オーロラ観賞ツアー特集

|海外旅行 ツアー|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

おせち

フィンランド

サンタクロース村で有名なロヴァニエミなど、フィンランドで見られるオーロラツアーをご紹介!
見頃時期や観測率、適した服装、観光情報など、知りたい情報も満載です!
オーロラ観賞ツアーは阪急交通社で!

フィンランドでのオーロラ観賞の時期・観測率とは?

フィンランドで見るオーロラの観賞時期は?
オーロラを見れる条件としてオーロラベルトの都市であることのほか、十分に暗く、空気が澄んでいることが必須なため、晩秋から早春の9月から3月頃が北欧観賞に適した時期となります。観測できる時間帯としては、18時〜1時くらいで、一晩に2〜3回程度、一度出現すると20秒程度、長い時には数時間続きます。夕食後にオーロラ観測を始めて夜中を過ぎたら就寝、昼間も有効に過ごせるのがフィンランドのオーロラ観賞の特徴です。
■気温表
気温表
※平均気温、降水量、日の出、日の入りともに当社独自調べ
フィンランドで見るオーロラの観測率は?
北欧のオーロラは年間で200日ほど現れ、条件が良い場合は2〜3日に一度オーロラが観測されています。1晩で50〜70%くらいの観測率とされますが、滞在日・観測回数が多いほどチャンスが上がっていきます。太陽活動や天候など自然に左右されやすく現代の技術を駆使してもいつどこに現れるか予測することができないオーロラ。だからこそ実際に見た時の感動は格別なものとなることでしょう。

オーロラ観賞時の服装inフィンランド

外は氷点下にもなるフィンランドですが、フィンランドのようにマイナス20〜30℃にまで下がることは滅多にありません。屋内も暖かいので状況に応じて着脱しやすい「重ね着」が基本となります。フリースや肌着などを重ね着して、衣類と衣類との間に空気の層を作り断熱効果を高めるのがおすすめです。その上に防水性のあるアウター(スキーのジェケットのような)を着ると良いでしょう。

  1. 帽子
    頭と耳が完全に隠れるもの。できれば二重にしましょう。
  2. 上着
    中に羽毛(ダウン)の入ったものがベター。腰の下まであるロングタイプのもので、風を通さず防水性の高いものがベストです。
  3. 手袋
    中は綿(軍手)やウールなどの保温性があり、外側はナイロンや革の耐水性のあるもの。通気性のある新繊維がおすすめ!
  4. マフラー
    中にタオルやバンダナを巻き、外側から毛糸のマフラーで完全装備を。
  5. 下着
    厚手の物を少なく着るより、薄手の物を重ね着して、空気の層を作ったほうが温かくて動きやすくなります。
  6. ブーツ・靴下
    靴下も薄手のウールを重ね着で。ブーツは、動きやすさ・保温性・防水性・滑りにくい物など機能性重視で選び、靴下の重ね着を考えて大きめの物が良いでしょう。

フィンランド観光のおすすめ

スカンジナビア半島の内側、バルト海の奥に位置するフィンランドのオーロラ観測率は60%前後といわれています(12~3月/1日あたり)。2日に1回は観測できる可能性が高いため、オーロラ観測にはフィンランドがおすすめです。

フィンランドMAP
  • サーリセルカ
  • ロヴァニエミ
  • レヴィ
  • ルカ
サーリセルカ
サーリセルカ
こじんまりとした町でスーパーやレストランやも徒歩圏内です。オーロラ観賞はもちろん、犬ぞりやクロスカントリーなどアクティビティ、サーメ博物館で先住民族の文化に触れるのもおすすめです。トナカイやシーフードの北欧料理はこの町で味わうのがおすすめです。
ロヴァニエミ
ロヴァニエミ
北極圏から南へわずか8kmに位置するラップランド地方の州都。近郊にはサンタの家やサンタ郵便局などが集まったサンタクロース村があり、ラップランドの玄関口として、国内外から年間50万人もの旅行者が訪れます。オーロラベルトに入っており、オーロラの観測に適した町です。
レヴィ
レヴィ
オーロラ観測率が極めて高いことで有名なレヴィ。夜空の大ステージに、赤、緑、紫の光の帯が幻想のカーテンを描いていく様子は、とにかく感動的。言葉では表現できないほどの美しさです。天上の祭典をひと目見ようと、12月から1月にかけては各国からたくさんの観光客が訪れます。フィンランドのリゾート地でもあるため、ウィンタースポーツも楽しめます。
ルカ
フィンランド ルカの街
ルカ オーロラ
フィンランド北東部に位置し、スキーリゾートの町として有名なルカ。大規模なスキー場もあるので、週末にはスキーやスノボーを楽しみに訪れる人も多いです。スキーだけではなく、犬ぞり・トナカイそり体験・スノーモービルなどのウインタースポーツも楽しめます。オーロラベルト帯にあるため、オーロラ鑑賞もできます。

 フィンランドのグルメ・お土産

世界中で人気のフィンランドブランド
マリメッコ
カラフルで大胆なプリント柄アパレル雑貨は日本でも人気。ヘルシンキのマリメッコ本社の社員食堂は訪れる価値あり。
フィンランドの陶器ブランド
アラビア
機能性とデザイン性、品質の高いフィンランドの名窯。ダイニングに彩りを加えてくれるテーブルウエアはお土産にも◎
特別の輝きを持ったガラスブランド
イッタラ
機能性とデザイン性、品質の高いフィンランドの名窯。ダイニングに彩りを加えてくれるテーブルウエアはお土産にも◎
塩漬けやステーキ、フライもおいしい◎
サーモン
水豊かなフィンランド料理の主役はサーモンやニジマス、ニシンなどのシーフード。糸状のハーブ、ディル香る料理は絶品。
映画『かもめ食堂』で話題になったカフェ
かもめ食堂(ヘルシンキ)
地元でも人気のかもめ食堂(現地ではカフェ・スオミ)。青と白基調のほのぼのした雰囲気の中フィンランド家庭料理に舌鼓。
ページ上部へ
PR
【年末年始旅行・ツアー2017-2018】今年の年末年始はどこへ行こう!?人気のニューヨーク、ハワイ、草津温泉などのツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山