ウェブのお悩みガイド

世界遺産 〜The World Heritage〜

第323回 ネパール チトワン国立公園 希少な野生動物が生息する ネパールの亜熱帯の森

第323回 ネパール

チトワン国立公園

希少な野生動物が生息する ネパールの亜熱帯の森

チトワン国立公園

Story

界最高峰のエベレストを擁するネパールの観光といえば、まずヒマラヤの麓を歩くトレッキングを思い浮かべますが、1984年に世界遺産に登録されたチトワン国立公園は、インドとの国境付近のタライ平原にある亜熱帯の広大な草原や森。ベンガルトラ、インドサイなど絶滅が危惧される希少種が生息する野生動物の宝庫です。

チトワン国立公園は、かつて王室の狩猟場として保護されていたため、開発を免れた自然が手つかずのまま残されました。1973年にはネパール初の国立公園に指定され、軍の監視下で守られた約932㎢の園内に、40種を超える哺乳類、約40種の両生類や爬虫類、約450種の鳥類が確認されています。ジャングルウォーキング、バードウォッチングなど、自然を満喫できるアクティビティが豊富に用意されていますが、なかでもゾウに乗ってジャングルを進むエレファントサファリは、サイなどに遭遇する確率が高く、ゾウの背から安全に観察できるとあって人気。また、巨大なワニが生息する川をカヌーで下る、スリリングなツアーもチトワンならではでしょう。

川を挟んで公園の対岸に位置するソウラハ村をはじめ、周辺には先住民のタルー族や山地から移住してきたタマン族などの村が点在。調教されたゾウを見学できる村もあり、伝統の民族衣装や踊り、独特の暮らしぶりに出合える村巡りは、チトワンの魅力のひとつ。野生動物だけでなく、現地の人々とのふれあいも楽しい世界遺産です。

続きを読む

チトワン国立公園は、かつて王室の狩猟場として保護されていたため、開発を免れた自然が手つかずのまま残されました。1973年にはネパール初の国立公園に指定され、軍の監視下で守られた約932㎢の園内に、40種を超える哺乳類、約40種の両生類や爬虫類、約450種の鳥類が確認されています。ジャングルウォーキング、バードウォッチングなど、自然を満喫できるアクティビティが豊富に用意されていますが、なかでもゾウに乗ってジャングルを進むエレファントサファリは、サイなどに遭遇する確率が高く、ゾウの背から安全に観察できるとあって人気。また、巨大なワニが生息する川をカヌーで下る、スリリングなツアーもチトワンならではでしょう。

川を挟んで公園の対岸に位置するソウラハ村をはじめ、周辺には先住民のタルー族や山地から移住してきたタマン族などの村が点在。調教されたゾウを見学できる村もあり、伝統の民族衣装や踊り、独特の暮らしぶりに出合える村巡りは、チトワンの魅力のひとつ。野生動物だけでなく、現地の人々とのふれあいも楽しい世界遺産です。

Photos

世界遺産|ジープ・サファリ
▲ジープに乗って園内を走る「ジープ・サファリ」
世界遺産|ツノサイ・インドサイ
▲国立公園内に生息する生物(ツノサイ・インドサイ)

Data

◆登録名:
チトワン国立公園
◆登録年:
1984年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
バラトプルから車で約1時間

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【福たびフェア2021】総額2021万円分のお年玉クーポンをプレゼント!クーポン獲得期間は1月31日まで!