旅に役立つ情報満載沖縄本島観光ガイド

ウミカジテラスウミカジテラス
古宇利大橋古宇利大橋

南国リゾート沖縄。琉球王朝が約500年統治してたこの地には独自の文化が今も感じられます。首里城や万座毛、古宇利大橋などの有名な観光名所をめぐったり、那覇国際通りや北谷アメリカンビレッジでショッピングやグルメを楽しむのもおすすめです。

沖縄本島の観光マップ

Area Map

季節のおすすめランキング

Ranking

沖縄本島の春は、沖縄の歴史や自然の景勝地が楽しめる季節です。万座毛断崖からは絶景のコバルトブルーの海が望め、首里城では琉球王国の荘厳な姿に触れられます。

1
万座毛

万座毛

本島北部

断崖絶壁の先に広がるコバルトブルーの海と白波の眺望。琉球王国時代から愛された名勝地で、石灰岩層の貴重な植物群落も見どころです。

2
首里城

首里城

本島南部

琉球王国の歴史と文化を今に伝える世界遺産。典型的な沖縄の城の特徴を残しつつ、独自の発展を遂げた荘厳な佇まいは必見です。

3
備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

本島南部

古くから防風林として植えられ、樹齢300年の木々あり、春の新緑とともに味わう、沖縄の原風景です。

4
古宇利大橋

古宇利大橋

本島北部

全長約2kmのロングブリッジから望むエメラルドグリーンの海。絶景ドライブと、古宇利島の美しいビーチや特産品を楽しめる人気スポットです。

5
カフウバンタ

カフウバンタ

本島

高さ約120mの断崖から眺める東シナ海の大パノラマ。晴れた日は驚くほどの透明度を誇ります。帰りには塩の製造工程の見学もおすすめです。

夏の本島では、透明度の高い海やサンゴ礁、緑陰のトンネルなどが魅力的です。17ENDでは白砂ビーチと青い海のコントラストが絶景。さんご畑ではサンゴの養殖に注目が集まり、備瀬のフクギ並木は緑陰の散策道となっています。

1
17END

17END

本島

宮古諸島随一の透明度を誇る海に浮かぶ白砂のビーチ。満潮時は沖まで続く絶景、干潮時は飛行機の離発着も間近で見れます。

2
備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

本島南部

沖縄最大規模のフクギ並木が織りなす緑のトンネル。防風や染料としても利用された木々が生み出す、昔懐かしい沖縄の景色に心癒されます。

3
残波ビーチ

残波ビーチ

本島南部

読谷村の雄大な自然に抱かれた、リゾート感を楽しめる残波ビーチ。沖縄本島最後の夕陽スポットとしても人気です。

4
青の洞窟

青の洞窟

本島南部

太陽光が差し込むことで神秘的な青に輝く海中洞窟。夏はシュノーケルやダイビングを気軽に楽しめます。

秋めいた本島は、海辺の絶景や陶器の産地が見どころ。やちむんの里では陶芸作品に出合えます。

1
海中道路

海中道路

本島南部

勝連半島から4つの島へ伸びる全長約5kmの道路。四方を海に囲まれたドライブは爽快で、ロードパークや歩道橋からの眺めも抜群です。

2
やちむんの里

やちむんの里

本島南部

沖縄伝統の器「やちむん」を生み出す19の窯元が集まる里。独立した工房それぞれの個性あふれる作品を見るのも楽しみの一つです。

3
琉球村

琉球村

本島北部

沖縄の文化・芸能・自然を体験できる人気のテーマパーク。伝統的な古民家の見学や、芸能・工芸体験など、一日で沖縄を満喫できる施設です。

冬の本島では、リゾートタウンやイルミネーション、歴史的建造物が人気です。御浜タウンではイルミネーションが華やかで、今帰仁城跡は琉球の歴史に思いを馳せられます。

1
御浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ

御浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ

本島南部

200店舗近い店が集まる人気リゾートタウン。冬はイルミネーションでロマンチックな雰囲気に。観覧車やストリートライブ、グルメなど1日中楽しめます。

2
今帰仁城跡

今帰仁城跡

本島北部

かつて琉球を支配した北山王の居城跡。三山時代の戦国時代を経て、琉球王国誕生後は王府の役人が駐在。規模は首里城に次ぐ大きさを誇ります。

3
国際通り

国際通り

本島南部

沖縄県庁所在地の中心に位置する約600mの通り。デパートやレストラン、お土産屋など観光客向けの店が軒を連ね、さまざまなイベントも開催されます。

4
おきなわワールド

おきなわワールド

本島南部

沖縄の魅力が一堂に集まる大型観光施設。鍾乳洞探検やハブ博物公園、古民家での工芸体験、伝統芸能ショーなど、1日中楽しめる見どころ満載です。

5
残波岬

残波岬

本島南部

読谷村が誇る絶景スポット。高さ30mの断崖絶壁が2kmに渡って続き、夕日の名所としても知られています。

沖縄本島のおすすめ観光スポット

Sightseeing Spot
  • 万座毛 沖縄海岸国定公園

    万座毛

    本島北部

    沖縄県国頭郡恩納村にある「万座毛」は、高さ約20メートルある断崖絶壁の海岸線です。その壮大な景観は見る者を圧倒し、自然の力強さと美しさを感じさせます。沖縄本島のほぼ中央に位置しているため、荒々しい波が打ち寄せる海岸線が特徴。訪れる人々は岩場の上から広がる雄大な景色を眺めながら、大自然の荘厳さに触れることができます。地名の由来は「万人が座するに足る毛(野原)」。特に、象に似た岩が見える位置が一番人気の絶景ポイントです。周辺には散策コースも整備されており、自然の中でのんびりと散策することができます。万座毛は、沖縄の大自然が作り出す壮大な景観を体感できる絶好のスポットであり、多くの観光客や地元の人々に親しまれています。

    詳しく見る
  • ひめゆりの塔 2012年

    ひめゆりの塔

    本島南部

    ひめゆりの塔は、1945年の沖縄戦で亡くなった「ひめゆり学徒隊」と呼ばれる沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の生徒や教師のための慰霊碑です。沖縄戦終焉の地・本島南部の糸満市に位置し、沖縄戦の翌年、米軍の攻撃により最も多くの犠牲者が出た「ガマ(鍾乳洞)」と呼ばれる伊原第三外科壕の上に建てられました。1989年に設立された隣接している「ひめゆり平和祈念資料館」は、沖縄戦の体験と平和の尊さを現代に伝える資料館です。ここでは、当時の写真や遺品、生存者の証言映像、壕の実物大模型などが展示されており、沖縄戦でのひめゆり学徒隊が体験した実相を学べます。ひめゆりの塔や資料館には、現在も多くの人が訪れ、平和への祈りを捧げています。

    詳しく見る
  • 美浜タウンリゾートアメリカンビレッジ 街並み

    北谷アメリカンビレッジ

    本島南部

    沖縄とアメリカの街並みが融合した異国情緒溢れるショッピングエリア、アメリカンビレッジ。映画館にレストラン、ライブハウス、リゾートホテル、ショップ、ビーチなど多彩な施設が揃い、観光客のみならず地元の人も多く訪れるスポット。街のいたるところに個性豊かなウォールアートや目を引くオブジェ、赤や黄色などカラフルな建物が建ち並び、まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのよう。どこを切り取っても絵になる可愛さで、シャッターを切る手が止まりません。海沿いのエリアから一望するサンセットや日没後のライトアップなど、昼とは違った景観を楽しめるのも魅力のひとつです。

    詳しく見る
  • 国際通り 街並み シーサー

    那覇国際通り

    本島南部

    那覇国際通りは沖縄県那覇市の中心地に位置する繁華街であり、観光地・沖縄を代表するスポットのひとつです。沖縄戦後の焼け野原から急速な発展を遂げた場所で、今や多くの商業施設や飲食店、土産物店が軒を連ねています。歩行者天国として知られ、特に毎週日曜日の日中は多くの観光客や地元の人々で賑わいます。国際通りには沖縄の伝統工芸品やお土産・アパレルや雑貨などのショップが並び、沖縄の文化や魅力を肌いっぱいに感じることが可能です。また多彩なレストランや居酒屋も点在し、沖縄料理を思う存分楽めます。活気があふれるなかで沖縄の魅力を存分に味わえる場所であり、観光客にとって絶対にいくべき必見スポットのひとつです。

    詳しく見る
  • 沖縄 波上宮 

    波上宮

    本島南部

    波上宮は「なんみんさん」の愛称で親しまれている歴史ある神社で、琉球沖縄八社の一つです。創始年は不詳ですが琉球王国時代、もしくはより古い時代からその歴史がさかのぼると言われます。神社は海のすぐ側の崖上に鎮座しており、古くから海神の国「ニライカナイ」の神々へ祈りをささげる場所でした。毎年5月17日の例大祭とその前後に神幸祭や沖縄角力大会・琉球舞踊や演舞大会、のど自慢大会やビーチ綱引きなど様々な催し物が行われ、多くの参拝客でにぎわいます。他の神社にはなかなかない、沖縄ならではのイベントを楽しむことが可能です。波上宮は沖縄の伝統や信仰を垣間見ることができる貴重な存在であり、県内外の多くの人々に愛されています。

