オーストラリア入国・出国

|オーストラリア観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社のおせち

オーストラリア入国・出国

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

オーストラリア入国・出国|オーストラリア観光ガイド

フライト・飛行時間

カンタス航空や日本航空、全日空、ジェットスターなどが、日本からオーストラリアの主要都市へ直行便を運航しています。飛行時間はシドニーまで約9時間20分、ケアンズまで約7時間30分。

■直行便
羽田、成田、関西より、シドニー、ブリスベン、ケアンズ、メルボルンなどに直行便が運航。
■経由便
ソウル、香港、バンコク、シンガポールなどを経由し、オーストラリアの各都市を結ぶ便もあり、東南アジアの国々も見て回る人には便利。
■機内への持ち込み
原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm 以内。テロ対策で厳しくなっているので、爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。液体は100ml 以下の容器に移して透明な袋に入れましょう。
キャリーバック

オーストラリアへの入国

オーストラリア入国に必要な「入国カード」が機内で配られます。必ず受け取り、その場で記入しておきましょう。

■パスポート
帰国時まで有効なパスポートが必要です。乗り継ぎ便を利用する場合は3カ月以上の 残存有効期間があると良いでしょう。
■イータス(ETAS)・ビザの発給
オーストラリアに入国するためにはビザが必要です。申請手続きは在日オーストラリア大使館で。また、3カ月以内の観光目的の場合はビザに変わるETAS(電子渡航許可システム)で入国可能。オーストラリア大使館のホームページから簡単に取得できます。
■入国カードとは?
パスポートとともに入国審査の際に必要になります。記入もれがないか確認し、入国時に必ず提出しましょう。
■空港税について
ツアー料金には含まれていない場合が多いので注意しましょう。各空港により金額は異なります。
※日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件です。
※ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認ください。
  • 機体
  • ▲機内の時間を有効に
オーストラリア入国の流れ
1.入国審査
入国審査のカウンターに向かい、自分の順番がきたら入国審査官にパスポートと入国カードを提示します。
2.荷物の受け取り
手荷物受け取りのターンテーブルで航空機の便名を確認し、クレーム・タグと照合して自分の荷物を受け取ります。
3.税関
動植物製品など申請が必要なものを持ち込む場合は、申告書を兼ねた入国カードに記入し、係員に提出します。

オーストラリア出国の流れ

空港には出発2時間前までに到着しましょう。早めにチェックインを済ませれば、免税店で買い忘れたおみやげなどを買うことができます。

オーストラリア出国の流れ
1.搭乗手続き(チェックイン)
利用航空会社のカウンターにパスポートと航空券、機内持ち込み荷物以外の荷物を提出し、搭乗券を受け取ります。
2.税関手続き
入国時に申告をした場合は、申告書の控えとパスポートを提示して荷物の審査を受けます。
3.出国審査
パスポート、出国カード、搭乗券を提示。機内持ち込み荷物の検査を受けます。ボディチェックが終わったら搭乗口へ。
ビジネスクラスでひとっ飛び
ビジネスクラスをいち早く導入したカンタス航空。チェックインは専用カウンターで。座席、機内食、サービスなど、快適な空の旅が楽しめます。
  • ビジネスクラス
  • 快適な空の旅を
検疫が厳しいオーストラリア
国内に生息する動植物を守るため、生きている動物はもちろん、乳製品や卵、肉、果物、野菜も持ち込み禁止。違反すると罰金も。注意しましょう。
  • コアラ
  • 動植物を守るルール

オーストラリアのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • エアーズロック
    「ウルル」の神秘

    日本の20倍もの面積をもつスケールの大きなオーストラリア。大らかな人や世界最大級の世界遺産が多いのはお国柄でしょうか。観光局の方々にオーストラリアの魅力をたっぷり伺いました。

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

オーストラリア入国・出国|オーストラリア観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved