秋田旅行・ツアー

コース番号検索

担当者おすすめ秋田旅行

【温泉特集】秋田県の乳頭温泉や玉川温泉など東北エリアの名湯をご紹介!

【紅葉】奥入瀬渓流のおすすめスポットや紅葉の見頃時期を紹介しています。

【大曲の花火】四季を通じて開催される花火大会を紹介しています。

あなたへのおすすめ秋田ツアー

あなたへのおすすめツアーが入ります

秋田旅行の人気のキーワード

秋田の観光情報

面積の7割が森林という“森の国”秋田県。その代表が世界自然遺産にも登録されている白神山地です。広大な手つかずのブナの原生林は、世界でも類を見ません。重要無形民俗文化財の登録が日本で最も多く、竿燈まつりやなまはげなどの伝統文化や風習が今もしっかりと息づいています。また、城下町の風情をたたえる角館、雄大な海景で有名な男鹿半島、水深日本一の田沢湖など見どころが豊富で、横手のかまくらなど、冬も雪国ならではの情緒が楽しめます。

おすすめの秋田観光スポット

千秋公園

秋田市

かつて佐竹氏二十万石の城下町として栄えた秋田県の県庁所在地。日本酒の産地として名高い市内には、桜が美しい久保田城跡(千秋公園)や秋田県立美術館など見どころ多数。

田沢湖 たつこ像

田沢湖

水深423.4mは日本一。竜神と化したという辰子姫伝説にちなむ金色の辰子像が瑠璃色の湖面に映え、今も息づく伝説を静かに物語っています。紅葉の頃は格別の美しさ。

太平湖 遊覧船

太平湖

森吉山ダムの完成によって誕生した周囲約30kmの人造湖。水際まで原生林が生い茂り、遊覧船から眺める紅葉は見事。大小13のが渓流注ぎ、渓谷の探勝や釣りも人気です。

男鹿半島 入道崎 灯台

入道崎

男鹿半島最北端の岬。豊かな緑に覆われたなだらかな草原、断崖絶壁の先の荒々しい日本海が生み出す対照的な風景が広がります。大海原を染める夕日は筆舌に尽くしがたい美しさ。

寒風山

寒風山

標高は355m。全山芝生に覆われた稜線が美しい男鹿のシンボル。山頂の回転展望台では、男鹿半島から日本海まで360度の眺望が楽しめ、パラグライダーのメッカになっています。

抱返り渓谷

抱返り渓谷

田沢湖の南に位置するV字型の深い渓谷。玉川上流の抱返り神社から夏瀬ダムまで約8kmの遊歩道は、大小の滝や断崖絶壁が続き、瑠璃色の流れに映える新緑や紅葉が圧巻。

大曲全国花火競技大会

大曲

秋田県南部・仙北平野に開けた大仙市大曲。全国の花火師が一堂に会し、その腕を競い合う8月の全国花火競技大会は、世界的にも質の高い花火が打ち上げられることで有名です。

重要伝統的建造物群保存地区

横手

江戸時代、佐竹氏の支藩の城下町だった「雪まつりとやきそばの街」。100基ものかまくらがつくられることで知られる「横手の雪まつり」は400年の伝統をもつ小正月の行事。

鳥海山 獅子ヶ鼻湿原

鳥海山

山形県と秋田県にまたがり、標高2,236mを誇る東北第二の高峰。日本海に裾野を引く優美な山容から「出羽富士」の異名をもち、山頂は高山植物の宝庫になっています。

小安峡 大噴湯

小安峡

高さ約60mの断崖が約4kmも続き、断崖の裂け目から大量の熱水と蒸気を吹き上げる大噴湯が有名。秋は湯煙に包まれた紅葉と渓流が織りなす絶景から自然の息吹が感じられます。

