ウェブのお悩みガイド

東海道五十三次特集

江戸時代の人々が練り歩いた道をたどる旅

関東発全25回・中部発・関西発全26回、総歩行距離約492kmを添乗員と行く、東海道五十三次街道を歩く旅。
東京・日本橋~京都・三条大橋まで、53もの宿場を巡ります! おひとり様参加もお気軽にどうぞ。

東海道五十三次を歩く

東海道五十三次とは、江戸時代の徳川家康が整備した五畿七道のうち、東海道にある53の宿場を指します。当時の浮世絵や和歌の題材にも取り上げられた東海道は、現在までに多くの人に旅された由緒ある街道です。道中には、有名な名所・旧跡が多く、本陣や旅籠、問屋場などの諸施設が整えられています。東京・日本橋~京都・三条大橋までの総歩行距離492kmを闊歩して、歴史や先人の想いに触れましょう。

− おすすめポイント −

初心者の方でも安心!!  手厚いサポート付き!
関東発全25回・関西発・中部発全26回、総歩行距離約492kmをウォークリーダー(又は歴史街道ガイド)と添乗員が一緒に無理なく歩いて制覇します!
ウォークリーダーが街道の歴史をトラベルイヤホンを利用して説明します!
ウォークリーダー(又は歴史街道ガイド)と離れていても安心! 名所・旧跡や往時の様子などをわかりやすくご案内します!
昼食は毎回変わる地元のお食事をお楽しみ!
昼食は毎回変わる地元のお食事をお楽しみください!(実施・回により、レストラン店内昼食またはお弁当でのご案内となります。)

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【助成金・県民割特集】旅で応援!お得に国内旅行を楽しもう!