阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

中国入国・出国

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

中国入国・出国|中国観光ガイド

フライト・飛行時間

日本の主要都市から、北京、上海など中国の主要都市へは2時間〜4時間前後。わずか1時間の時差なので、時差ぼけの心配もありません。

■直行便・経由便
羽田、成田、関空をはじめ、中部、福岡、札幌、仙台、広島、那覇などから、北京、上海のほか、天津、重慶、杭州、成都、昆明、桂林、広州、西安、瀋陽、大連などへ直行便・経由便が運航。
■機内への持ち込み
原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm 以内。テロ対策で厳しくなっているので、爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。液体は100ml以下の容器に移して透明な袋に入れましょう。
キャリーバック

中国への入国

15日以内の観光なら、パスポート(有効残存期間が入国時6ヶ月以上あるのが望ましい)を所持していれば、日本国籍の人はビザは不要。

■パスポート残存有効期限
パスポートの有効残存期間が入国時6ヶ月以上あるのが望ましい。一般旅券所持者は、15日以内であればビザ不要。
■ビザの発給
16日以上滞在する場合は、パスポートと写真を用意してビザを申請します。申請は中国大使館か総領事館へ。観光用ビザの個人申請はできないので、旅行会社に依頼します。料金は手数料込みで5,000円くらいから。
■出入国カードとは?
パスポートとともに入国審査の際に必要です。あらかじめ機内(船内)で記入し、入国時に提出のこと。
※日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件です。
※ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認ください。
  • 北京首都国際空港
  • ▲広い北京首都国際空港
中国入国の流れ
1.入国審査
外国人専用のカウンターに並び、審査官にパスポートと出入国カードを提示。返却してくれる出入国カードの左半分が出国カードになります。
2.荷物の受け取り
日本出発の際に手荷物を預けた人は、自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されたターンテーブルで受け取ります。
3.税関
あらかじめ機内(船内)で記入した税関申告書を係員に渡し、荷物の検査を受けます。免税の人は緑ランプの台へ、申告するものがある人は赤ランプの台へ。

中国出国の流れ

出発時刻の72時間前までに、航空会社に電話でリコンファーム(予約の再確認)が必要。日系航空会社をはじめ、リコンファームが必要ない航空会社もあります。

中国出国の流れ
1.搭乗手続き(チェックイン)
航空会社の自分が利用するクラスのカウンターに並び、航空券とパスポートを提出し、荷物を預け、搭乗券を受け取ります。
2.税関手続き
税関申告書に必要事項を記入し、免税の人は緑ランプの台へ、申告するものがある人は赤ランプの台へ進み、検査を受けます。
3.出国審査
外国人用の出国窓口に並び、係官にパスポートと出国カードを提示し、出国審査を終えたら、手荷物検査とボディチェックを受けます。
快適なビジネスクラスで
2〜3時間のフライトでも空の旅は緊張するもの。海外となればなおさら。広々シートと充実したサービスのビジネスクラスで、ゆったりと中国への旅を。
  • 中国国際航空ビジネスクラス
  • ゆとりのビジネスクラス
中国語であいさつ
簡単な言葉を覚えて、コミュニケーション。
・こんにちは:ニイハオ
・さようなら:ツァイチェン
・ありがとう:シェシェ
・おいしい:ハオチー
  • 旅行会話
  • 中国語にチャレンジ

中国のおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始旅行・ツアー2018-2019】年末年始のお得なツアーや海外航空券・ホテル、国内宿泊まで盛り沢山!