韓国入国・出国

|韓国観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社のおせち

韓国入国・出国

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

韓国入国・出国|韓国観光ガイド

フライト・飛行時間

日本からソウルまでの飛行時間は、約2時間〜2時間30分。日本との時差もないので、国内旅行感覚で気軽に海外の旅が楽しめます。

■直行便・経由便
日本の各都市からソウル、釜山、済州島への定期便が運行。
■羽田が便利!
羽田からもソウル(金浦)への直行便が1日8便以上運行しており、所要時間は約2時間25分。東京近郊や神奈川在住の人には便利です。
キャリーバック

韓国への入国

入国手続きに必要な「入国カード(ARRlVAL CARD)」や「税関申請書」が機内(船内)で配られるので、必ず受け取り、その場で記入しておきましょう。

■パスポート残存有効期限
入国時3カ月以上有効なパスポートが必要。旅行が決まったら必ず確認しておきましょう。
■ビザの発給
90日以内の観光や短期語学研修はビザ不要。滞在期間が90日を超える場合は、在日韓国大使館か領事館でビザの申請手続きを。
■入国カードとは?
パスポートとともに入国審査の際に必要です。予め機内(船内)で記入し、入国時に提出のこと。
※日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件です。
※ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認ください。
  • 大韓航空エコノミークラス/イメージ
  • ▲機内で入国の準備を
韓国入国の流れ
1.入国審査
外国人専用のカウンターに並び、審査官にパスポートと入国カードを提示して入国審査を受けます。日本語を話す係官がいるので、心配はいりません。
2.荷物の受け取り
自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されたターンテーブルで、日本出発の際に預けた荷物を受け取ります。
3.税関検査
韓国に入国する旅行者には、税関申告書の提出が義務付けられています。予め機内(船内)で記入した税関申告書を係員に渡し、荷物の検査を受けます。

韓国出国の流れ

出発時刻の2時間前には搭乗手続きが始まるので、余裕を持って空港へ。出国審査を済ませたら、免税店で買い忘れたおみやげなど、最後のショッピングを。

韓国出国の流れ
1.搭乗手続き(チェックイン)
航空会社の自分が利用するクラスのカウンターに並び、航空券とパスポートを提出し、荷物を預け、搭乗券を受け取ります。
2.手荷物検査
係官に搭乗券を提示し、手荷物検査とボディチェックを受けます。機内持ち込み荷物は、ポーチなどの小さなバッグもすべて見せましょう。
3.出国審査
外国人用の出国窓口に並び、係官にパスポートを提示し、審査を受けます。時期によって混み合う場合もあるので、余裕を持って受けましょう。
快適なビジネスクラスで
約2時間〜2時間30分のフライトでも、海外への旅は緊張するもの。ビジネスクラスなら、快適空間と上質のサービスでゆったりと韓国へ。
  • アシアナ航空ビジネスクラス
  • ゆとりのビジネスクラス
船で韓国へ行くときは…
海路で韓国に入国する場合は、入国審査のほかにX線による手荷物検査と、金属探知器によるボディチェックがあります。
  • 関釜フェリー
  • 日本から船がでている

韓国のおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

現地生情報
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

韓国入国・出国|韓国観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved