古都メクネス

|アフリカ 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

世界遺産 〜The World Heritage〜

第291回 モロッコ 古都メクネス 国王の壮大な夢の跡「モロッコのヴェルサイユ」

第291回 モロッコ

古都メクネス

国王の壮大な夢の跡「モロッコのヴェルサイユ」

世界遺産|古都メクネス

Story

ロッコ王国を治める現国王モハメッド6世、そのルーツは17世紀に樹立したイスラム教国のアラウィー朝にあり、最初の都が置かれたのが、現在の首都ラバトから約130㎞東に位置するメクネスでした。ときの国王ムーレイ・イスマイルが築き上げた王都は、喧噪に満ちたモロッコの多くの町々とは異なり、静かな古都の雰囲気が漂います。

イスマイル王は当時強大だったヨーロッパ諸国と積極的に国交を結び、各国の国王と交流を深めますが、なかでも特にフランスのルイ14世に傾倒。メクネスを「モロッコのヴェルサイユ」にすべく大改造を行います。古い建物を取り壊し、イスラム文化とヨーロッパ文化が融合した、イスパノ・モレスク様式と呼ばれる建築物を次々に建造していったのです。城壁に囲まれた古都メクネスの入口にあるマンスール門は、精緻(せいち)なモザイクや彫刻が施され、北アフリカで最も美しい門と称されます。さらに、巨大な貯水池や20年分の籠城が可能という穀物貯蔵庫、約1万2千頭の馬を飼う厩舎などを備え、イスマイル王が建設しようとした都が、いかに壮大であったかが窺えます。

しかし、イスマイル王は「モロッコのヴェルサイユ」の完成を見ることなく没し、混乱の中で即位した息子は遷都。メクネスの繁栄は歴史の彼方に去り、壮麗な古都が残されました。ルイ14世から贈られた置き時計が安置されたムーレイ・イスマイル廟。ここで永久の眠りについているイスマイル王は、今も見果てぬ夢を見ているのでしょうか。

続きを読む

イスマイル王は当時強大だったヨーロッパ諸国と積極的に国交を結び、各国の国王と交流を深めますが、なかでも特にフランスのルイ14世に傾倒。メクネスを「モロッコのヴェルサイユ」にすべく大改造を行います。古い建物を取り壊し、イスラム文化とヨーロッパ文化が融合した、イスパノ・モレスク様式と呼ばれる建築物を次々に建造していったのです。城壁に囲まれた古都メクネスの入口にあるマンスール門は、精緻(せいち)なモザイクや彫刻が施され、北アフリカで最も美しい門と称されます。さらに、巨大な貯水池や20年分の籠城が可能という穀物貯蔵庫、約1万2千頭の馬を飼う厩舎などを備え、イスマイル王が建設しようとした都が、いかに壮大であったかが窺えます。

しかし、イスマイル王は「モロッコのヴェルサイユ」の完成を見ることなく没し、混乱の中で即位した息子は遷都。メクネスの繁栄は歴史の彼方に去り、壮麗な古都が残されました。ルイ14世から贈られた置き時計が安置されたムーレイ・イスマイル廟。ここで永久の眠りについているイスマイル王は、今も見果てぬ夢を見ているのでしょうか。

Photos

世界遺産|古都メクネス
▲イスラム教徒以外でも中に入ることが可能な廟であるムーレイ・イスマイル廟
世界遺産|古都メクネス
▲分厚く高い城壁に囲まれた古都メクネスの街並み

Data

◆登録名:
古都メクネス
◆登録年:
1996年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
首都ラバトからバスで約2時間30分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始旅行・ツアー2018-2019】年末年始のお得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!