    詳しく見る
  • ガンガラーの谷

    ガンガラーの谷

    本島南部

    2008年に公開された「ガンガラーの谷」は、鍾乳洞が崩壊してできた自然豊かな谷間。東京ドームとほぼ同じ面積で、鍾乳洞と一体化した森にはさまざまな動植物が息づいています。このサンゴ礁由来の石灰岩地帯に広がる亜熱帯の森や洞窟等を、敷地に常駐している専門ガイドと共に散策できます(有料・予約要)。コース内では命の誕生を祈る洞窟や、崖上から根を伸ばす大木「ウフシュガジュマル」、古代人の居住跡などを巡って行きます。入口にある鍾乳洞カフェ「ケイブカフェ」はガイドツアーのお客様待合所として利用可能。天然のラウンジで出発までの時間を有意義に過ごせます。またこの場所では洞窟夜間コンサートや貸切パーティ等も開催されています。

    詳しく見る
  • 斎場御嶽 2010年

    斎場御嶽

    本島南部

    斎場御嶽は知念半島にある世界文化遺産で、琉球王国時代から崇敬を集める聖地です。琉球王国の創世神「アマミキヨ」が造ったとされ、王国最高の聖地であるため沖縄の中心的な信仰の場として多くの信者や観光客が訪れています。祭祀が行われた周囲には荘厳な石垣や建造物が配され、その場所から醸し出される厳かな雰囲気はまさに神聖。また琉球国王や聞得大君(きこえおおきみ)の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り(あがりうまーい)」の参拝地としても有名です。御嶽の中には6つのイビ(神域)があり、国王はこの6ヶ所を参拝しながら、国家繁栄や安寧・五穀豊穣や航海安全などを神に祈願しました。こういった歴史的背景も加わり、沖縄はもとより県外・海外からも注目されています。

    詳しく見る
  • 沖縄 瀬長島  2011/2

    瀬長島

    本島南部

    瀬長島は、沖縄本島の南部・豊見城市に位置する美しい島です。その名は、海に突き出た瀬長(せなが)の岬に由来しています。この島は美しいサンゴ礁や透明度の高い海水・白い砂浜が特徴で、観光客や地元の人々から愛されています。瀬長島の海岸線はパラダイスビーチとしても知られ、その美しい景観は絶え間ない魅力を放ちます。また西海岸に2015年アイランドリゾート商業施設「瀬長島ウミカジテラス」がオープンしてから、さまざまなホテルやアクティビティ施設などが誕生しました。島の周辺にはサンゴ礁が広がっていて水中アクティビティを楽しむことができ、またバーベキューやピクニックを楽しめる施設も充実しています。

    詳しく見る
  • 海洋博公園 沖縄美ら海水族館 黒潮の海

    沖縄美ら海水族館

    本島北部

    海洋博公園内にある水族館は人気スポットのひとつ。ジンベエザメや、ナンヨウマンタが観察できる巨大水槽「黒潮の海」が人気。沖縄の海をまるごと体感できます。

    詳しく見る
  • 今帰仁城跡

    今帰仁城跡

    本島北部

    標高100mの古期石灰岩丘陵に築かれた、三山鼎立時の北山王統の居城です。築城は13世紀末頃に始まり、14世紀前半~15世紀初期にほぼ現在の形に整備されました。歴史的なグスクで、世界文化遺産にも登録されています。城の石垣や遺構は、かつての壮大な姿を偲ばせ歴史的な重みを感じさせる一方で、「万里の長城」や「マチュピチュ」に似ていると度々話題になる場所です。訪れる人々は城内を散策しながら、琉球王国の歴史や文化に触れることができます。とくに夕暮れ時には、夕日が沈む美しい景色を楽しむことができ、ロマンチックな雰囲気が漂います。今帰仁城跡は、歴史と自然が調和した風光明媚な場所であり、沖縄の文化遺産を感じるには最適のスポットです。

    詳しく見る
  • 古宇利大橋

    古宇利大橋

    本島北部

    古宇利島は沖縄本島北部に位置する、海に囲まれた小さな島です。2005年にお隣の名護市屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、瞬く間に人気の観光スポットとなりました。全長1,960mのこの橋は美しい琉球の海と青い空に彩られた絶好のロケーションにあり、ひとたび渡ればその壮大な眺望に息をのむこと間違いありません。透明度の高い海や島の自然の美しさが一望でき、これらが織りなす景色はまさに絶景と呼ぶにふさわしいものです。さらに夕日が沈む時間帯にはまた一味違った幻想的な景色が広がり、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。古宇利大橋は、沖縄の美しい自然を満喫するための絶好の観光スポットのひとつです。

    詳しく見る
  • テーヌ浜のハートロック 古宇利島 砂浜

    ティーヌ浜のハートロック

    本島北部

    古宇利島の北側に位置する天然のビーチ・ティーヌ浜にあるハートロックは、恋愛のパワースポットとして知られています。その形がハート型に見えることから、多くの人々にとってロマンチックな魅力を持つ観光名所です。ティーヌ浜のハートロックは透き通るようなエメラルドグリーンの海と白い砂浜の美しい景色に囲まれており、そして夕方はまた違う景色に変わるため訪れる人々に癒しとロマンスをもたらしています。このムードあふれる場所は夫婦や恋人同士から特に人気があり、記念撮影やプロポーズの場としても利用されています。ティーヌ浜のハートロックは、沖縄の美しい自然と愛のシンボルが融合した、心温まるスポットです。

    詳しく見る
  • 古宇利島 北海岸 トケイ浜 2015年

    トケイ浜

    本島北部

    ティーヌ浜の奥に位置する穴場ビーチ、トケイ浜。その美しい景観と静寂さで知られており、まっすぐな白い砂浜と透明度の高い青い海が特徴で自然の美しさに包まれています。トケイ浜は一般的に観光客からはあまり知られていませんが、その静かな雰囲気と美しい景観は穴場として地元の人々など知る人ぞ知るスポットとして人気があります。訪れる人々は波の音を聞きながらのんびりと散歩したり、海水浴を楽しんだりできます。また砂自体がとても優しく、映画などの撮影でも使われるほど柔らかい性質を持っています。海もきれいで観光地としても人気なティーヌ浜に比べると、人も比較的少なくおすすめです。トケイ浜は、沖縄の自然の美しさを満喫したい人々にとって、穏やかな時間を過ごすのに最適な場所です。

    詳しく見る
  • 古宇利島 ピース浜 2017/7

    ピース浜

    本島北部

    神秘的な雰囲気と美しい景観を誇るピース浜。ビーチの名前の由来はこの場所でよく見かける、ピースの形をした貝殻(キイロイガレイシ)から来ています。ツノが2つ出たような、ふっくらした小さな愛らしい形が特徴です。ピース浜は静かな環境と透明度の高い海水が特徴であり、周囲の岩場や緑の植物と調和した風景が美しい自然の絶景を作り出しています。また、このビーチは夕日が美しいことでも有名であり、夕暮れ時には地元の人々をはじめ、訪れた観光客をも魅了します。その穏やかな雰囲気と美しい景観から、心を落ち着かせリフレッシュするための穏やかな場所として、多くの人々に愛されています。

    詳しく見る
  • 水納島

    水納島

    本島北部

    沖縄県国頭郡本部町に位置する水納島は、三日月のようなその島の形から「クロワッサンアイランド」とも呼ばれています。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が特徴であり、訪れる人々を魅了します。水納島は、シュノーケリングやダイビングが楽しめることでも有名で、カラフルなサンゴ礁や多彩な海の生物が見られます。また、島内にはリゾート施設やレストランも充実しており、観光客が快適に過ごせる環境が整っています。水納島の美しい自然景観と透明度の高い海は、多くの観光客や地元の人々に愛されており、年間を通じて多くの人々が訪れます。訪れるさいには、自然の美しさを堪能するだけでなく、地元の料理や文化に触れることもおすすめです。

    詳しく見る
  • 備瀬のフクギ並木

    備瀬のフクギ並木

    本島北部

    沖縄県国頭郡本部町に位置する備瀬のフクギ並木は、美しいフクギの木が約1kmにわたって道路両側に連なる景勝地です。沖縄ではかつて家の周りを取り囲むようにフクギを植えていましたが、フクギそのものが沖縄の伝統的な木であり、その風格ある姿は風景に彩りを添えます。また備瀬のフクギ並木はかつて琉球王国の御用林として整備され、現在はフクギの木が美しいトンネルを形成しています。とくに夕暮れ時には、夕日が木々を透かして幻想的な光景を作り出します。この場所は、自然と歴史を感じさせる魅力的なスポットであり、散策や写真撮影の素晴らしい場所として親しまれています。地元の人々や観光客が訪れ、のどかな時間を過ごす場としても知られています。

    詳しく見る
  • 瀬底島 瀬底ビーチ

    瀬底ビーチ

    本島北部

    瀬底島は、沖縄本島北部にある本部半島の西に浮かぶ離島。その北西側に広がる長さ800mほどの砂浜が「瀬底ビーチ」と呼ばれます。沖縄本島から瀬底大橋を渡って車で行けるのも魅力のひとつ。透明度が高く美しい海と白い砂浜が特徴で、シュノーケリングやダイビングスポットの聖地としても知られています。海の中で多種多様なサンゴ礁やカラフルな魚たちが泳ぐ美しい海の世界を見ることができ、またビーチ沿いには遊歩道や休憩所が整備されているため、ゆったりとした島時間を過ごすことが可能です。夕日が沈む時間帯には、海に映える夕陽の美しい光景が訪れる人々に感動を与えます。地元の方々や観光客がリラックスし、海の恵みを満喫するために訪れる人気のスポットです。

    詳しく見る
  • 沖縄セルラースタジアム那覇

    沖縄の野球場

    本島

    沖縄県には多くの野球場が存在しており、毎年2月には日本のプロ野球をはじめ、アジア圏のプロチームやアマチュア強豪チームなどが、県内各地で春季キャンプを行っています。この時期は県内外から多くの野球ファンが各チームの練習の見学へと足を運び、スタジアム周辺のエリアを含め賑わいをみせています。また那覇市にある「沖縄セルラースタジアム那覇」ではプロ野球のチームによる公式戦が多く開催され、野球を愛する沖縄県民の大歓声と陽気な指笛がスタジアムに響きます。沖縄の野球場は地域社会や野球ファンにとって重要なスポーツ施設であり、沖縄県のスポーツ文化の発展に貢献しています。

    詳しく見る
該当するスポットはありませんでした。
絞り込む条件を変更してください。

沖縄県国頭郡恩納村にある「万座毛」は、高さ約20メートルある断崖絶壁の海岸線です。その壮大な景観は見る者を圧倒し、自然の力強さと美しさを感じさせます。沖縄本島のほぼ中央に位置しているため、荒々しい波が打ち寄せる海岸線が特徴。訪れる人々は岩場の上から広がる雄大な景色を眺めながら、大自然の荘厳さに触れることができます。地名の由来は「万人が座するに足る毛(野原)」。特に、象に似た岩が見える位置が一番人気の絶景ポイントです。周辺には散策コースも整備されており、自然の中でのんびりと散策することができます。万座毛は、沖縄の大自然が作り出す壮大な景観を体感できる絶好のスポットであり、多くの観光客や地元の人々に親しまれています。

閉じる

ひめゆりの塔は、1945年の沖縄戦で亡くなった「ひめゆり学徒隊」と呼ばれる沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の生徒や教師のための慰霊碑です。沖縄戦終焉の地・本島南部の糸満市に位置し、沖縄戦の翌年、米軍の攻撃により最も多くの犠牲者が出た「ガマ(鍾乳洞)」と呼ばれる伊原第三外科壕の上に建てられました。1989年に設立された隣接している「ひめゆり平和祈念資料館」は、沖縄戦の体験と平和の尊さを現代に伝える資料館です。ここでは、当時の写真や遺品、生存者の証言映像、壕の実物大模型などが展示されており、沖縄戦でのひめゆり学徒隊が体験した実相を学べます。ひめゆりの塔や資料館には、現在も多くの人が訪れ、平和への祈りを捧げています。

閉じる

沖縄とアメリカの街並みが融合した異国情緒溢れるショッピングエリア、アメリカンビレッジ。映画館にレストラン、ライブハウス、リゾートホテル、ショップ、ビーチなど多彩な施設が揃い、観光客のみならず地元の人も多く訪れるスポット。街のいたるところに個性豊かなウォールアートや目を引くオブジェ、赤や黄色などカラフルな建物が建ち並び、まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのよう。どこを切り取っても絵になる可愛さで、シャッターを切る手が止まりません。海沿いのエリアから一望するサンセットや日没後のライトアップなど、昼とは違った景観を楽しめるのも魅力のひとつです。

閉じる

那覇国際通りは沖縄県那覇市の中心地に位置する繁華街であり、観光地・沖縄を代表するスポットのひとつです。沖縄戦後の焼け野原から急速な発展を遂げた場所で、今や多くの商業施設や飲食店、土産物店が軒を連ねています。歩行者天国として知られ、特に毎週日曜日の日中は多くの観光客や地元の人々で賑わいます。国際通りには沖縄の伝統工芸品やお土産・アパレルや雑貨などのショップが並び、沖縄の文化や魅力を肌いっぱいに感じることが可能です。また多彩なレストランや居酒屋も点在し、沖縄料理を思う存分楽めます。活気があふれるなかで沖縄の魅力を存分に味わえる場所であり、観光客にとって絶対にいくべき必見スポットのひとつです。

閉じる

波上宮は「なんみんさん」の愛称で親しまれている歴史ある神社で、琉球沖縄八社の一つです。創始年は不詳ですが琉球王国時代、もしくはより古い時代からその歴史がさかのぼると言われます。神社は海のすぐ側の崖上に鎮座しており、古くから海神の国「ニライカナイ」の神々へ祈りをささげる場所でした。毎年5月17日の例大祭とその前後に神幸祭や沖縄角力大会・琉球舞踊や演舞大会、のど自慢大会やビーチ綱引きなど様々な催し物が行われ、多くの参拝客でにぎわいます。他の神社にはなかなかない、沖縄ならではのイベントを楽しむことが可能です。波上宮は沖縄の伝統や信仰を垣間見ることができる貴重な存在であり、県内外の多くの人々に愛されています。

閉じる

2008年に公開された「ガンガラーの谷」は、鍾乳洞が崩壊してできた自然豊かな谷間。東京ドームとほぼ同じ面積で、鍾乳洞と一体化した森にはさまざまな動植物が息づいています。このサンゴ礁由来の石灰岩地帯に広がる亜熱帯の森や洞窟等を、敷地に常駐している専門ガイドと共に散策できます(有料・予約要)。コース内では命の誕生を祈る洞窟や、崖上から根を伸ばす大木「ウフシュガジュマル」、古代人の居住跡などを巡って行きます。入口にある鍾乳洞カフェ「ケイブカフェ」はガイドツアーのお客様待合所として利用可能。天然のラウンジで出発までの時間を有意義に過ごせます。またこの場所では洞窟夜間コンサートや貸切パーティ等も開催されています。

閉じる

斎場御嶽は知念半島にある世界文化遺産で、琉球王国時代から崇敬を集める聖地です。琉球王国の創世神「アマミキヨ」が造ったとされ、王国最高の聖地であるため沖縄の中心的な信仰の場として多くの信者や観光客が訪れています。祭祀が行われた周囲には荘厳な石垣や建造物が配され、その場所から醸し出される厳かな雰囲気はまさに神聖。また琉球国王や聞得大君(きこえおおきみ)の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り(あがりうまーい)」の参拝地としても有名です。御嶽の中には6つのイビ(神域)があり、国王はこの6ヶ所を参拝しながら、国家繁栄や安寧・五穀豊穣や航海安全などを神に祈願しました。こういった歴史的背景も加わり、沖縄はもとより県外・海外からも注目されています。

閉じる

瀬長島は、沖縄本島の南部・豊見城市に位置する美しい島です。その名は、海に突き出た瀬長(せなが)の岬に由来しています。この島は美しいサンゴ礁や透明度の高い海水・白い砂浜が特徴で、観光客や地元の人々から愛されています。瀬長島の海岸線はパラダイスビーチとしても知られ、その美しい景観は絶え間ない魅力を放ちます。また西海岸に2015年アイランドリゾート商業施設「瀬長島ウミカジテラス」がオープンしてから、さまざまなホテルやアクティビティ施設などが誕生しました。島の周辺にはサンゴ礁が広がっていて水中アクティビティを楽しむことができ、またバーベキューやピクニックを楽しめる施設も充実しています。

閉じる

海洋博公園内にある水族館は人気スポットのひとつ。ジンベエザメや、ナンヨウマンタが観察できる巨大水槽「黒潮の海」が人気。沖縄の海をまるごと体感できます。

閉じる

標高100mの古期石灰岩丘陵に築かれた、三山鼎立時の北山王統の居城です。築城は13世紀末頃に始まり、14世紀前半~15世紀初期にほぼ現在の形に整備されました。歴史的なグスクで、世界文化遺産にも登録されています。城の石垣や遺構は、かつての壮大な姿を偲ばせ歴史的な重みを感じさせる一方で、「万里の長城」や「マチュピチュ」に似ていると度々話題になる場所です。訪れる人々は城内を散策しながら、琉球王国の歴史や文化に触れることができます。とくに夕暮れ時には、夕日が沈む美しい景色を楽しむことができ、ロマンチックな雰囲気が漂います。今帰仁城跡は、歴史と自然が調和した風光明媚な場所であり、沖縄の文化遺産を感じるには最適のスポットです。

閉じる

古宇利島は沖縄本島北部に位置する、海に囲まれた小さな島です。2005年にお隣の名護市屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、瞬く間に人気の観光スポットとなりました。全長1,960mのこの橋は美しい琉球の海と青い空に彩られた絶好のロケーションにあり、ひとたび渡ればその壮大な眺望に息をのむこと間違いありません。透明度の高い海や島の自然の美しさが一望でき、これらが織りなす景色はまさに絶景と呼ぶにふさわしいものです。さらに夕日が沈む時間帯にはまた一味違った幻想的な景色が広がり、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。古宇利大橋は、沖縄の美しい自然を満喫するための絶好の観光スポットのひとつです。

閉じる

古宇利島の北側に位置する天然のビーチ・ティーヌ浜にあるハートロックは、恋愛のパワースポットとして知られています。その形がハート型に見えることから、多くの人々にとってロマンチックな魅力を持つ観光名所です。ティーヌ浜のハートロックは透き通るようなエメラルドグリーンの海と白い砂浜の美しい景色に囲まれており、そして夕方はまた違う景色に変わるため訪れる人々に癒しとロマンスをもたらしています。このムードあふれる場所は夫婦や恋人同士から特に人気があり、記念撮影やプロポーズの場としても利用されています。ティーヌ浜のハートロックは、沖縄の美しい自然と愛のシンボルが融合した、心温まるスポットです。

閉じる

ティーヌ浜の奥に位置する穴場ビーチ、トケイ浜。その美しい景観と静寂さで知られており、まっすぐな白い砂浜と透明度の高い青い海が特徴で自然の美しさに包まれています。トケイ浜は一般的に観光客からはあまり知られていませんが、その静かな雰囲気と美しい景観は穴場として地元の人々など知る人ぞ知るスポットとして人気があります。訪れる人々は波の音を聞きながらのんびりと散歩したり、海水浴を楽しんだりできます。また砂自体がとても優しく、映画などの撮影でも使われるほど柔らかい性質を持っています。海もきれいで観光地としても人気なティーヌ浜に比べると、人も比較的少なくおすすめです。トケイ浜は、沖縄の自然の美しさを満喫したい人々にとって、穏やかな時間を過ごすのに最適な場所です。

閉じる

神秘的な雰囲気と美しい景観を誇るピース浜。ビーチの名前の由来はこの場所でよく見かける、ピースの形をした貝殻(キイロイガレイシ)から来ています。ツノが2つ出たような、ふっくらした小さな愛らしい形が特徴です。ピース浜は静かな環境と透明度の高い海水が特徴であり、周囲の岩場や緑の植物と調和した風景が美しい自然の絶景を作り出しています。また、このビーチは夕日が美しいことでも有名であり、夕暮れ時には地元の人々をはじめ、訪れた観光客をも魅了します。その穏やかな雰囲気と美しい景観から、心を落ち着かせリフレッシュするための穏やかな場所として、多くの人々に愛されています。

閉じる

沖縄県国頭郡本部町に位置する水納島は、三日月のようなその島の形から「クロワッサンアイランド」とも呼ばれています。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が特徴であり、訪れる人々を魅了します。水納島は、シュノーケリングやダイビングが楽しめることでも有名で、カラフルなサンゴ礁や多彩な海の生物が見られます。また、島内にはリゾート施設やレストランも充実しており、観光客が快適に過ごせる環境が整っています。水納島の美しい自然景観と透明度の高い海は、多くの観光客や地元の人々に愛されており、年間を通じて多くの人々が訪れます。訪れるさいには、自然の美しさを堪能するだけでなく、地元の料理や文化に触れることもおすすめです。

閉じる

沖縄県国頭郡本部町に位置する備瀬のフクギ並木は、美しいフクギの木が約1kmにわたって道路両側に連なる景勝地です。沖縄ではかつて家の周りを取り囲むようにフクギを植えていましたが、フクギそのものが沖縄の伝統的な木であり、その風格ある姿は風景に彩りを添えます。また備瀬のフクギ並木はかつて琉球王国の御用林として整備され、現在はフクギの木が美しいトンネルを形成しています。とくに夕暮れ時には、夕日が木々を透かして幻想的な光景を作り出します。この場所は、自然と歴史を感じさせる魅力的なスポットであり、散策や写真撮影の素晴らしい場所として親しまれています。地元の人々や観光客が訪れ、のどかな時間を過ごす場としても知られています。

閉じる

瀬底島は、沖縄本島北部にある本部半島の西に浮かぶ離島。その北西側に広がる長さ800mほどの砂浜が「瀬底ビーチ」と呼ばれます。沖縄本島から瀬底大橋を渡って車で行けるのも魅力のひとつ。透明度が高く美しい海と白い砂浜が特徴で、シュノーケリングやダイビングスポットの聖地としても知られています。海の中で多種多様なサンゴ礁やカラフルな魚たちが泳ぐ美しい海の世界を見ることができ、またビーチ沿いには遊歩道や休憩所が整備されているため、ゆったりとした島時間を過ごすことが可能です。夕日が沈む時間帯には、海に映える夕陽の美しい光景が訪れる人々に感動を与えます。地元の方々や観光客がリラックスし、海の恵みを満喫するために訪れる人気のスポットです。

閉じる

沖縄県には多くの野球場が存在しており、毎年2月には日本のプロ野球をはじめ、アジア圏のプロチームやアマチュア強豪チームなどが、県内各地で春季キャンプを行っています。この時期は県内外から多くの野球ファンが各チームの練習の見学へと足を運び、スタジアム周辺のエリアを含め賑わいをみせています。また那覇市にある「沖縄セルラースタジアム那覇」ではプロ野球のチームによる公式戦が多く開催され、野球を愛する沖縄県民の大歓声と陽気な指笛がスタジアムに響きます。沖縄の野球場は地域社会や野球ファンにとって重要なスポーツ施設であり、沖縄県のスポーツ文化の発展に貢献しています。

閉じる

沖縄本島のおすすめ情報

Information

グルメ

タコス

タコス

沖縄風にアレンジしたメキシコ料理。揚げたカリカリの皮に、お肉と野菜、チーズをかけて口いっぱいに頬張りましょう。

ちんすこう

ちんすこう

小麦粉・砂糖・ラードが材料の焼き菓子で、沖縄の定番土産。紅芋やパイナップルなど、たくさんのフレーバーが発売されています。

沖縄おでん

沖縄おでん

沖縄おでんの主役は、「てびち(豚足)」や「ソーキ(豚のあばら)」。県内の居酒屋やコンビニで、気軽に楽しめる味です。

ドゥル天

ドゥル天

ドゥルワカシーという田芋を使った琉球料理に、衣をつけて揚げたものです。外はカリっと、中はモッチリの食感が人気の秘密。

イカスミ汁

イカスミ汁

真っ黒の汁もの料理。イカ・豚肉・「ニガナ」という葉物野菜などを煮込み、仕上げにイカ墨を加えることで深い味わいになります。

ヤギ料理

ヤギ料理

ヤギの伝統料理の多い沖縄では、定番のヤギ汁の他にも、ヤギ刺し、ヤギチーズなど様々な味を楽しめます。

沖縄天ぷら

沖縄天ぷら

沖縄てんぷらは魚介類やゴーヤ、もずくなどを厚い衣で揚げています。街中には多くの専門店があり、スナック感覚で楽しめます。

沖縄本島旅行の天気と服装

Weather & Clothes
  • 1〜3月
  • 4〜6月
  • 7〜9月
  • 10〜12月
1〜3月の天気と気温表
平均気温 気候と服装 季節のイベント
1月 17.5℃ 冬でも10度以下になることは少なく、日中は20度前後まで上がることも。ただし朝晩は冷え、海風も冷たいので、軽装だけでなく羽織れるものも準備を。日焼けしたくない場合は対策しましょう。 首里城公園 新春の宴、名護さくら祭り、やんばるアートフェスティバル
2月 19℃ おきなわマラソン、国際ジョイアスロン、おきなわ花と食のフェスティバル
3月 20℃ 沖縄花のカーニバル、沖縄ちゃんぷるーフェス、東村つつじ祭り
4〜6月の天気と気温表
平均気温 気候と服装 季節のイベント
4月 22.5℃ 日焼け対策をしっかりしておきたい季節。最低気温でも20度前後なので日中は薄着で大丈夫。ただし4月上旬は朝晩の冷え込みに備えて重ね着の準備を。5月中旬から6月前半までは梅雨なので雨具が必要です。 沖縄国際映画祭、琉球海炎祭、ホワイトビーチフェスティバル
5月 24.3℃ 沖縄国際トライアスロン、那覇ハーリー、奥ヤンバル鯉のぼり祭り
6月 27.2℃ エイサーナイト、慰霊の日 平和の光の柱、Sea Water Dream フェスティバル
7〜9月の天気と気温表
平均気温 気候と服装 季節のイベント
7月 29.6℃ 8月を中心に最も暑くなる時期。日中は30度を超え、夜でも25度以上のことがほとんど。日焼け対策は必須です。熱中症対策とあわせてしっかり準備しましょう。8月・9月は台風が多いので注意。 エイサーナイト、ピースフルラブロックフェスティバル、コロナ サンセット フェスティバル
8月 28.6℃ 沖縄全島エイサーまつり、与那原大綱曳まつり、大宜味村ふるさとまつり
9月 28.7℃ 沖縄全島エイサーまつり、オリオンビアフェスト、宜野湾はごろも祭り
10〜12月の天気と気温表
平均気温 気候と服装 季節のイベント
10月 26℃ 暑さがやわらぎ、台風発生率も低下。日中は軽装で過ごせますが、朝晩は冷え、海風も冷たいので羽織れるものも準備を。12月下旬は一段と冷え込みが強まるのでしっかりした冬服も準備しておきましょう。 全島獅子舞フェスティバル、普天間フライトラインフェア、浦添てだこまつり
11月 22.6℃ 沖縄国際カーニバル、首里城復興祭、ツール・ド・おきなわ
12月 19.7℃ 美ら島エアーフェスタ、琉球ランタンフェスティバル、琉球海炎祭winter

沖縄県の現地情報ブログ

Blog ※外部サイトに遷移します
ブログイメージ

目指せタッチュー!沖縄の離島「伊江島」へ行ってみよう

ブログイメージ

【沖縄】ケラマブルーで有名な渡嘉敷島の見どころと名店を紹介

ブログイメージ

冬の沖縄でおすすめの観光スポットと体験可能なアクティビティ

ブログイメージ

【沖縄】厳選!人気沸騰の沖縄「宮古島」の絶景スポットをめぐろう

沖縄県の現地情報ブログ 記事一覧を見る

関連特集

Features