阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

オーストラリア国内交通事情

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

オーストラリア国内交通事情|オーストラリア観光ガイド

オーストラリアの国内交通事情

広大な大陸を効率よく巡るには飛行機が便利。コストを考えるなら長距離バスが経済的。鉄道は雄大な車窓風景を優雅に楽しみたい旅行者に人気があります。

■オーストラリアの鉄道

路線図
・インターステイトとイントラステイト
国営のレール・オーストラリアが運営し、州と州を結ぶインターステイトと、各州内を走るイントラステイトがあります。
・ザ・ガン
アデレードからアリススプリングスを経由してダーウィンまで、2泊3日で駆け抜ける人気の長距離列車。
  • ザ・ガン号
  • 長距離列車「ザ・ガン」
・その他の鉄道
約478kmの直線区間が圧巻のインディアン・パシフィック、シドニーと世界遺産のブールマウンテンズを結ぶシティ・レール・ブルーマウンテンズ線、熱帯雨林の渓谷を走るキュランダ鉄道、蒸気機関車パッフィン・ビリー鉄道、パースと港町フリーマントルを結ぶトランスパース・フリーマントル線などがあります。
  • キュランダ鉄道
  • ▲渓谷を走るキュランダ鉄道
・飛行機
カンタス航空が全土を広くカバー。ヴァージンブルー航空、ジェットスターは路線数や便数は少ないものの、低価格が魅力です。
・長距離バス
グレイハウンド・パイオニア・オーストラリアが全土を網羅。地元の人たちや長期の旅行者に、経済的な交通手段として盛んに利用されています。
  • フェリー
  • ▲フェリーでの移動も
・フェリー
シドニーまたはメルボルンからタスマニアへ「スピリット・オブ・タスマニア」が運航。5タイプの船室があり、レストラン、バーなども整っています。

■シドニーの交通手段

・シティ・レール
市内と郊外を結ぶ2階建て車両の列車で、市内は地下を走り、郊外は地上を走ります。市内観光には中心部をぐるりと走るシティ・サークルが便利。
  • モノレール
  • ▲景色も楽しめるモノレール
・メトロ・ライト・レール、メトロ・モノレール
メトロ・ライト・レールは、電力で路面を走るトラムタイプの新しい交通機関でシティからダーリングハーバーの観光に便利。メトロ・モノレールは、シティ・ダーリングハーバー、チャイナタウンを約15分で1周するモノレール。
・シドニー・バス
市内をくまなく路線が走り、1日乗り放題のチケット「バス・トリッパー」などもあり、使いこなせれば便利な交通手段。
・タクシー
流しのタクシーが多いので便利。空車は車体の上の「TAXI」ランプが点灯。乗る時には自分でドアを開けて乗り、1人の場合は助手席に乗ること。

■レンタカー

  • ゴールドコースト街並み
  • ▲日本と同じ左車線走行
日本と同じ左車線走行(右ハンドル)なので、運転はしやすいでしょう。郊外の旅には行動範囲が広がり楽しさも倍増。ただしウィンカーとワイパーの位置が左右逆なので注意しましょう。

オーストラリアのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • エアーズロック
    「ウルル」の神秘

    日本の20倍もの面積をもつスケールの大きなオーストラリア。大らかな人や世界最大級の世界遺産が多いのはお国柄でしょうか。観光局の方々にオーストラリアの魅力をたっぷり伺いました。

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください