阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

オーストラリア 乗り物

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

オーストラリア 乗り物|オーストラリア観光ガイド

荒野を突っ走る鉄道の旅へ
ザ・ガン
1929年、アデレード〜アリススプリングス間の開通以来中断されていた、オーストラリア大陸を南北に結ぶ鉄道が、砂漠を切り開く難工事の末、ダーウィンまで開通。2004年2月に運行を開始しました。
クリックするとザ・ガン号の見どころがご覧いただけます▼
ザ・ガンの旅
ザ・ガン号は、アデレードから広大な荒野を走り、大陸中央のアリススプリングスへ。さらにキャサリン渓谷を経由し、ノーザン・テリトリーのダーウィンまで2泊3日で駆け抜けます。
ザ・ガン 車内
キュランダ観光鉄道とスカイレール
キュランダ観光鉄道
ケアンズからクラシックな列車で熱帯雨林の渓谷を走り高原の町へ。ゴンドラで熱帯雨林を散策できます。
スカイレール
インディアン・パシフィック
パッフィン・ビリー鉄道
走行距離約4.352km。東のシドニーと西のパースを3泊4日で結ぶオーストラリア最長の鉄道。世界最長の直線距離約478kmを、約11時間かけて走るナラボー平原は圧巻。
シーニック・レイルウェイ
シーニック・レイルウェイ
最高斜度52度、世界一急勾配といわれるスリル満点のトロッコ列車。シドニー郊外のブルー・マウンテンズで楽しめます。
まだまだある! 乗れば楽しい意外な乗り物
便利なシドニー巡回バス
シドニー・エクスプローラー
市内循環バスのシドニー・エクスプローラーと、海岸線を爽快に走るボンダイ・エクスプローラーがあり、どちらも旅行者に便利。
▲観光の強い味方
シドニー・フェリー
シドニー・フェリー
サーキュラー・キーから出港。市民の足として利用されていますが、海上からの眺めが素晴らしく、旅行者にも人気。
▲シドニーの美しい眺め
びっくり! 水陸両用車
水陸両用車
ゴールドコーストで楽しめる人気のアトラクション。水陸両用車で街を走り、そのまま水しぶきをあげて内海をクルーズ。
▲水の上をスイスイ
パッフィン・ビリー鉄道
メルボルン郊外の豊かな森につつまれたダンデノン丘陵を走る蒸気機関車。約13kmを1時間かけて のんびりと走ります。
シティ・レール・ブルー・マウンテンズ線
シドニー中央駅から、ブルー・マウンテンズの中心駅までを約2時間で結び、市民の足となっている列車。ユーカリが青くたなびく世界遺産の森を走ります。
トランスパース フリーマントル線
パースからインド洋に面した港町フリーマントルを結ぶ電車。パースから約20分。19世紀の薫り漂う街の散策や、週末に開かれるフリーマントル・マーケットに出かけるのに便利。

オーストラリア車窓の旅の楽しみ方

車窓に広がる大陸の風景に感動
地平線まで続く荒野。夕陽に染まる燃えるように赤い大地。朝、目覚めて眺める昨日と変わることのない車窓の風景。広大なオーストラリアに感動します。
セラバレー
旅先のふれあいに和むひととき
行けども行けども同じ風景に飽きたら、隣の人に話しかけてみましょう。どちらまで行かれるのですか? そんなひとことから、現地の人との楽しい旅の思い出が生まれるかも。
ダイニングカーで優雅な食事を
日中はラフな服装でくつろいで、ディナー時はオシャレをして楽しむのがコツ。ディナーの後はラウンジでナイトキャップを傾けるのもよいでしょう。
車窓の旅にぴったり お得なチケット
海外からの旅行者には、グレート・サザン・レールウェイが運行する鉄道に6カ月間乗り放題のパスが利用でき、ザ・ガンやインディアン・パシフィックにも使えます。
  • オーバーランド号
  • 乗り放題パスはネットからも予約可能
オーストラリアおすすめドライブ
美しい海岸線や地平線まで続く平原を走ったり、広大なオーストラリアをぞんぶんに楽しむには、レンタカーでドライブがうってつけ。スピード違反には注意して。
  • シャークベイ
  • 交通量の少ない大陸を気ままにドライブ

オーストラリアのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • エアーズロック
    「ウルル」の神秘

    日本の20倍もの面積をもつスケールの大きなオーストラリア。大らかな人や世界最大級の世界遺産が多いのはお国柄でしょうか。観光局の方々にオーストラリアの魅力をたっぷり伺いました。

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください