阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

スイス現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

スイス観光ガイド

トラブル・治安

スイスは犯罪率の低い治安のよい国ですが、スリや置き引きには注意が必要。手荷物は離さない、多額の現金を持ち歩かないなど、常識的なことを守って行動しましょう。

■スリ・ひったくり
チューリッヒ中央駅の裏側や長距離用バスターミナル、ジュネーブのベルン通り付近などでスリの被害が発生しています。十分に注意しましょう。
■パスポート(旅券)の紛失
ベルンの日本大使館またはジュネーブの日本総領事館で再発行の手続きをします。その際、警察発行の盗難・紛失証明書、写真2枚、運転免許証などの書類が必要。念のためパスポートをコピーしておきましょう。
■トラブルに巻き込まれたら?
現金を盗られたら、戻ってくる可能性はほとんどありませんが、警察に行き盗難証明書を発行してもらいましょう。また、万一体調を崩し、発熱など症状が重い時は、ホテルのフロントに救急車の手配を頼みましょう。
■海外旅行保険に入って行こう
盗難や病気、ケガ、交通事故など、もしもの時のために海外旅行保険に入っておきましょう。トラブルに遭わないにこしたことはありませんが、万一の場合、補償やサポートが受けられ安心です。

マナー

独立精神にあふれ、伝統や習慣を大切にするスイス人は、自律性に富み、ややもすると頑固。旅行者も現地のマナーを守り、自己責任で行動することが求められます。

■チップ
ホテルやレストランはサービス料込みの料金になっています。特別なサービスを受けて感謝したいときだけ渡せばOK。ただし、タクシーには料金の10%程度をチップとして渡す習慣が残っています。
■喫煙
駅、空港などの公共施設、列車、バスなどの公共交通機関は禁煙。またレストランやカフェも室内は禁煙です。テラス席や外での喫煙は可能です。
■写真撮影
軍事施設、立入禁止地域、空港、博物館、美術館、挙式中の教会などは写真撮影禁止。ドイツ、フランス、イタリアなど5カ国と国境を接するスイスでは、国境も撮影禁止になっていますので気をつけましょう。
■服装もTPOを考えよう
教会ではノースリーブや短パン、ミニスカートなど、肌の露出の多い服装は避けること。レストランでは、ジーンズやスニーカーでなければ差し支えありませんが、正装が必要な高級店もあるので要注意。
レストラン
▲特別なサービスにはチップを
大聖堂
▲撮影前に確認を
アルコールの年齢制限
スイスでお酒が買える年齢は蒸留酒は18歳以上、醸造酒(ビール・ワインなど)は州により14~18歳以上。なお、喫煙に年齢制限はありません。
  • ワインセラー
  • スイスワインを味わおう
レディーファーストを心がけよう
エレベーターを降りるときや、お店を出るときなど、スイスでは常に女性が先です。後ろから来る人のために、ドアは開けて待っていること。
  • マナー
  • 女性にはやさしく

スイスのおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめの国内・海外の旅行・ツアーを多数ご用意!