ウェブのお悩みガイド

世界遺産 〜The World Heritage〜

第328回 メキシコ サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地 16世紀の「銀の道」に残るアートなコロニアル都市

第328回 メキシコ

サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地

16世紀の「銀の道」に残る アートなコロニアル都市

世界遺産|メキシコ サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地

Story

16世紀、シルバーラッシュに沸いたメキシコ中央高地には、スペイン風のコロニアル建築の町並みが今も残っています。グアナフアト州サン・ミゲル・デ・アジェンデの歴史地区もそのひとつ。郊外の18世紀から続く小さな村、アトトニルコにはバロック様式の教会や礼拝堂が集まり、併せて2008年に世界遺産に登録されました。

サン・ミゲル・デ・アジェンデは、メキシコシティとアメリカ南部を結ぶ銀の交易ルートに築かれた要塞都市。町の名は1542年、この地に小さな礼拝堂を建てた修道士サン・ミゲルに由来しています。18世紀には銀交易の中継地として、また繊維などの工業でも発展。メキシカン・バロックと呼ばれる往時のコロニアル建築が、時を経て風情を醸し出しています。中心にはゴシック様式のサン・ミゲル教区教会が聳え立ち、この町の繁栄を語り継いでいます。郊外のアトトニルコの乾燥した大地はエルサレムを彷彿させ、教会群が建てられ聖地となりました。ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコとはアトトニルコのナザレのイエスの意味。内部の壁面装飾や天井画は、ヨーロッパとラテンアメリカの文化が見事に融合しています。

サン・ミゲルにはアジェンデ美術学校やエルニグロマンテ文化会館といった美術の学校があり、世界から芸術家が集まるアートの町。文化の薫り豊かなコロニアルな町並みを散策し、鮮やかな色使いの伝統工芸品や雑貨、アート作品などを見て回るのも楽しみです。

続きを読む

サン・ミゲル・デ・アジェンデは、メキシコシティとアメリカ南部を結ぶ銀の交易ルートに築かれた要塞都市。町の名は1542年、この地に小さな礼拝堂を建てた修道士サン・ミゲルに由来しています。18世紀には銀交易の中継地として、また繊維などの工業でも発展。メキシカン・バロックと呼ばれる往時のコロニアル建築が、時を経て風情を醸し出しています。中心にはゴシック様式のサン・ミゲル教区教会が聳え立ち、この町の繁栄を語り継いでいます。郊外のアトトニルコの乾燥した大地はエルサレムを彷彿させ、教会群が建てられ聖地となりました。ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコとはアトトニルコのナザレのイエスの意味。内部の壁面装飾や天井画は、ヨーロッパとラテンアメリカの文化が見事に融合しています。

サン・ミゲルにはアジェンデ美術学校やエルニグロマンテ文化会館といった美術の学校があり、世界から芸術家が集まるアートの町。文化の薫り豊かなコロニアルな町並みを散策し、鮮やかな色使いの伝統工芸品や雑貨、アート作品などを見て回るのも楽しみです。

Photos

世界遺産|メキシコ サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地
▲アートの町サンミゲルの街並み
世界遺産|メキシコ サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地
▲ヨーロッパとラテンアメリカの文化が融合したアトトニルコの天井画

Data

◆登録名:
サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地
◆登録年:
2008年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
グアナフアト国際空港(GTO)からバスで約1時間30分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【福たびフェア2021】総額2021万円分のお年玉クーポンをプレゼント!クーポン獲得期間は1月31日まで!