ウェブのお悩みガイド

世界遺産 〜The World Heritage〜

第331回 チュニジア ドゥッガ/トゥッガ ローマ帝国黄金時代の北アフリカの都市遺跡

第331回 チュニジア

ドゥッガ/トゥッガ

ローマ帝国黄金時代の北アフリカの都市遺跡

世界遺産|ドゥッガ遺跡

Story

ュニジアの首都チュニスから南西へ約100㎞。ドゥッガは北アフリカのローマ都市遺跡の中でも特に保存状態がよいといわれ、標高600mの丘の上に大規模な古代都市の遺構が展開。ローマ時代以前と、その後のビザンチン時代の歴史の痕跡も残されています。

ドゥッガとは「牧場」を意味し、紀元前3世紀にはチュニジア西部に興ったベルベル人の王国ヌミディアの要塞都市でした。当時は「トゥッガ」と呼ばれ、カルタゴの影響を受けながらも繁栄。この時代の遺構にカルタゴの将軍ハンニバルに対峙したヌミディアの指導者アテバンの廟があり、高さ21mの石塔がローマの都市遺跡の中にひっそりと建っています。紀元前46年ローマの支配下に入ると、2~4世紀にはローマの経済を支える農産物の集積地として発展しますが、ゲルマン族の侵入によって衰退。その後はビザンチン帝国の要塞都市に。やがて7世紀のイスラム教徒の侵攻により町は破壊されてしまいます。遺跡はフォルム(公共広場)を中心に古代ローマの神々を祀る神殿、凱旋門、闘技場、浴場、貯水場などが配され、ビザンチン時代にキリスト教会に変えられた神殿跡も見られます。

観客席が19段ある古代劇場の最上段から遺跡を俯瞰すれば、3世紀には5千とも1万ともいわれる人々が暮らしていた賑わいも今は昔。周囲に広がる小麦畑やオリーブ畑を渡る風が、穀倉地帯の中核都市として繁栄を極めたローマ時代の残り香を運んでくるようです。

続きを読む

ドゥッガとは「牧場」を意味し、紀元前3世紀にはチュニジア西部に興ったベルベル人の王国ヌミディアの要塞都市でした。当時は「トゥッガ」と呼ばれ、カルタゴの影響を受けながらも繁栄。この時代の遺構にカルタゴの将軍ハンニバルに対峙したヌミディアの指導者アテバンの廟があり、高さ21mの石塔がローマの都市遺跡の中にひっそりと建っています。紀元前46年ローマの支配下に入ると、2~4世紀にはローマの経済を支える農産物の集積地として発展しますが、ゲルマン族の侵入によって衰退。その後はビザンチン帝国の要塞都市に。やがて7世紀のイスラム教徒の侵攻により町は破壊されてしまいます。遺跡はフォルム(公共広場)を中心に古代ローマの神々を祀る神殿、凱旋門、闘技場、浴場、貯水場などが配され、ビザンチン時代にキリスト教会に変えられた神殿跡も見られます。

観客席が19段ある古代劇場の最上段から遺跡を俯瞰すれば、3世紀には5千とも1万ともいわれる人々が暮らしていた賑わいも今は昔。周囲に広がる小麦畑やオリーブ畑を渡る風が、穀倉地帯の中核都市として繁栄を極めたローマ時代の残り香を運んでくるようです。

Photos

世界遺産|ドゥッガ ベルベル人の廟
▲高さ21mのドゥッガの石塔
世界遺産|ドゥッガの円形劇場
▲古代劇場最上段からの眺め

Data

◆登録名:
ドゥッガ/トゥッガ
◆登録年:
1997年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
首都チュニスからテブルスークまでバスで約2時間、テブルスークから遺跡までタクシーで約20分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【福たびフェア2021】総額2021万円分のお年玉クーポンをプレゼント!クーポン獲得期間は1月31日まで!