阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

デンマーク基本情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

北欧観光ガイド

デンマークの概要

ユトランド半島と周辺の島々からなる、アンデルセンを生んだおとぎの国。緑の丘や森、湖沼など、公園のような美しい景観が広がり、酪農の国としても知られます。

  • ■正式名称:デンマーク王国  Kingdom of Denmark
  • ■首都:コペンハーゲン
  •  ■人口:約561万人
  • ■面積:約4万km²
  • ■人種・民族:デンマーク人、その他
  • ■宗教:キリスト教福音ルーテル派、その他
  • ■言語:デンマーク語、英語
  • ■通貨:デンマーク・クローネ(DKK)
  • ■時差:-8時間 デンマークが正午のとき、日本は午後8時
  • ■サマータイム:3月最終日曜〜10月最終日曜は-7時間 デンマークが正午のとき、日本は午後7時
デンマーク国旗
国旗のウンチク
1219年のエストニア軍との戦いで、空から降ってきたとも伝わる赤地に白のスカンジナビア十字。

デンマークの気候・服装

1月の平均気温は0度。メキシコ湾流の影響で、緯度のわりには比較的温暖な気候です。夏にあたる6〜8月は湿度が低く過ごしやすく、なかなか太陽が沈まない白夜のシーズン。

4月下旬のチボリ公園の開園とともに春が訪れます。春とはいえ、5月まで肌寒い日が多いので、カーディガンやセーターなどを用意しましょう。
6月〜7月の日差しは日焼けするほど強いですが、朝・晩は冷え込みますので、薄手のジャケットなどを持参。気候の急変に備えて雨具も必要。
8月中旬には風が冷たく感じられ、9月に入ると完全に秋。天候は安定していますが、気温は低いので、軽めのコートを持っていくとよいでしょう。
雪が降り始める11月から本格的な冬を迎えます。晩秋から冬にかけては、厚手のコート、マフラー、手袋は必需品。靴は底の厚いものを用意。
デンマーク・東京 気温表/降水量グラフ

※コペンハーゲンの平均気温は理科年表2009年版より、降水量は世界気象機関HPより(1961-1990年の平均)
※東京の平均気温、降水量は気象庁HPより(2012年)
※イベントの時期は例年の目安です。

デンマークの祝祭日

  • ■新年:1月1日
  • ■聖霊降臨祭※:6月9日
  • ■洗足木曜日※:4月18日
  • ■憲法記念日:6月5日
  • ■聖金曜日※:4月19日
  • ■クリスマスイブ:12月24日
  • ■イースター※:4月20〜21日
  • ■クリスマス:12月25日
  • ■イースターマンデー※:4月22日
  • ■ボクシング・デー:12月26日
  • ■祝祷日※:5月17日
  • ■大晦日:12月31日
  • ■キリスト昇天祭※:5月30日

※は移動祝祭日のため毎年変わります。上記は2019年の祝祭日です。
※祝祭日はOTOA日本海外ツアーオペレーター協会より引用しています。

デンマークのベストシーズンは?
デンマークが観光客で賑わうのは、気候のよい5〜8月。8月でも平均気温は17.3度と高くなく、湿度も低いのでさわやか。快適な旅行が楽しめます。
  • シェラン島
  • ▲四季折々の表情がある
デンマークはパンケーキ?
デンマークの国土は平らで、最高地点でも海抜わずか約173mしかありません。パンケーキのようになだらかと形容される国は、人々の意識も平等です。
  • コペンハーゲンのニューハウン
  • ▲ヨーロッパで一番低い国

北欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始特集】年末年始におすすめのツアーを豊富にご用意!今年の年末年始は9連休!ご予約はお早めに!