カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

|スペイン 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

世界遺産 〜The World Heritage〜

第288回 カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院 ガウディと並ぶ 天才建築家の代表作

第288回 スペイン

カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

ガウディと並ぶ 天才建築家の代表作

世界遺産|カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

Story

ペインの建築家といえば真っ先にガウディの名が挙がりますが、同時代のバルセロナで彼を凌ぐ著名な建築家がいました。その名はルイス・ドメネク・イ・モンタネール。25歳でバルセロナ建築学校の教授となり、一時期ガウディを教えたこともある天才建築家でした。モンタネールの最高傑作と称されるカタルーニャ音楽堂と、ライフワークともいえるサン・パウ病院が世界遺産に登録されています。

19世紀、産業革命を達成したバルセロナでは、豊かな経済力を背景に独自の芸術運動モデルニスモが勃興。その旗手の一人であったモンタネールによって、カタルーニャ音楽堂は1908年に完成しました。当時最先端技術の鉄骨構造を採用した音楽堂は赤レンガと彩色タイルで装飾され、内部の柱や壁はモザイクや彫刻で覆い尽くされ、大ホールはステンドグラスの天井から自然光が降り注ぐ、これぞモンタネール建築の美の極致。今も毎年50万人以上の聴衆を魅了しています。

サン・パウ病院は1902年から28年の歳月をかけて造られ、2009年まで病院として機能していました。48の建物から構成され、「芸術は人を癒す力がある」とのモンタネールの理念のもと、患者が心地よく過ごせるよう、淡い色彩のモザイクやステンドグラスを多用し、自然の光や風を取り入れ、また建物を地下通路で結ぶなど機能性にも優れていました。南へ一直線に延びる道路の先には、あのサグラダ・ファミリア。師弟のライフワークが徒歩8分ほどの距離に並び立っています。

続きを読む

19世紀、産業革命を達成したバルセロナでは、豊かな経済力を背景に独自の芸術運動モデルニスモが勃興。その旗手の一人であったモンタネールによって、カタルーニャ音楽堂は1908年に完成しました。当時最先端技術の鉄骨構造を採用した音楽堂は赤レンガと彩色タイルで装飾され、内部の柱や壁はモザイクや彫刻で覆い尽くされ、大ホールはステンドグラスの天井から自然光が降り注ぐ、これぞモンタネール建築の美の極致。今も毎年50万人以上の聴衆を魅了しています。

サン・パウ病院は1902年から28年の歳月をかけて造られ、2009年まで病院として機能していました。48の建物から構成され、「芸術は人を癒す力がある」とのモンタネールの理念のもと、患者が心地よく過ごせるよう、淡い色彩のモザイクやステンドグラスを多用し、自然の光や風を取り入れ、また建物を地下通路で結ぶなど機能性にも優れていました。南へ一直線に延びる道路の先には、あのサグラダ・ファミリア。師弟のライフワークが徒歩8分ほどの距離に並び立っています。

Photos

世界遺産|サン・パウ病院
▲バルセロナでも屈指の大病院であるサン・パウ病院
世界遺産|建築家「ルイス・ドメネク・イ・モンタネール」
▲当時、ガウディを凌ぐ程著名な建築家「ルイス・ドメネク・イ・モンタネール」

Data

◆登録名:
バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院
◆登録年:
1997年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
カタルーニャ音楽堂/地下鉄1・4号線ウルキナオナ駅より徒歩5分
サン・パウ病院/地下鉄5号線サン・パウ・ドス・デ・マッチ駅より徒歩3分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始旅行・ツアー2018-2019】年末年始のお得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!