ラサのポタラ宮歴史地区

|中国 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ゆうちょ銀行貯金口座自動払込サービス

世界遺産 〜The World Heritage〜

第290回 中国 ラサのポタラ宮歴史地区:天空の聖都に残された 壮麗な宮殿群と寺院

第290回 中国

ラサのポタラ宮歴史地区

天空の聖都に残された 壮麗な宮殿群と寺院

世界遺産|ラサのポタラ宮歴史地区:天空の聖都に残された 壮麗な宮殿群と寺院

Story

国チベット自治区の区都ラサ。富士山の頂に近い高度に位置する、この天空の都には、チベットの聖域にしてダライ・ラマの宮殿であったポタラ宮、離宮ノルブリンカ、巡礼者が引きも切らないチベット仏教の総本山ジョカン、3つの建築物が世界遺産に登録されています。

標高3,700m、ラサのマルポリ(紅山)に建つポタラ宮は、7世紀にソンツェン・ガンポによって築かれた宮殿跡を拡張・改修し、1642年にダライ・ラマ5世が建造。ポタラとは観音菩薩が住むという補陀落のサンスクリット名に由来し、高さ117m、外観13層、建築面積1万3,000㎡に及ぶ、世界最大級の単体建築です。約1,000部屋を有し、極彩色の壁画や彫刻などで飾られた内部は、まさにチベット美術の粋。ダライ・ラマの政務の場であった白宮と仏を祀る紅宮に分かれ、紅宮には金箔で覆われ宝石を散りばめた歴代ダライ・ラマの霊塔が並び、ミイラとなったダライ・ラマたちが永久の眠りについています。ダライ・ラマ7世が1755年に建立した夏の離宮ノルブリンカは公園として開放され、チベット仏教の最高の巡礼地ジョカンには、祈りを捧げようとチベット全域から巡礼者が訪れます。

1959年のチベット動乱により、ダライ・ラマ14世がインドへ亡命し、ポタラ宮とノルブリンカから政治と宗教の最高権威は姿を消しました。しかし、チベット人の尊崇の念は変わらず、巡礼者はジョカンで、両膝・両肘・額を地につけ祈る五体投地を繰り返します。

続きを読む

標高3,700m、ラサのマルポリ(紅山)に建つポタラ宮は、7世紀にソンツェン・ガンポによって築かれた宮殿跡を拡張・改修し、1642年にダライ・ラマ5世が建造。ポタラとは観音菩薩が住むという補陀落のサンスクリット名に由来し、高さ117m、外観13層、建築面積1万3,000㎡に及ぶ、世界最大級の単体建築です。約1,000部屋を有し、極彩色の壁画や彫刻などで飾られた内部は、まさにチベット美術の粋。ダライ・ラマの政務の場であった白宮と仏を祀る紅宮に分かれ、紅宮には金箔で覆われ宝石を散りばめた歴代ダライ・ラマの霊塔が並び、ミイラとなったダライ・ラマたちが永久の眠りについています。ダライ・ラマ7世が1755年に建立した夏の離宮ノルブリンカは公園として開放され、チベット仏教の最高の巡礼地ジョカンには、祈りを捧げようとチベット全域から巡礼者が訪れます。

1959年のチベット動乱により、ダライ・ラマ14世がインドへ亡命し、ポタラ宮とノルブリンカから政治と宗教の最高権威は姿を消しました。しかし、チベット人の尊崇の念は変わらず、巡礼者はジョカンで、両膝・両肘・額を地につけ祈る五体投地を繰り返します。

Photos

ラサのポタラ宮歴史地区
▲約1,000部屋を有し単体としては世界でも最大級の建築物
ラサのポタラ宮歴史地区
▲様々な草花が植えられている夏の離宮ノルブリンカ

Data

◆登録名:
ラサのポタラ宮歴史地区
◆登録年:
1994、2000、2001
◆分類:
文化遺産

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【福たびフェア】年に一度の開催!目玉商品やお得なツアーが続々登場中!