高知の観光

|四国観光ガイド|阪急交通社

旅コーデ

高知

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

高知県|四国観光ガイド

▲高知城、桂浜に立つ坂本龍馬像、清流・四万十川
■龍馬が生きた町とおおらかな自然

県都の高知は山内一豊が建てた高知城を中心に形成された城下町。近代日本の誕生に命を賭した坂本龍馬は高知城下に生を受け、26歳で脱藩するまで、土佐勤王党の同志として活躍しました。今も市内のいたるところで、若き日の龍馬を偲ぶことができます。

高知を離れれば、清流四万十川や黒潮の海が洗う足摺岬、室戸岬の雄大な景観が展開。岩崎弥太郎を生んだ城下町・安芸などの美しい昔町も残っています。

高知|高知県 地図
もっとナビ!! 高知市 桂浜

高知市の中心街は、高知城とはりまや橋の間。高知城南の上町から鏡川河岸にかけては坂本家の本家・才谷屋跡、龍馬が少年時代に通った日根野

高知|桂浜

道場跡など、坂本龍馬ゆかりのスポットが点在。中心街…もっと詳しい情報へ>>>

高知市
高知|高知市
人口約34万人を擁する南四国の中核都市。土佐藩24万石の城下町として栄え、高知城、はりまや橋、桂浜など見どころも豊富。
足摺岬・ジョン万次郎像
高知|ジョン万次郎像
ジョン万次郎こと中浜万次郎は、出漁中に漂流、捕鯨船に助けられアメリカに渡り、幕末日本の近代化に貢献した国際人のはしり。
四万十川
高知|四万十川 菜の花
不入山に源を発し、全長約196kmにわたって大地を潤し、太平洋へと注ぐ大河。清流に架かる沈下橋は四万十川のシンボル。
安芸・岩崎弥太郎像
高知|岩崎弥太郎像
三菱財閥を築きあげた岩崎弥太郎の生誕150年を記念し、昭和59年に製作。銅像が立つ江ノ川上公園は通称・弥太郎公園。
写真提供:(財)高知県観光コンベンション協会
室戸岬
高知|室戸岬
亜熱帯植物の群落と奇岩の海岸線、太平洋の豪壮な景観が広がる四国の東南端。若き日の弘法大師が修行した地としても有名。
写真提供:(財)高知県観光コンベンション協会
香美・やなせたかし記念館
アンパンマンの作者やなせたかし氏の出身地にあり、アンパンマンミュージアムや詩とメルヘン絵本館などで作品に出合えます。
写真提供:(財)高知県観光コンベンション協会
足摺岬
高知|足摺岬
太平洋の大パノラマを一望する四国最南端の岬。亜熱帯植物の緑と断崖に立つ白亜の灯台、黒潮の海の青さの対照美が印象的です。
竜串海岸
高知|竜串海岸
遊歩道を歩いて風食、海食により作られた奇岩奇勝が見られ、グラスボートや海中展望塔で、サンゴ礁や熱帯魚をウォッチング。
安芸
香川|安芸 野良時計
土佐湾に面した城下町。三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の生家が残り、明治20年頃に作られた野良時計が今も時を刻み続けます。
北川村 モネの庭
高知|北川村 モネの庭
フランスのジヴェルニーにある印象派の画家モネの自宅の庭をモデルに作られ、モネが描いた名作の風景に出合えます。
吉良川
高知|吉良川
藩政時代から続く白壁の商家や、明治から土佐備長炭の回船で栄えた町並みが残り、岡御殿は藩主の本陣にも使われた豪商の邸。
龍河洞
高知|龍河洞
総延長約4kmの国の天然記念物に指定された鍾乳洞。弥生人の住居跡があり、弥生式土器が鍾乳石と一体化した「神の壷」は必見。

四国旅行のおすすめツアーはこちら

おすすめの宿はこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

高知の観光|四国観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2018 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved