セレンゲティ国立公園

|タンザニア 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

世界遺産 〜The World Heritage〜

第283回 タンザニア セレンゲティ国立公園 ヌーの大群が大移動する果てしなく広がる平原

第283回 タンザニア

セレンゲティ国立公園

ヌーの大群が大移動する果てしなく広がる平原

世界遺産|セレンゲティ国立公園

Story

地を覆い尽くすヌーの群れが、列をなして次々に濁流に飛び込み懸命に対岸を目指す。テレビのドキュメンタリー番組などで一度は目にしたことのある光景が毎年繰り広げられる舞台、それがタンザニア北部、1981年に登録された世界遺産セレンゲティ国立公園です。

セレンゲティとはマサイの言葉で「果てしなく広がる平原」を意味し、その名の通りキリマンジャロの裾野に広がる広大なサバンナ。面積1万4,763㎢の国立公園内には約300万頭の哺乳類が生息し、なかでも150万頭ものヌーの大群の大移動はセレンゲティ最大の見もの。雨季が終わり乾季が始まろうとする5~6月頃、出産と子育てを終えたヌーたちは、草を求めて一斉にケニア側のマサイマラ国立保護区へ移動を開始。雨季が始まる12~1月頃に再びセレンゲティへ大挙して戻ってきます。ケニアとの国境に近いマラ川周辺ではライオン、ハイエナ、チーター、ヒョウなどの肉食獣が待ち受け、水かさを増した川にはワニがひそみ、群れからはぐれたり、激流に溺れるヌーが犠牲になる、そこはまさに弱肉強食の世界です。

国境を越えて1,500kmの大移動を繰り返すヌーの大群だけでなく、ヌーとともに移動するシマウマの群れ、ゾウやキリン、バッファローなどの大型哺乳類、500種もの鳥類など、多種多様な生き物たちが生息するセレンゲティは地球上でも稀な場所。本能に従って生きる動物たちの、壮絶な野生の営みを垣間見ることができるでしょう。

続きを読む

セレンゲティとはマサイの言葉で「果てしなく広がる平原」を意味し、その名の通りキリマンジャロの裾野に広がる広大なサバンナ。面積1万4,763㎢の国立公園内には約300万頭の哺乳類が生息し、なかでも150万頭ものヌーの大群の大移動はセレンゲティ最大の見もの。雨季が終わり乾季が始まろうとする5~6月頃、出産と子育てを終えたヌーたちは、草を求めて一斉にケニア側のマサイマラ国立保護区へ移動を開始。雨季が始まる12~1月頃に再びセレンゲティへ大挙して戻ってきます。ケニアとの国境に近いマラ川周辺ではライオン、ハイエナ、チーター、ヒョウなどの肉食獣が待ち受け、水かさを増した川にはワニがひそみ、群れからはぐれたり、激流に溺れるヌーが犠牲になる、そこはまさに弱肉強食の世界です。

国境を越えて1,500kmの大移動を繰り返すヌーの大群だけでなく、ヌーとともに移動するシマウマの群れ、ゾウやキリン、バッファローなどの大型哺乳類、500種もの鳥類など、多種多様な生き物たちが生息するセレンゲティは地球上でも稀な場所。本能に従って生きる動物たちの、壮絶な野生の営みを垣間見ることができるでしょう。

Photos

世界遺産|セレンゲティ国立公園
▲大移動を繰り返すヌーの大群が列をなして次々に濁流に飛び込む
世界遺産|セレンゲティ国立公園
▲キリマンジャロの裾野に広がる広大なサバンナはまさに圧巻の風景

Data

◆登録名:
セレンゲティ国立公園
◆登録年:
1981年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
キリマンジャロ国際空港から車で約6時間

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始旅行・ツアー2018-2019】年末年始のお得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!