阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ゆうちょ銀行貯金口座自動払込サービス

ペルー現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ペルー現地情報|ペルー観光ガイド

トラブル・治安

首都リマや主な観光地では、外国人旅行者を狙ったスリ、ひったくり、置き引きなどの被害が出ています。十分に注意を払いながら行動しましょう。

■スリ・置き引き
被害に遭わないためには、治安の悪い地域に近づかない、1人歩きや夜間の外出を避ける、貴重品は常に身につけておく、手荷物から目を離さないなどの注意が必要です。
■パスポート(旅券)の紛失
最寄りの警察署で紛失証明書を発行してもらい、最も近い都市の日本大使館・領事館にオープン時間内に出頭し、再発給の申請・発給を受けなくてはなりません。
■トラブルに巻き込まれたら?
パスポートを盗まれると再発給に時間がかかるため、ツアーの場合、1人とり残されることに。発給までの滞在費、通訳などの費用、交通費など、思いもよらぬ高額な費用もかかります。
■海外旅行保険に入って行こう
盗難や病気、ケガ、交通事故など、もしもの時のために海外旅行保険に入っておきましょう。万一の場合、補償やサポートが受けられ安心です。
セキュリティポーチ

▲便利なセキュリティポーチ

マナー

「OK」サインは下品な意味に受け取られるのでしないように。また、欧米諸国と同じようにレディーファーストなので、ホテルの入口やエレベーターでは女性を先に。

■チップ
ホテルのルームサービスやポーターには1USドル程度。サービス料が勘定に含まれているレストランでも、総額の5〜10%程度をテーブルに。タクシーはお釣りの小銭を渡せばよいでしょう。
■喫煙
喫煙の規制が強化されているペルーでは、屋内の公共スペースは全面的に禁煙です。なお、喫煙は高山病にもよくありません。高地ではなるべくタバコは控えましょう。
■遺跡観光は
ペルーには人類の遺産ともいうべき貴重な遺跡が数多くあります。これらの遺跡内ではゴミを捨てない、立入禁止区域には入らないなどの注意事項をしっかりと守り、遺跡観光を楽しみましょう。
■服装もTPOを考えよう
観光はカジュアルな服装でかまいませんが、ホテルのレストランなどで食事を楽しむ場合、少しドレスアップしていくと対応が違います。男性はジャケットとタイ、女性もワンピースなどを持っていきましょう。
喫煙
▲高地での喫煙は控えめに
マチュピチュ遺跡
▲マナーを守って観光
マチュピチュ遺跡の観光マナー
遺跡への大きな荷物や食物の持ち込み、遺跡内での喫煙、遺跡周辺の生態系を崩す行為、ゴミのポイ捨てなどは禁止です。マナーを守って観光を。
  • マチュピチュ遺跡
  • 貴重な遺跡を大切に
現地の人の撮影にも気をつけよう
観光地で民族衣装を着た人や、リャマを連れている人などを撮影した時は、チップを忘れずに。トラブルの原因にもなりますので、気をつけましょう。
  • リャマと女性
  • 撮影前には一声かけて

ペルーのおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめの国内・海外の旅行・ツアーを多数ご用意!