昌徳宮

|韓国 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第71回 韓国 昌徳宮 自然と一体を成す庭苑と 艶やかな王朝建築

第71回 韓国

昌徳宮

自然と一体を成す庭苑と 艶やかな王朝建築

世界遺産|昌徳宮

Story

氏朝鮮王朝500年の都ソウルにある五大王宮の一つ、昌徳宮(チャンドックン)。第3代王太宗によって1405年に建てられた離宮ですが、正宮である景福宮が焼失したため、270年の長きにわたってここで政務が行われました。王朝時代の栄華を色濃く残しながらも、王宮にありがちな華美なところがなく、周囲の自然と調和した建物や庭園の配置が絶妙です。

他の王宮と同様に、昌徳宮も敦化門を残して、文禄・慶長の役(1592〜1598年)で大半が焼失。1611年に再建された後も、何度も火災に見舞われ、その度に修復を繰り返すという波乱の歴史を送ってきました。それでも、五大宮の中では比較的保存状態がよく、色彩も鮮やかな木造建築の数々は、当時そのままの風雅な雰囲気を漂わせています。

東西500m南北800mに及ぶ、広大な敷地に建つ宮殿は13棟。昌徳宮の正殿である仁政殿、執務の行われた青い瓦の宣政殿、日本の皇室から朝鮮王家に嫁いだ方子が晩年を過ごした楽善斎などが主な見どころです。北側一帯を占める秘苑(ピウォン)は、韓国の伝統的な造園技術の粋を集めた庭園。自然林や池をそのまま生かした中に、歴代の王が建てた小楼閣がいくつも点在しています。四季折々の景観が美しく、秋の紅葉はことのほか見事です。

続きを読む

他の王宮と同様に、昌徳宮も敦化門を残して、文禄・慶長の役(1592〜1598年)で大半が焼失。1611年に再建された後も、何度も火災に見舞われ、その度に修復を繰り返すという波乱の歴史を送ってきました。それでも、五大宮の中では比較的保存状態がよく、色彩も鮮やかな木造建築の数々は、当時そのままの風雅な雰囲気を漂わせています。

東西500m南北800mに及ぶ、広大な敷地に建つ宮殿は13棟。昌徳宮の正殿である仁政殿、執務の行われた青い瓦の宣政殿、日本の皇室から朝鮮王家に嫁いだ方子が晩年を過ごした楽善斎などが主な見どころです。北側一帯を占める秘苑(ピウォン)は、韓国の伝統的な造園技術の粋を集めた庭園。自然林や池をそのまま生かした中に、歴代の王が建てた小楼閣がいくつも点在しています。四季折々の景観が美しく、秋の紅葉はことのほか見事です。

Photos

昌徳宮月灯り紀行
▲満月の頃に昌徳宮を散策できるイベント「昌徳宮月灯り紀行」
世界遺産|仁政殿
▲壁面にモザイク模様などが施された華麗な正殿・仁政殿

Data

◆登録名:
昌徳宮
◆登録年:
1997年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
安国駅から徒歩約3分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

昌徳宮|韓国 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved