阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

ベルギー現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ベルギー観光ガイド

水事情

ベルギーの水道水は飲用に適していますが、鉱物質や石灰分を多く含む硬水なので、日本の軟水とは味わいが異なります。気になる人はミネラルウォーターを。

■レストランや食堂では
現地の人は、通常はミネラルウォーターを飲んでいます(有料)。炭酸入りが気になる人はノンガスを。
■公共施設では
公共施設の水道水も基本的には飲めますが、胃腸の敏感な人はミネラルウォーターを購入しましょう。
■ミネラルウォーター(500ml)物価は?
500mlペットボトルが1本約1.5~2.5ユーロ。どこでも手軽に買えます。
ミネラルウォーター
▲ミネラルウォーターを準備

トイレ事情

公衆トイレはありませんが、駅や公共施設のトイレが利用できます。カフェのトイレだけの利用もOK。チップ用の皿が置いてある場合は、約0.25~0.5ユーロを入れましょう。

■トイレの表示
ベルギーのトイレ表示は、イラストや英語が多いですが、オランダ語のToiletや、フランス語のToilette/Lavadoなどと表示されていることもあります。

電話・郵便・インターネット

■郵便
・郵便局の営業時間は月~金の9時~17時。主要都市の郵便局は鉄道駅に隣接していて便利です。一部の郵便局は金曜夜と土曜の朝も営業。
・ポスト:ベルギーのポストは赤色。郵便局や街中にあり、重厚なデザインの古いタイプと、シンプルな新しいタイプが混在しています。
・ハガキ:日本へのエアメールはハガキ1.45ユーロ、封書も50gまで1.45ユーロ。エアメールで出す場合は、必ず青い「PRIOR」シールを貼ること。
郵便を出すには
■電話
・電話のかけ方:日本に直接かける場合、国際電話認識番号(00)、日本の国番号(81)、市外局番から0をとった番号(東京なら3)、相手の電話番号の順に入力します。
・レンタル携帯:地方には公衆電話が少ないので、携帯電話をレンタルすると便利。空港や市内に携帯電話のレンタル店がありますが、日本からレンタルしていくことをおすすめします。
■インターネット事情
ブリュッセルなど都市部ではインターネットカフェが増えています。部屋にインターネット接続の設備を備えたホテルもありますが、接続環境はあまり良くはありません。
ベルギーのお店の営業時間
一般的に商店は月~土10時~18時半(デパートは~19時) 、日曜営業するスーパーも。またレストランはランチ12時~14時半、ディナー18時半か19時~22時頃。
  • 店
  • お買い物は早めに
ブリュッセルの標識は何語?
ブリュッセルは2言語併用地域。市内の公衆電話は、フランス語とオランダ語で表示され、道路標識も2言語併記。多言語国の首都ならではです。
  • 公衆電話
  • 2言語表示にチャレンジ

ベルギーのおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【GoToトラベル】10月出発以降 最大50%給付!!(一部商品は除く)GoToトラベルキャンペーンの対象コースはこちら!