ハンザ同盟都市リューベック

|ドイツ 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

世界遺産 〜The World Heritage〜

第284回 ドイツ ハンザ同盟都市リューベック 北海・バルト海に君臨したハンザ同盟の盟主

第284回 ドイツ

ハンザ同盟都市リューベック

北海・バルト海に君臨した ハンザ同盟の盟主

世界遺産|ハンザ同盟都市リューベック

Story

13~14世紀に北海、バルト海を中心とする貿易を独占し、繁栄を極めたハンザ同盟都市。ハンザ同盟は北ドイツの諸都市を中心に結成された自由都市の連合体で、その盟主がリューベックでした。トラヴェ川とトラヴェ運河に囲まれた旧市街全域が世界遺産に登録され、「ハンザの女王」と呼ばれた往時の面影を今に伝えています。

1143年に建設されたリューベックは、13世紀には神聖ローマ皇帝に認められた自由都市としてハンザ同盟を率い、タラやニシンなどの貿易で莫大な利益を上げました。そのシンボルが旧市街の入口にあるホルステン門。町の防衛のため1478年に建造された2つの尖塔を持つ堅牢な門です。旧市街に足を踏み入れると、かつてハンザ同盟の会議が行われたマルクト広場に建つ市庁舎、ドイツ初の福祉施設である聖霊病院、バッハが訪れたというマリエン教会などの歴史的建造物が建ち並びます。また、リューベックは1929年にノーベル文学賞を受賞したトーマス・マンの出生地。代表作「ブッデンブローク家の人々」の舞台となった家が博物館として公開されています。

最盛期には200を超える都市が加盟し、艦隊を擁し国王さえも凌ぐといわれたハンザ同盟の絶大な勢力も、やがて近代国家の形成に伴って徐々に衰え、17世紀には終焉を迎えます。しかし、リューベックに残されたゴシックの建築群と人々の心の中には、今も13世紀から400年以上続いたハンザ同盟の栄光と誇りが生き続けています。

続きを読む

1143年に建設されたリューベックは、13世紀には神聖ローマ皇帝に認められた自由都市としてハンザ同盟を率い、タラやニシンなどの貿易で莫大な利益を上げました。そのシンボルが旧市街の入口にあるホルステン門。町の防衛のため1478年に建造された2つの尖塔を持つ堅牢な門です。旧市街に足を踏み入れると、かつてハンザ同盟の会議が行われたマルクト広場に建つ市庁舎、ドイツ初の福祉施設である聖霊病院、バッハが訪れたというマリエン教会などの歴史的建造物が建ち並びます。また、リューベックは1929年にノーベル文学賞を受賞したトーマス・マンの出生地。代表作「ブッデンブローク家の人々」の舞台となった家が博物館として公開されています。

最盛期には200を超える都市が加盟し、艦隊を擁し国王さえも凌ぐといわれたハンザ同盟の絶大な勢力も、やがて近代国家の形成に伴って徐々に衰え、17世紀には終焉を迎えます。しかし、リューベックに残されたゴシックの建築群と人々の心の中には、今も13世紀から400年以上続いたハンザ同盟の栄光と誇りが生き続けています。

Photos

ハンザ同盟都市リューベック ホルステン門
▲リューベックのシンボルとも言え、旧市街の入口にあるホルステン門
ハンザ同盟都市リューベック 街並み
▲「ハンザの女王」と呼ばれるほど美しいリューベックの街並み

Data

◆登録名:
ハンザ同盟都市リューベック
◆登録年:
1987年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
ハンブルク中央駅からリューベック中央駅までREで約45分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み旅行・ツアー2018】夏休みの旅行はどこへ行こう!?お得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!