ウェブのお悩みガイド

世界遺産 〜The World Heritage〜

第311回 ギリシャ ロードス島の中世都市 聖ヨハネ騎士団が築いたエーゲ海の城塞都市

第311回 ギリシャ

ロードス島の中世都市

聖ヨハネ騎士団が築いたエーゲ海の城塞都市

世界遺産|ロードス島の中世都市

Story

代ギリシア人の都市国家が造られ交易で栄えたロードス島は、エーゲ海の南に浮かぶ淡路島の2倍ほどの島。かつて港には太陽神ヘリオスの巨像が立ち、古代の世界の七不思議にも数えられていました。中世になると聖ヨハネ騎士団がこの島を占拠。堅固な城壁を築き城塞都市に仕立てました。まるごと世界遺産に登録されたロードス市の旧市街は、今も中世さながらの時を刻んでいるかのようです。

聖地エルサレムで巡礼者の医療活動を行っていた修道院が、十字軍の時代に軍事的な宗教騎士団となり、イスラム軍と戦った聖ヨハネ騎士団。しかし、13世紀に聖地を追われキプロス島へ。さらに1309年にロードス島へと退却を余儀なくされました。厚さ10mを超える城壁を4kmにわたり巡らせ、ここをイスラム世界への砦として聖地奪還を目指したのです。騎士団通りには各語族の騎士団の館が並び、奥には騎士団長の宮殿が聳えます。その重厚な造りからは常に敵の来襲に備えていたことが窺え、考古学博物館となっている当時の施療院の建物では、騎士団の日常の一端を偲ぶことができます。

2世紀もの間イスラム軍の攻撃を退け続けたものの、1522年に侵攻してきたオスマン帝国との戦いに敗れ、マルタ島に退くことになった聖ヨハネ騎士団。宮殿前の広場から城壁の上にのぼると眼下に広がる旧市街と海。今は地中海クルーズが立ち寄る穏やかな海に、オスマンの軍船が押し寄せていたかと思うと隔世の感があります。

続きを読む

聖地エルサレムで巡礼者の医療活動を行っていた修道院が、十字軍の時代に軍事的な宗教騎士団となり、イスラム軍と戦った聖ヨハネ騎士団。しかし、13世紀に聖地を追われキプロス島へ。さらに1309年にロードス島へと退却を余儀なくされました。厚さ10mを超える城壁を4kmにわたり巡らせ、ここをイスラム世界への砦として聖地奪還を目指したのです。騎士団通りには各語族の騎士団の館が並び、奥には騎士団長の宮殿が聳えます。その重厚な造りからは常に敵の来襲に備えていたことが窺え、考古学博物館となっている当時の施療院の建物では、騎士団の日常の一端を偲ぶことができます。

2世紀もの間イスラム軍の攻撃を退け続けたものの、1522年に侵攻してきたオスマン帝国との戦いに敗れ、マルタ島に退くことになった聖ヨハネ騎士団。宮殿前の広場から城壁の上にのぼると眼下に広がる旧市街と海。今は地中海クルーズが立ち寄る穏やかな海に、オスマンの軍船が押し寄せていたかと思うと隔世の感があります。

Photos

世界遺産|堅固な城壁の面影
▲中世に聖ヨハネ騎士団が築いた堅固な城壁の面影は今も残っています。
世界遺産|島の周囲
▲島の周囲は美しいエーゲ海に囲まれており、風光明媚な景観です。

Data

◆登録名:
ロードス島の中世都市
◆登録年:
1988年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
トルコ(イスタンブール)から飛行機で約50分
アテネから飛行機でサントリーニ島へ(約1時間)、サントリーニ島からフェリーで約8時間

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【福たびフェア2021】総額2021万円分のお年玉クーポンをプレゼント!クーポン獲得期間は1月31日まで!