ数々の遺産が残されています。中世以来の街並みを彩る華麗なる建築物から、栄枯盛衰の歴史にふれることができます。
クリックするとシェーンブルン宮殿内部の詳細がご覧いただけます▼
華麗なるハプスブルク家
レオポルト1世
政治には関心が薄く、もっぱら文化的に貢献。シェーンブルン宮殿の造営を計画。
カール6世
対外戦争に傾注し、ハプスブルク家最大の領土を構築。マリア・テレジアの父。
マリア・テレジア
23歳で即位。近代オーストリアの礎を築き、国母として慕われた女帝。
エリーザベト
通称シシィ。宮廷生活になじめず大半を旅に過ごし、スイスで凶刃に倒れた美貌の皇妃。
シェーンブルン宮殿 庭園マップ
ネプチューンの噴水
ネプチューンの噴水
ギリシア神話のネプチューン、トリトンなどをモチーフにした美しい彫像が彩る巨大な噴水。背後の丘にはグロリエッテが建ち壮観。
グロリエッテ
グロリエッテ
マリア・テレジアがプロイセン戦勝利を記念して建設。小高い丘にギリシア神殿風の建物が建ち、宮殿とウィーンの街並みの素晴らしい眺望が広がります。
建築様式でたどる東欧・中欧の歴史
ロマネスク様式
スプリット大聖堂(クロアチア)
「ローマ風の」という意味。西ヨーロッパで興った堅牢な石造建築。クロアチアのスプリットにある大聖堂が好例。 写真提供:クロアチア政府観光局
ゴシック様式
シュテファン寺院(オーストリア)
フランスが発祥の建築様式。聳え立つ尖塔が特徴的で、天井はより高くなり、大きく取られた窓はステンドグラスで装飾されています。ウィーンのシンボル・シュテファン寺院などが代表的。
ルネサンス様式
ザモシチ市庁舎(ポーランド)
イタリアで始まった古典様式の建築。ポーランドのザモシチには、世界遺産に登録された後期ルネサンスの街並みが続きます。©Nightman196
バロック様式
ドブロヴニク 大聖堂(クロアチア)
ローマで始まり、建築だけでなく、空間を構成する彫刻や絵画など、過剰ともいえる装飾が特徴。ドブロヴニクの大聖堂は、クロアチアが貿易都市として繁栄していた往時を物語ります。
アールヌーボー
分離派会館(オーストリア)
フランスで興った新しい芸術運動。花や植物、曲線を用いた装飾、鉄やガラスなどの新素材を利用した建築は、ウィーンではユーゲントシュティールと呼ばれ、分離派会館が代表的。
モダン建築
ダンシング・ビル(チェコ)
各時代の建築様式が混在、「建築博物館」とも称されるプラハには、個性的なモダン建築も。1996年に建てられたダンシング・ビルは、カップルがダンスを踊っているような奇抜な外観が目を引きます。
キュビズム建築
リブシナ通りの邸宅(チェコ)
ピカソらによって始められた芸術運動がチェコで建築に応用。プラハ・リブシナ通りの邸宅を始め、斬新な建築が見られます。
世紀末のウィーンを歩こう
19世紀末のウィーンでは新しい芸術運動ユーゲントシュティールの装飾に彩られた建築が次々に誕生。当時の建築群が残る街を歩けば、世紀末の息吹が感じられます。
  • マヨリカハウス
  • バラの花が壁面を飾るマヨリカハウス
教会を彩るイコンに見る歴史
ブルガリアやルーマニアの正教会で見られるのがイコンと呼ばれる聖像。特にブルガリア・リラの修道院の聖母聖堂のイコンは圧巻。聖人を描いたフレスコ画も必見。
  • リラの修道院フレスコ画
  • リラの修道院の壁面を覆い尽くすフレスコ画

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【GoToトラベル】10月出発以降 最大50%給付!!(一部商品は除く)GoToトラベルキャンペーンの対象コースはこちら!