よくあるご質問

秋田旅行のベストシーズンやおすすめ時期とは?
ベストシーズンと呼べる季節は4〜5月の春のシーズンです。特に桜の時期がおすすめです。角館や桧木内川堤などの名所が各所にあり、気候的にも穏やかになる季節なので観光に適したシーズンと言えます。さらに夏の時期も日本有数の花火大会である大曲の花火大会や竿燈まつりなど全国的に人気のあるイベントが開催されるので夏の観光もおすすめです。
秋田旅行はどれくらい費用がかかるか?
東京からは往復新幹線で3万5千円程度、飛行機利用で2万〜3万円程度、高速バス利用で1万円〜2万円台の料金帯となります。大阪からは往復新幹線利用、飛行機利用ともに4〜5万円程度。プラス宿泊料金となります。阪急交通社のホテルと新幹線または飛行機利用のパッケージツアーであれば、個人手配よりも安く・お手軽に秋田旅行へ行くことができるので、ぜひチェックしてみてください。
秋田の外せないグルメは?
秋田の人気グルメはまずきりたんぽ鍋。うるち米の餅を焼いたきりたんぽと比内地鶏のスープの相性は抜群です。さらに日本三大うどんのひとつとされる稲庭うどんも地元でいただきたいグルメです。他にもB級グルメのコンテストでグランプリの受賞歴もある横手やきそばやハタハタや白菜などを入れて煮込むしょっつる鍋など地元で愛される料理を是非お楽しみください。
秋田旅行は何泊がおすすめ?
山間部から日本海沿岸まで広く観光地が点在しておりますので、2泊以上の旅行をおすすめします。乳頭温泉郷や田沢湖温泉郷など温泉地も豊富なのでゆったりとした旅行が魅力的です。効率よく多くの観光地をお得に回りたい場合はパッケージツアーがおすすめです。ホテルや移動手段の予約の手間も省けて気軽に旅行が出来るので是非チェックしてみてください。
秋田旅行に必要な持ち物は?
通常の旅行の必需品があれば特に必須のアイテムはありません。冬場は寒さが厳しいため防寒グッズや転倒を避けるために履きなれた靴、滑りにくい靴での観光をおすすめします。
秋田への交通手段や所要時間は?
東京からは新幹線利用で約4時間半、飛行機利用で1時間程度、高速バス利用で約8時間〜10時間要します。大阪からは新幹線利用で約7時間、飛行機利用で約1時間半程度となります。
秋田旅行にはどのような服装でいくべきか?
4月半ば〜6月は過ごしやすい気候ですが、寒暖差があるので、調節出来るような服装がおすすめです。7月〜8月までは半袖など軽装で十分です。9月頃から気温が下がり始めるので長袖や一枚羽織るようなものがあると良いでしょう。11月〜3月までは寒さが厳しく、コートやマフラーなどしっかりとした防寒対策の上出かけると良いでしょう。

秋田の観光情報

  • 角館
    角館
  • 白神山地
    白神山地

秋田の関連リンク※外部サイトへ遷移します

旅の情報

秋田の現地情報ブログ※外部サイトへ遷移します

きりたんぽって何? 語源や材料、作り方、秋田の有名店まで紹介

【秋田】日本一有名な秘湯『鶴の湯』を徹底解説

【秋田】日本三大樹氷「森吉山」で見上げる雪の造形美

バスケの街、秋田県能代市はバスケットボールプレイヤーの聖地だ!

最近チェックしたツアー

最近チェックしたツアーが入ります
世界遺産特集

世界遺産特集 はこちら

日本遺産特集

日本遺産特集 はこちら

日本の絶景

日本の絶景特集 はこちら

お客様へのお知らせ

お電話・ご来店での
お申し込み・お問い合わせ
ご来店・お電話でのお申し込み、お問い合わせについてはこちらをご覧ください。
インターネット会員
スマホポイント会員
ウェブ予約で利用できるクーポンやスマホポイント・アプリなど、便利でお得な各種会員サービスをご案内しています。
デジタルカタログ
国内旅行・海外旅行の旬の旅の情報誌をウェブ上でご覧いただけます。
トレンドニュース
阪急交通社がお届けする旅にまつわる人気ランキングをはじめ、旬なトレンド情報を発信しております。
公式SNSアカウント
Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなどの阪急交通社SNS公式アカウント一覧です。