トラピ宣伝部長 渡辺直美
トラピ宣伝部長 渡辺直美

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ウェブのお悩みガイド

ナスカ

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ナスカ|ペルー観光ガイド

ナスカの地上絵は、20世紀前半に米国の大学教授が飛行中に発見。ハチドリ、クモ、サルなど約30の具象的な絵柄と、300を超える直線や幾何学模様が確認されています。地上絵は地表の小石を取り除き、下の地肌を露出させて描かれており、保護のため立ち入ることはできません。

ナスカ|コンドル
巨大なハチドリはナスカの地上絵を代表する絵柄
巨大な地上絵 観察はミラドールから?セスナから?
地上で見ても全貌がわからない地上絵。ミラドール(観測塔)の上から、セスナに乗って上空から、そのスケールを体感!
ナスカ|セスナ
ハチドリ
ナスカ|ハチドリ
保存状態が良く、ナスカの地上絵を紹介する際によく登場する有名な鳥類の絵柄。大きさは96mほどです。
ペリカン
ナスカ|ペリカン
サギあるいはフラミンゴを描いたものともいわれる約285mの鳥の絵。ナスカの地上絵で最大の絵柄です。
クモ
ナスカ|クモ
農耕に関係した絵柄とされ、大きさは約46m。一説によると、アマゾンの熱帯雨林に生息する種類のクモとか。
サル
ナスカ|サル
尾が同心円状に渦巻いている面白い形をしたサル。全長は約110m。尾の部分が風雨により消えかかっています。
コンドル
ナスカ|コンドル
全長約136m。両翼を広げた雄大な姿で有名。他にもオウムなど、鳥をモチーフにした絵柄が多く見られます。
宇宙飛行士
ナスカ|宇宙飛行士
小高い丘の斜面に描かれた、大きさ約32mの不思議な絵。「地上絵の制作者は宇宙人」説はここから?
クジラ
ナスカ|クジラ
ペルー沖には生息していないはずのクジラは、大きさ約63m。地上絵には海の動物も描かれています。
ナスカ|ナスカ 地図
ミラドール
ナスカ|ミラドール
マリア・ライヘ女史が建造した観測塔のこと。約20mの高さから地上絵の「手」と「木」の一部が見られます。
パンアメリカン・ハイウエイ
ナスカ|パンアメリカン・ハイウエイ
地上絵が描かれたナスカ平原を横断。地上絵の発見以前に建設され、地上絵の一部が損なわれています。
砂漠のオアシス・ワカチナ
ナスカ|ワカチナ
▲見るも涼しい景色
イカから南西に約5km。砂丘に囲まれた静寂の湖が、幻想的な雰囲気を醸しだすワカチナは、まさに砂漠の中のオアシス。ヤシの木が茂る湖のほとりで、のんびりと過ごしてみては…。

ペルーのおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【ゴールデンウィーク特集】GWにおすすめの国内ツアーや宿泊プランをご紹介!