ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑

|ポーランド 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

世界遺産 〜The World Heritage〜

第282回 ポーランド ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑 世界最古級の岩塩坑に残る岩塩の彫像と礼拝堂

第282回 ポーランド

ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑

世界最古級の岩塩坑に残る岩塩の彫像と礼拝堂

世界遺産|ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑

Story

ーランドの旧都クラクフの南東15kmにあるヴィエリチカ岩塩坑は700年以上の歴史を誇り、クラクフ歴史地区とともに1978年に世界で初めて世界遺産に登録された12件のひとつ。2013年には範囲が拡大され、30km東にあるボフニャ岩塩坑が世界遺産に加わりました。

ヴィエリチカ岩塩坑は13世紀に本格的な採掘が始まり、深さ300m以上、総延長300km以上に達する坑道が、地下9層にわたって広がっています。このうち地下3層135mまでが一般に公開されていて、床も壁も天井も岩塩の坑道を巡れば、生々しい採掘の様子を再現した人形が現れ、坑夫たちが採掘道具を使って彫ったという岩塩の精巧な彫像が目に飛び込んできます。坑内には採掘後の空間を利用して造られた礼拝堂がいくつかありますが、なかでも聖キンガ礼拝堂は圧巻。祭壇も壁に彫られたレリーフも、坑夫たちが作業の安全を祈って岩塩をひとつひとつ彫り出したもの。この地にはハンガリーのキンガ姫がポーランド王家に嫁ぐ途中、泉に投じた指輪がヴィエリチカの岩塩の層とともに現れたとの伝説があり、天井で光を放つ塩の結晶でできたシャンデリアが、坑内を神秘的な輝きでつつみます。

14世紀には国家財源の30%を占め、ポーランド王国の最盛期を支えたとされるヴィエリチカ岩塩坑も、1996年には商業採掘を中止。現在は多くの観光客が訪れ、地下ホールでは結婚式や舞踏会、コンサートなども催され、新たな賑わいの空間に生まれ変わっています。

続きを読む

ヴィエリチカ岩塩坑は13世紀に本格的な採掘が始まり、深さ300m以上、総延長300km以上に達する坑道が、地下9層にわたって広がっています。このうち地下3層135mまでが一般に公開されていて、床も壁も天井も岩塩の坑道を巡れば、生々しい採掘の様子を再現した人形が現れ、坑夫たちが採掘道具を使って彫ったという岩塩の精巧な彫像が目に飛び込んできます。坑内には採掘後の空間を利用して造られた礼拝堂がいくつかありますが、なかでも聖キンガ礼拝堂は圧巻。祭壇も壁に彫られたレリーフも、坑夫たちが作業の安全を祈って岩塩をひとつひとつ彫り出したもの。この地にはハンガリーのキンガ姫がポーランド王家に嫁ぐ途中、泉に投じた指輪がヴィエリチカの岩塩の層とともに現れたとの伝説があり、天井で光を放つ塩の結晶でできたシャンデリアが、坑内を神秘的な輝きでつつみます。

14世紀には国家財源の30%を占め、ポーランド王国の最盛期を支えたとされるヴィエリチカ岩塩坑も、1996年には商業採掘を中止。現在は多くの観光客が訪れ、地下ホールでは結婚式や舞踏会、コンサートなども催され、新たな賑わいの空間に生まれ変わっています。

Photos

世界遺産|ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑
▲ヴィエリチカ岩塩坑内にあるマリアとイエスのレリーフ
世界遺産|ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑
▲シャンデリアの輝きを放つ聖キンガ礼拝堂

Data

◆登録名:
ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑
◆登録年:
1978・2013年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
クラクフ中央駅からWieliczka Rynek Kopalnia駅まで電車で移動し、Wieliczka Rynek Kopalnia駅からは徒歩で約10分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始旅行・ツアー2018-2019】年末年始のお得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!