阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

フランスの芸術

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

フランスの芸術|フランス観光ガイド

芸術の都の原点 ルーブル美術館へ
ルイ14世が住んでいた宮殿に、約30万点の美術品を所蔵。展示作品だけでも約5万点あり、膨大な美術品をすべて見て回るには1週間はかかるとか。興味ある分野や作家にポイントを絞って回りましょう。

ボタンをクリックすると各フロアの見取り図が見られます

ルーブル美術館
フランス観光ガイド|ルーブル美術館 必見作品見取り図
フランス観光ガイド|ルーブル美術館 半地階見取り図
フランス観光ガイド|ルーブル美術館 1階見取り図
フランス観光ガイド|ルーブル美術館 2階見取り図
フランス観光ガイド|ルーブル美術館 3階見取り図
ルーブル見取り図
幻想的な夜のルーブルへ
ルーブル夜景
夜のルーブルはライトアップされ、幻想的な雰囲気。水・金曜は閉館時刻が22時まで延長され、来館者も少ないのでおすすめ。「モナリザ」などの人気の名画もゆっくりと鑑賞できます。
駅舎が美術館 オルセー美術館
オルセー美術館
1900年のパリ万博開催に合わせて造られたオルレアン鉄道のオルセー駅を改修し、1986年に開館。印象派の巨匠たちの名作やロダンの彫刻が見られます。
■主な収蔵作品
『落ち穂拾い』『晩鐘』ミレー/
『舞台の踊り子』ドガ/
『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットの舞踏会』ルノワール/
『自画像』『アルルの女』ゴッホ/
『タヒチの女』ゴーギャン/
『トランプをする人々』セザンヌ/
『笛を吹く少年』マネ
フランス美術探訪1巨匠ゆかりの地へ
ジヴェルニー(モネ)
ジヴェルニー
モネが晩年を過ごした村。1926年に86歳で亡くなるまで暮らした家には、代表作『睡蓮』のモチーフとなった睡蓮の池があります。
アルル(ゴッホ)
アルル(跳ね橋)
光を求め続けた苦悩の画家ゴッホが、1年3カ月を過ごした南仏の陽光溢れる町。『ひまわり』『跳ね橋』などの名作を描きました。
エクス・アン・プロヴァンス(セザンヌ)
エクス・アン・プロヴァンス
セザンヌの生まれ故郷。郊外には、彼が好んで描いたサントヴィクトワール山が聳え、アトリエが生前のままに保存されています。
ニース(マティス)
ニース
マティスは晩年、ニースに滞在し、創作活動に没頭。マティス美術館やヴァンスのロザリオ礼拝堂で、独自の色彩世界に出合えます。
アートなパリ 美術館MAP
パリの美術館マップ
フランス美術探訪2あなたの好きなアーティストはどこにいる?
  • モネ:『睡蓮』オランジュリー美術館(パリ):
    『ルーアン大聖堂』ルーアン美術館(ルーアン)
  • セザンヌ:『トランプをする人々』オルセー美術館(パリ)
  • ダ・ヴィンチ:『モナリザ』ルーブル美術館(パリ)
  • マネ:『笛を吹く少年』オルセー美術館(パリ)
  • モディリアーニ:『扇子を持った女』市立近代美術館(パリ)
  • フェルメール:『レースを編む女』ルーブル美術館(パリ)
  • ルノワール:『ムーラン・ドゥ・ギャレットの舞踏会』(パリ)
  • ドラクロワ:『民衆を導く自由の女神』
    ルーブル美術館(パリ)
  • ロートレック:『ムーラン・ルージュの踊り』
    オルセー美術館(パリ)
  • ミレー:『落ち穂拾い』オルセー美術館(パリ)
  • ゴッホ:『オーヴェルの教会』オルセー美術館(パリ)
  • マティス:『ブルーヌードⅣ』マティス美術館(ニース)
  • ピカソ:『戦争と平和』ピカソ美術館(ヴァロリス)
パリ・ミュージアム・パスでめぐる美術館
パリとパリ近郊の主な美術館や凱旋門などの名所で利用でき、窓口に並ばなくても入場できる便利でお得なパス。パスが使える施設のほか、事前に日本でも購入できます。
  • 美術館
  • パスでお得に芸術鑑賞を楽しもう
フランスのマンガブームとは?
パリの若者の間では、日本のマンガが大ブーム。学生街には日本のマンガ喫茶風のマンガカフェができ、フランス人で賑わっているとか。話のタネに行ってみては?
  • マンガブーム
  • マンガカフェの料金は1時間約3〜4ユーロ

フランスのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • シャンゼリゼ通り
    『感動大国』フランスへようこそ!

    年間8400万人もの人々が外国から訪れる「観光大国フランス」。自身もワーキング・ホリデーでフランスでの生活経験を持つ、フランス観光開発機構の金田さんに、フランスの魅力について伺いました。

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめのツアーを豊富にご用意!ご予約はお早めに!