サナア旧市街

|イエメン 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

世界遺産 〜The World Heritage〜

第289回 イエメン サナア旧市街 旧約聖書ゆかりの 煉瓦の摩天楼都市

第289回 イエメン

サナア旧市街

旧約聖書ゆかりの 煉瓦の摩天楼都市

世界遺産|サナア旧市街

Story

約聖書「創世記」のノアの方舟物語によると、神の御告げに従い大洪水を生き抜いたノア。その息子によって拓かれたと伝わる世界最古の都市の一つ、それがアラビア半島南部、標高2,300mの高原に広がるイエメンの首都サナアです。旧市街は高さ12mの城壁に囲まれ、「煉瓦の摩天楼」と呼ばれる往古の面影を今に伝えています。

64のミナレット(尖塔)がそびえ立ち、630年創建の大モスクをはじめ100以上のモスクが点在するサナアの旧市街には、その数6,500棟ともいわれる、日干し煉瓦を積み上げ窓枠に白い漆喰を施した独特の高層家屋が密集。なかには高さ50mに及ぶものもあり、数百年、古いものでは1000年以上も使い続けられてきました。古来、交易で栄えたサナアは抗争に巻き込まれやすく、外敵から護るためこのような居住になったのだとか。城壁に唯一残るイエメン門を入ると、そこはスーク(市場)。ジャンビーア(短剣)を腰に差した男性や、全身に黒装束をまとい顔をヒジャーブ(覆面)で覆った女性が行き交い、中世のアラブに迷い込んだ心地がします

古代ローマ人が「幸福のアラビア」と称えたイエメンも、今は危機にさらされています。長く続く紛争により、旧市街の一部が被害を受けるなどしたため、2015年に危機遺産に登録されました。美しい摩天楼都市が、このまま次代へ受け継がれることを願いたいものです。

続きを読む

64のミナレット(尖塔)がそびえ立ち、630年創建の大モスクをはじめ100以上のモスクが点在するサナアの旧市街には、その数6,500棟ともいわれる、日干し煉瓦を積み上げ窓枠に白い漆喰を施した独特の高層家屋が密集。なかには高さ50mに及ぶものもあり、数百年、古いものでは1000年以上も使い続けられてきました。古来、交易で栄えたサナアは抗争に巻き込まれやすく、外敵から護るためこのような居住になったのだとか。城壁に唯一残るイエメン門を入ると、そこはスーク(市場)。ジャンビーア(短剣)を腰に差した男性や、全身に黒装束をまとい顔をヒジャーブ(覆面)で覆った女性が行き交い、中世のアラブに迷い込んだ心地がします

古代ローマ人が「幸福のアラビア」と称えたイエメンも、今は危機にさらされています。長く続く紛争により、旧市街の一部が被害を受けるなどしたため、2015年に危機遺産に登録されました。美しい摩天楼都市が、このまま次代へ受け継がれることを願いたいものです。

Photos

世界遺産|大モスク
▲数多くのモスクの中でも一際存在感のある630年創建の大モスク
世界遺産|旧市街地
▲独特の高層家屋が密集するサナアの旧市街地

Data

◆登録名:
サナア旧市街
◆登録年:
1986年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
サヌア国際空港から車で約40分

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始旅行・ツアー2018-2019】年末年始のお得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!