山形の観光

|東北観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社のおせち

山形

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

山形|東北観光ガイド

▲芭蕉が足跡を残した最上川、山寺の山門、朝日連峰
■霊峰、名峰と江戸の名残をとどめる町々

古くは出羽国と呼ばれた山形県。神仏習合時代の名残を今にとどめる出羽三山は、古来、全国有数の霊場でした。酒田の豪商・本間家は、かつて江戸や大阪との交易で隆盛を極め、「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」と謳われたほど。

その殿様・酒井氏の居城があった鶴岡は、風情ある城下町。一方、県庁所在地の山形市は近代都市。東には樹氷と温泉で知られる蔵王連峰がそびえます。

山形|山形県 地図
旅のプチカフェ 芭蕉と「奥の細道」
山形|山寺
▲山寺(立石寺)
元禄2年、松尾芭蕉は「奥の細道」紀行の途次、蝉の声降りしきる山寺に詣で、最上川下りの船客となり、出羽三山に登り、各所で名句を詠んでいます。芭蕉の名所旧跡を訪ねる旅も楽しみです。
山形
山形|山形・文翔館
東に蔵王連峰、西に朝日連峰を望む山形県の県庁所在地。最上氏が12代にわたり治めた城下町で、霞城公園は代々の居城跡です。
山寺
山形|山寺
貞観2年、慈覚大師が開山した名刹で、正式名は立石寺。芭蕉が詠んだ「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句は、あまりにも有名。
天童
山形|天童温泉・足湯
将棋駒の生産量日本一を誇り、春には桜の名所の舞鶴公園で人間将棋が催されます。温泉郷としても県内屈指の規模。
出羽三山・羽黒山
山形|出羽三山・羽黒山
標高414mの頂上に建つ三神合祭殿に詣でれば、月山や湯殿山も拝んだことになるといわれます。老杉の中に建つ五重塔は国宝。
鶴岡
山形|鶴岡公園
庄内藩酒井氏14万石の城下町。旧藩校の致道館や歴史薫る町並みが城下町の面影を今に伝え、居城跡の鶴岡公園は桜の名所。
蔵王
山形|蔵王ロープウェイ フニテル
全国に名高い山形蔵王。その麓、標高900mの地には蔵王温泉が湧きでています。冬は樹氷を見ることができ、蔵王観光やスキーの基地として賑わっています。
米沢
山形|米沢・上杉神社
伊達政宗が生まれ、江戸時代は、上杉氏30万石の城下町として栄えた地。米沢城跡の上杉神社には、上杉謙信が祀られています。
最上川
山形|最上川
日本三大急流のひとつ。古口〜草薙温泉の間で舟下りが楽しめ、船頭が唄う最上川舟歌を聞きながら、芭蕉の気分が味わえます。
出羽三山・湯殿山
山形|出羽三山・湯殿山
出羽三山の奥の院にあたる標高1,504mの霊山。湯殿山神社の御神体は霊湯の湧き出る巨岩で、古より崇められてきました。
酒田
山形|酒田・山居倉庫
江戸時代に日本海海運の要衝として栄え、豪商の旧宅が繁栄ぶりを伝えます。また、山居倉庫は米どころ庄内のシンボル。

東北旅行のおすすめツアーはこちら

おすすめの宿はこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

山形の観光|東北観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved