トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落

|ルーマニア 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

世界遺産 〜The World Heritage〜

第294回 ルーマニア トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落 要塞教会を中心に 形成された中世の村々

第294回 ルーマニア

トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落

要塞教会を中心に 形成された中世の村々

世界遺産|トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落

Story

ルパチア山脈に囲まれたルーマニア中部のトランシルヴァニア地方には、ドイツ、ハンガリー系入植者の拓いた村が点在しています。オスマン帝国が勢力を拡大していた14~17世紀、彼らはその脅威に対抗するため、要塞の機能を備えた教会を中心に集落をつくりました。最盛期の1600年頃に600を数えた要塞教会は現在300余が残り、なかでも保存状態の良い7か所が世界遺産に登録されています。

その代表ともいえるのが、中世の城塞都市シギショアラの南西約30kmにあるビエルタン村です。この地は15~16世紀にはハンガリー王の支配地で、ドイツ系のザクセン人が入植し、堅固な共同体を形成しました。そしてオスマン帝国の侵攻から住民や財産を守るため、丘の上に建つ教会を要塞化し、堅牢な3重の防壁で守りを固めました。さらに教会の近くには穀物倉庫を建て、籠城戦にも耐えられる備えでした。4つの見張り塔をもつゴシック様式の教会内部は、色鮮やかな装飾板で飾られた中央祭壇、聖具室の扉にしつらえられた複雑で精巧な錠前など、往時の高度な技術を偲ばせる造作です。

幸いにもビエルタン村へのオスマン帝国の攻撃はなく、要塞教会と中世の家並みは現在まで姿をとどめることに。しかし1989年の革命をきっかけに、ドイツ系住民の多くは本国ドイツに移住するため村を去っていきました。要塞教会から村の風景を眺めると、赤い屋根の家々が静寂の中に佇み、波乱の歴史を語りかけてくるようです。

続きを読む

その代表ともいえるのが、中世の城塞都市シギショアラの南西約30kmにあるビエルタン村です。この地は15~16世紀にはハンガリー王の支配地で、ドイツ系のザクセン人が入植し、堅固な共同体を形成しました。そしてオスマン帝国の侵攻から住民や財産を守るため、丘の上に建つ教会を要塞化し、堅牢な3重の防壁で守りを固めました。さらに教会の近くには穀物倉庫を建て、籠城戦にも耐えられる備えでした。4つの見張り塔をもつゴシック様式の教会内部は、色鮮やかな装飾板で飾られた中央祭壇、聖具室の扉にしつらえられた複雑で精巧な錠前など、往時の高度な技術を偲ばせる造作です。

幸いにもビエルタン村へのオスマン帝国の攻撃はなく、要塞教会と中世の家並みは現在まで姿をとどめることに。しかし1989年の革命をきっかけに、ドイツ系住民の多くは本国ドイツに移住するため村を去っていきました。要塞教会から村の風景を眺めると、赤い屋根の家々が静寂の中に佇み、波乱の歴史を語りかけてくるようです。

Photos

世界遺産|トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落
▲ビエルタン村にある分厚い壁で守られた要塞聖堂
世界遺産|トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落
▲ゴシック式の建築様式である教会内部

Data

◆登録名:
トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落
◆登録年:
1993、1999
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
シギショアラからビエルタンまでタクシーで約30分

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み旅行・ツアー2018】夏休みの旅行はどこへ行こう!?お得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!