ゴールデンウィーク〔GW〕国内旅行特集2022

国内旅行
東京:お台場
長崎:グラバー園
沖縄:石垣島
山口:角島
京都:嵐山
香川:小豆島
北海道:美瑛
ゴールデンウィーク〔GW〕の国内旅行・ツアーを豊富にご案内♪人気エリアの沖縄・北海道・関東・九州・関西のご予約はお早めに!ゴールデンウィーク旅行のご予約は阪急交通社で♪
  • facebook
  • twitter
  • line
  • はてなブログ
  • pocket

GWにおすすめの絶景

ひたち海浜公園のネモフィラ

ひたち海浜公園のネモフィラ

期間:例年4月中旬〜5月上旬頃

市内で一番標高の高いみはらしの丘。その丘一面がネモフィラの青で彩られる光景はまさに壮観です。他では見られない空と海と花の3つの青が織りなす情景をお楽しみください。

アルペンルート 雪の大谷

アルペンルート 雪の大谷

期間:例年4月中旬〜6月中旬頃

平地ではもう暖かくなってくるGW頃。しかし標高約2,500mの立山室堂平ではまだまだ圧巻の雪の壁が見られます。20mにも及ぶ壁の間をバスとウォーキングで観光できます。

弘前城の桜

弘前城の桜

期間:例年4月下旬〜5月上旬頃

津軽氏代々の居城で「桜の城」として有名な弘前城。ソメイヨシノをはじめとする約2,600本の桜が園内を美しく彩っています。散った花びらが濠を埋め尽くす光景は必見。

あわじ花さじき

あわじ花さじき

期間:例年4月下旬〜5月下旬頃

海に向かってゆるやかに落ちる斜面に花畑が広がる淡路島北部の名所。GWはポピーなどがちょうど見頃です。広々としたのどかな空間でゆったり散策を楽しみたい方におすすめです。

足利フラワーパーク ふじのはな物語

足利フラワーパーク ふじのはな物語

期間:例年4月中旬〜5月中旬頃

長さ80mの白藤のトンネルや、広さ約1,000平方メートルの大藤棚などが見どころ。白や紫だけでなく、うす紅・黄色など様々な色の藤の花が咲き誇ります。

羊山公園 芝桜

羊山公園 芝桜

期間:例年4月中旬〜5月上旬頃

埼玉県秩父にある公園。約17,600平方メートルに10品種40万株の芝桜が植えられており、4月中旬からGWにかけてピンクや白・紫の色とりどりの芝桜が一面に咲きます。

河内藤園

河内藤園

期間:例年4月下旬~5月初旬頃

福岡県北九州市にある私営の藤園。広大な園内に22種類の藤の花が咲き乱れ、花のトンネルやドームなど、紫のグラデーションを作り出す光景に思わず目を奪われます。

由志園

由志園

期間:例年4月下旬~5月上旬頃

日本一の牡丹苗の生産地、島根県大根島にある庭園。園内の池に3万輪の牡丹を浮かべる「池泉牡丹」や道が牡丹に埋め尽くされる「牡丹苑路」などがGW期間限定で開催されます。

おすすめのマイクロツーリズムスポット

マイクロツーリズムとは…
自宅から1〜2時間程の距離で、安心・安全で気軽に楽しめ、地域経済にも貢献できる旅行として近年注目が集まっています。近場の魅力あふれるスポットを再発見してみませんか?

猿島

猿島

東京湾に浮かぶ唯一の無人島、猿島ではBBQや釣りなどを楽しむことができます。ビーチから徒歩5分の場所には、要塞として島が機能していた名残が今も残っています。

草津温泉

草津温泉

日本三名湯のひとつで、万病に効くといわれる温泉は湯量日本一。湯もみ見学や体験、温泉街での食べ歩きなど、周辺エリアも充実しています。

上高地

上高地

澄んだ川と空気が素晴らしい景観をつくる、標高約1500mの山岳景勝地。梓川に架かる河童橋からは、息をのむ美しさの穂高連峰が見られます。

マリンピア日本海

マリンピア日本海

日本海側地域特有のものから、日本を代表するものまで約600種3万点を飼育・展示する水族館。ショーだけでなく、生き物の特徴などを聞くことができる解説が人気です。

国内旅行・ツアーをもっと見る

テーマ・目的から探す

一人旅

一人旅

おひとりさま参加限定・優遇のツアーを多数ご用意!。

詳細はこちら
温泉の旅

温泉の旅

周辺の観光やお土産選びも楽しむ、温泉めぐりの旅へ!

詳細はこちら
学生向け

学生向け

今年は国内で青春旅行!一生の思い出になる学生向けの国内旅行をご案内します。

詳細はこちら
国内クルーズ

国内クルーズ

日本の寄港地を周遊するプランや、リーズナブルにクルーズ体験できるプランなど、今年は洋上で過ごすゴールデンウィークなどいかが?

詳細はこちら

テーマパーク

TDR

東京ディズニーリゾート®

東京ディズニーリゾートをめいっぱい満喫して、夢のような休日を!

詳細はこちら
USJ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

世界最高の感動と興奮あふれるエンターテイメントの数々みんな夢中!

詳細はこちら
ハウステンボス

ハウステンボス

ヨーロッパの街並みを再現したテーマパークでのんびりリフレッシュ!

詳細はこちら

お役立ち情報・FAQ

Q:ゴールデンウィークの国内旅行の費用を抑えるコツは!?

A:ずばり行き先と旅行日程、旅行日数です。まず、行き先に関してはゴールデンウィーク時期に人気の行き先は避けることで費用が抑えられることがあります。次に、旅行日程ですがもちろんのことながら、人気の出発日は費用が高くつきます。これを逆手に取るとゴールデンウィーク期間の中でも、人気が少ない出発日を選択することで、費用を抑えることができます。2022年の場合は、4月29日(金)出発~5月5日(木)帰着が最も込み合うと予想されます。費用を抑えたいならば、飛び石となる5/2(月)や5/6(金)を日程に取り込むのがポイントです。最後に旅行日数ですが、ツアーに限らず、旅行日数が多くなるほど宿泊費がかさむため費用は高くなります。つまり、旅行日数を短くすることで費用を抑えることができます。上記3点のバランスを上手く取ることが、ゴールデンウィークのハイシーズンに旅行費用を抑えるコツとなります。

Q:ゴールデンウィークの国内旅行の注意点は!?

A:5/2(月)を休む前半型と5/6(金)を休む後半型に分かれることが、予想されます。いずれにしろ各地の空港や高速道路などの混雑が考えられます。できるだけ混雑を避けたい人は上記の日程をはずすなどの工夫が必要でしょう。また、国内旅行ではテーマパーク、観光名所、レストランなど普段より利用客が増えるため、事前に情報をキャッチすることが大切です。

Q:ゴールデンウィークの国内旅行の人気の観光地とは!?

A:最大10連休となる2022年のゴールデンウィークは沖縄・北海道・九州方面などロング方面が人気となることが予想されます。例年、沖縄は不動の1位ですが、2022年と同じ最大10連休であった2019年の旅行先ランキングでは、前年と比べて北海道方面は3位→2位へ、九州方面は5位→4位とランクアップしています。また、例年2泊3日のツアーが人気ですが、3泊4日のツアーが好調なのも特徴的でした。

関連特集