阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

フランスグルメ

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

フランスグルメ|フランス観光ガイド

美食の国フランス。フランス料理は世界三大料理にも数えられ、海と大地の豊かな恵み、変化に富んだ気候風土が、各地に郷土料理を誕生させました。
 ノルマンディやブルターニュ、南仏の海の幸から、アルザスやコート・ダ・ジュールなど、隣国の影響を受けた料理まで、産地ならではの味が楽しめます。

オムレツ ▲モンサンミッシェル名物のオムレツはフワフワで特大
ノルマンディ・モンサンミッシェル名物 ふわっふわのオムレツを召し上がれ
19世紀頃からホテル「ラ・メール・プラール」で作られ始め、巡礼者にふるまわれた特大オムレツ。スフレのようにふわっふわで、とろける舌触りをぜひ。
ブイヤベース(プロヴァンス)
ブイヤベース
タラやカサゴ、ボラなど、地元で獲れた新鮮な魚介類をトマトやサフランと一緒に煮込んだ料理。魚介のうまみがぎっしり詰まったスープで、パンや魚を一緒に食べる港町マルセイユの名物。
ガレット(ブルターニュ)
ガレット
そば粉を使ったクレープ。ハム、チーズ、キノコなどを挟めば、シードルとの相性もぴったり。
エスカルゴ(ブルゴーニュ)
エスカルゴ
本場のエスカルゴは香草やガーリックバターを塗ってオーブンで焼き上げます。ソースをパンに付けて。
ニース風サラダ(コート・ダ・ジュール)
ニース風サラダ
トマトやタマネギなどの新鮮野菜に、オリーブの実、アンチョビなど南仏の食材がたっぷり入ったサラダ。
フランス名物料理マップ
生ガキ(ブルターニュ)
主流はクルーズ種という細長いカキ。
ラタトゥイユ(プロヴァンス)
タマネギやナスなどの野菜煮込み。
ベッコフ(アルザス)
ワインに漬け込んだ肉とジャガイモ、タマネギを煮込んだ料理。
キッシュ(ロレーヌ)
タマゴやベーコン入りのタルトパイ。

カフェを使いこなそう これであなたもパリジャン

カフェは文化だ
カフェ
1672年、パリに1号店が開店して以来、カフェは芸術家や知識人たちのサロンとなり、文化の発信地の役割を担ってきました。
▲気分はパリジェンヌ!?
エスプリ薫る老舗カフェ
フーケ
サルトルが足しげく通ったドゥ・マゴ、数々の小説の舞台になったフーケなど、老舗カフェは今も当時と変わらぬ雰囲気。
▲老舗の味を試してみたい
カフェで腹ごしらえ
クロックムッシュ
パンにハムとチーズを挟んで焼いたクロックムッシュやキッシュなど、カフェにはランチにうってつけの軽食メニューが充実。
▲定番のクロックムッシュ
サロン・ド・テとは?
サロン・ド・テ
優雅な雰囲気の中で、香り高い紅茶と、オリジナルのケーキが楽しめるサロン。アンジェリーナは、ココ・シャネルが愛した老舗。
▲お好みのお菓子でひと休み

グルメコラム1 フレンチはきっと難しくない

  1. 店選びのコツ
    ミシュランの星付き、気軽な雰囲気のビストロ、庶民的なブラッスリーなど、お店選びは食事の目的に合わせて。
  2. スマートにオーダーするには
    席に着いたらアペリティフをオーダー。前菜・主菜は、組み合わせで選びオーダーできるプリフィックスが便利。
  3. メニューはこうなっている
    アミューズ(お通し)・前菜・魚料理・肉料理・チーズ・デザートの順。お腹と相談してオーダーを。
  4. 基本マナーを知っておけば大丈夫
    ワインをつぎ合ったりしないなど、ちょっとした習慣の違いを覚えておけばOK。日本のフレンチレストランとさほど変わらないので、かしこまらなくても大丈夫。
  5. おしゃれも楽しみのひとつ
    高級レストランでは、男性はネクタイ着用が基本。女性もエレガントな装いが求められますが、堅苦しく考えずに、おしゃれを楽しんじゃいましょう。
  6. 帰り際もスマートに
    会計はギャルソンに合図して伝票を持ってきてもらい、オーダーを確認し、テーブルで支払いを済ませます。お釣りを受け取ったらチップを忘れずに。
メニュー選びに困ったら
何を食べるか迷ったら、シェフのおすすめ、本日のおすすめメニューをオーダーしてみるのも手。その店の名物料理や自慢料理を堪能できます。
それでも気軽に食べたいなら
クレープ、バゲットサンド、キッシュなどをカフェで。あるいは屋台でテイクアウトして気軽に。その日の気分に合わせて、フランスグルメを楽しみましょう。
絶対食べたい! 幸せスイーツ
マカロン、ショコラをはじめ、タルト・タタン、クレーム・ブリュレなどなど、日本でも大人気のフランスのスイーツ。本場のスイーツは、ひと味もふた味も違います。
  • マカロン
  • 日本でブレイクしたマカロンもフランスが本場
専門店で探す極上グルメ
ブーランジェリー(パン屋)や惣菜屋、食材の専門店で、昔ながらの製法で作るパンやパリジャン好みのお惣菜・食材を買って食べる。これぞ究極のフランスグルメ。
  • エスカルゴ
  • パリにはエスカルゴなどの専門店も

フランスのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • シャンゼリゼ通り
    『感動大国』フランスへようこそ!

    年間8400万人もの人々が外国から訪れる「観光大国フランス」。自身もワーキング・ホリデーでフランスでの生活経験を持つ、フランス観光開発機構の金田さんに、フランスの魅力について伺いました。

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめのツアーを豊富にご用意!ご予約はお早めに!