仙台七夕まつりツアー・旅行特集2022

宮城の仙台七夕まつりへの2022年のツアーをご紹介!約3,000本もの竹飾りで中央通りや東一番丁通りなどの商店街が埋めつくされ、仙台の夏を華麗に演出します。青森ねぶた祭や秋田竿灯まつりなどのお祭りも一緒にまわれるツアーなど豊富な種類のツアーが満載です。ぜひご覧ください!

ページ上部へ

仙台七夕まつり

仙台七夕まつりとは?

開催期間:2022年8月6日(土)~8月8日(月)(予定)

約400年の伝統をもつ仙台の七夕まつりは、全国一のスケール。10mもある吹き流しやくす玉の七夕飾りは笹飾りと呼ばれ、5本1セットになっています。その笹飾りが通りを埋め尽くし、華やかに美を競います。毎年200万人を超える多くの観光客が七夕の雰囲気に酔いしれます。

  • 交通手段はこちら-個人で行くには?-
  • 会場案内はこちら-どんな席があるの?-
  • 楽しみ方はこちら-七夕まつりの魅力は?-

仙台七夕まつりへ行く!おすすめツアー

個人でお祭りを楽しまれたい方、近隣の宿泊プランのみお探しの方はこちら

仙台のツアー(交通+宿泊)をお探しの方はこちら

国内ダイナミックパッケージをお探しの方はこちら

宿泊プランをお探しの方はこちら

交通手段・会場のご案内

交通手段

開催期間中の仙台市内は交通規制がかかり、駐車場も数が限られるためお車をご利用の場合は早めにお出掛けください。会場へは、バス・JRなどの公共交通機関のご利用をお勧めします。

列車利用

列車利用

航空機利用

航空機利用

車利用

車利用

会場案内

[会場]
仙台七夕まつり:仙台市内

JR仙台駅を中心に笹飾りが飾られます。関連したイベントも多数開催されており、仙台名物ずんだもちや牛タンなどグルメを楽しんだり、織姫と彦星をテーマにしたハートのトンネルや七夕の今昔を伝える伝承館など、飾りを楽しむだけでなく、様々なイベントに参加してみてはいかがでしょう。

仙台七夕まつり の魅力・楽しみ方

仙台七夕まつりを存分に楽しむためのポイントをご紹介。
見どころや会場周辺の観光情報まで、
仙台七夕まつりに行く前に押さえておきたい情報をチェック!

※2019年度撮影の参考映像となります。

仙台七夕まつりの見どころは?

仙台七夕まつりの見どころは?

定禅寺通りでは「星の宵まつり」と呼ばれるパレードが行われます。また、なんと言っても見どころは手作りの豪華な笹飾り。その年の飾りは当日まで秘密で、早朝から飾り付けが行われ豪華さを競います。

概要や由来、七つの飾りの意味

仙台七夕まつりは江戸時代から続く伝統のお祭りで、その始まりは伊達政宗公の時代とも。知っておくと楽しいのが、笹飾りのそれぞれに込められた意味です。学問や家内安全、商売繁盛など笹飾り1本1本に願いがかかっています。

概要や由来、七つの飾りの意味

会場周辺の観光情報

  • 作並温泉
    作並温泉
    古くから仙台の奥座敷として称された作並温泉。露天風呂や岩風呂、立ち湯など各旅館の多彩な湯めぐりが楽しめます。
  • 秋保温泉
    秋保温泉
    名取川の深い渓谷に沿って近代的な旅館が立ち並ぶ東北屈指の温泉地で、泉質はクセがなくさらりとしています。
  • 青葉城址
    青葉城址
    かつて伊達家の居城だった仙台青葉城。今では石垣の上に再建された隅やぐらが残るのみですが、天守台跡に伊達政宗の騎馬像が立っています。
  • 瑞鳳殿(ずいほうでん)
    瑞鳳殿(ずいほうでん)
    戦国大名・伊達政宗の御廟として国宝に指定されていましたが一度消失し、現在の瑞鳳殿は厳密に再現して再建されたものです。
  • 仙台うみの杜水族館
    仙台うみの杜水族館
    ユニークな企画や季節に合わせたイベントを次々と展開し、何度行っても楽しめる東北最大級の水族館です。
宮城県の観光情報はこちら▶

仙台七夕まつりに関する現地ブログはこちら

※外部サイトに遷移します

他にもあります。各地域の日本の祭特集はこちら

イメージ イメージイメージ
  • 高山祭り
  • 祇園祭
  • 長岡まつり大花火大会
  • よさこい祭り
  • 阿波おどり
  • おわら風の盆
日本の祭・花火大会2022特集はこちら