阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

北欧現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

北欧観光ガイド

トラブル・治安

北欧諸国は比較的治安の良いことで知られています。しかし、大都市では日本人が犯罪に巻き込まれるケースも。危険な場所には近づかないなど、常識を持って行動しましょう。

■スリ・ひったくり
凶悪な犯罪は比較的少ないですが、スリや置き引き、ひったくりなどの犯罪が、特に大都市で増加しています。荷物から目を離さないようにし、夜間の一人歩きはやめましょう。
■パスポート(旅券)の紛失
最寄りの警察署で紛失証明書を発行してもらい、最も近い都市の日本大使館・領事館にオープン時間内に出頭し、再発給の申請・発給を受けなくてはなりません。
■トラブルに巻き込まれたら?
パスポートを盗まれると再発給に時間がかかるため、ツアーの場合、一人とり残されることに。発給までの滞在費、通訳などの費用、交通費など、思いもよらぬ高額な費用もかかります。
■海外旅行保険に入って行こう
盗難や病気、ケガ、交通事故など、もしもの時のために海外旅行保険に入っておきましょう。万一の場合、補償やサポートが受けられ安心です。
セキュリティポーチ

▲便利なセキュリティポーチ

マナー

北欧諸国は女性の社会進出が進み、男女平等の意識が徹底しています。レディファーストを心がけるなど、女性の接し方に注意しましょう。

■チップ
ホテルでは特別に用を頼んだりしなければ、チップは不要です。レストランで食事をしてサービス料が含まれていない場合は、料金の10%程度を渡しましょう。タクシー料金にもサービス料が含まれているのが一般的です。
■喫煙
ノルウェー、スウェーデン、フィンランドは、公共の場では禁煙。レストラン、バーも禁煙か、喫煙席と禁煙席に分けられています。デンマークは3カ国ほど厳しくはなく、レストランは分煙、バーはほとんどが喫煙可能です。
■飲酒について
北欧では政府によりアルコールの販売管理が行われており、アルコールが購入できるのは限られた販売所だけなので、事前に調べておきましょう。また、購入に際しては身分証明書が必要です。
■教会、美術館では
教会も美術館、博物館も静粛に見学しましょう。博物館や美術館では、監視員がいなくても写真撮影はしないように。また、教会内でのフラッシュ撮影もひかえましょう。
■服装もTPOを考えよう
服装にはあまりうるさくありませんが、高級レストランで食事をするときは、男性はジャケット、女性はスカートを着用しましょう。教会では肌を露出した服装はひかえましょう。
喫煙
▲喫煙はマナーを守って
レストラン
▲場にあった服装を心がけよう
情報収集は観光案内所へ
観光案内所では、地図や観光情報などを無料で入手できます。日本語版が用意されている場合もあるので、困ったら観光案内所に駆け込もう。
  • ストックホルム
  • ▲観光情報を入手しよう
フィンランド流サウナの入り方
シャワーで汚れを落として入り、白樺の枝で体をたたいて新陳代謝を促すのが本場流。湖岸のサウナの場合、出たら湖に飛び込み、体を冷ますことも。
  • サウナ
  • ▲本場のサウナを体験

北欧のおすすめツアーはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始特集】年末年始におすすめのツアーを豊富にご用意!今年の年末年始は9連休!ご予約はお早めに!