阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

バルト3国現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

バルト3国現地情報|バルト3国観光ガイド

水事情

水道水はカルシウムを多く含む硬水なので、生水は飲まない方がよいでしょう。一度沸騰させるか、ミネラルウォーターの飲用をおすすめします。

■レストランや食堂では
レストランでミネラルウォーターと言うと、多くは炭酸入りを持ってきます。味が気になる人は炭酸なし(Still)を注文するようにしましょう。
■公共施設では
バルト3国では、真夏でも高温になることはまれですが、屋外の観光にはミネラルウォーターを携行すると安心です。
■ミネラルウォーター(500ml)物価は?
エストニア、ラトビア、リトアニア:約0.8ユーロ〜。
ミネラルウォーター
▲炭酸入りもあるので注意

トイレ事情

公衆トイレはほとんどが有料です。心配な人は出かける前にホテルで済ませるか、レストランやカフェのトイレを借りるとよいでしょう。

■紙は備え付けのくずかごへ
有料トイレではチップを支払うと紙を渡されたり、自分でちぎって持っていく場合も。紙が流せないトイレも多く、その場合は使用後、備え付けのくずかごに捨てること。

電話・郵便・インターネット

カード式公衆電話から国際電話がかけられます。カードの購入は郵便局やキオスクで。また、 郵便事情も良好で、エアメールは1週間前後で日本に届きます。

■郵便
・切手:各国の郵便局の営業時間は月〜金曜9:00〜18:00、土曜9:00〜15:00が一般的。日曜は休業。切手の購入はキオスクでも可能。
・ポスト:バルト3国のポストは、エストニアはオレンジ、リトアニアは黄色など、日本とは色も形も異なっていますので、投函する前に確認を。
・ハガキ:エアメールの料金は各国で異なるので、事前に確認しておきましょう。
エストニア:ハガキは1.5ユーロ。
ラトビア:ハガキは0.71ユーロ。
リトアニア:ハガキは0.84ユーロ。
郵便を出すには
■電話
・電話のかけ方:日本への国際電話は、00(国際電話識別番号)、81(日本の国番号)、最初の0を除いた市外局番、電話番号の順でダイヤル。
・レンタル携帯:バルト3国でも使える携帯電話があると、いざというとき便利。出発前に日本でレンタル、携帯番号を家族や友人に連絡しておけば安心です。
■インターネット事情
都市部を中心にインターネット環境が整備され、インターネットカフェも容易に見つけられます。日本から自分のパソコンを持っていく場合は、電圧の違いに注意しましょう。
ビジネスアワーをチェック
銀行は月〜金曜9:00〜18:00、商店は月〜土曜10:00〜18:00が目安。観光地では日曜営業のみやげもの屋もあります。レストランはランチタイムから深夜まで。
  • ヴィリニュス
  • ヴィリニュスのメインストリート
中央市場でバルト海の幸を丸かじり
約72,000m2の広大な敷地に、あらゆる食材がひしめくリーガの中央市場。バルト海の魚の燻製や摘みたての旬の果実など、見ているだけでも楽しめます。
  • フィレンツェ 中央市場

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめのツアーを豊富にご用意!ご予約はお早めに!