阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

オーストラリア基本情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

オーストラリア基本情報|オーストラリア観光ガイド

オーストラリアの基本情報

日本の約20倍の広大な大陸に、スケールの大きな手つかずの大自然が広がり、カンガルーやコアラなど固有の生物を育むオーストラリアは、自然と調和した美しい国です。

  • ■正式名称:オーストラリア連邦  Commonwealth of Australia
  • ■首都:キャンベラ
  • ■人口:約2,313万人
  • ■面積:約768万2,300km²
  • ■人種・民族:ヨーロッパ系、その他
  • ■宗教:キリスト教、その他
  • ■言語:英語
  • ■通貨:オーストラリア・ドル
  • ■時差:3つの時間帯があり、東海岸:+1時間、中央部:+30分、西部:-1時間
  • ■サマータイム:10月の最終日曜~3月の最終日曜まで、ニューサウスウエールズ州、ビクトリア州、首都特別地域、タスマニア州(10月第1日曜~)、南オーストラリア州では、上記の時間+1時間。
オーストラリア国旗
国旗のウンチク
ユニオン・ジャック、南十字星、6つの州と特別地域を表わす大きな七稜星が配されています。

オーストラリアの気候・服装

オーストラリアは南半球にあたり、四季は日本とは逆。北部は熱帯に属し、雨期と乾期に分けられ、温帯の南部は比較的四季がはっきりしており、内陸部は砂漠性気候です。

春は9月~11月。地域によって気候の差が激しいのが特徴。昼間は軽装で過ごせますが、シドニーやパースではジャケットなどの用意を。
夏は12月~2月。帽子やサングラスは必携です。なおキャンベラ、ビクトリア州などの南部は、夜は冷えるので注意。上にはおるものがあると重宝。
秋は3月~5月。春同様、昼間は軽装でOKですが、夜間にそなえ薄手のジャケットを用意しておきましょう。南部ではセーターも必要でしょう。
冬は6~8月。冷え込むのでコートや厚手のジャケットを。ケアンズ、ダーウィンでは半袖で過ごせますが、夜間には上に1枚ほしくなります。
シドニー・東京 気温表/降水量グラフ

※シドニーの平均気温は理科年表2009年版より、降水量は世界気象機関HPより(1941-2002年の平均)
※東京の平均気温、降水量は気象庁HPより(2012年)
※イベントの時期は例年の目安です。

オーストラリアの祝祭日

  • ■新年:1月1日・2日
  • ■ANZAC記念日:4月25日
  • ■建国記念日:1月27日
  • ■女王誕生日※:6月第2月曜日
  • ■聖金曜日※:4月10日
  • ■クリスマス:12月25日
  • ■ボクシング・デー:12月26日
  • ■復活祭月曜日※:4月13日

※は移動祝祭日のため毎年変わります。上記は2020年の祝祭日です。
※祝祭日はJETROより引用しています。

オーストラリアのベストシーズン
地域によって気候が異なり、ベストシーズンも異なります。夏の旅行なら南部、北部や内陸部は冬がおすすめ。目的地によって季節を選びましょう。
  • ワイルドフラワー
  • 目的に合ったシーズンを
バーゲンセールを狙うオーストラリア
オーストラリアでは、6月とクリスマス後にセールがスタート。新しい商品が入荷するまでセールは続きます。買い物なら季節の変わり目が狙い目。
  • ショッピング
  • バーゲンでお得に買い物

オーストラリアのおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください