阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ゆうちょ銀行貯金口座自動払込サービス

ネパール現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ネパール現地情報|ネパール観光ガイド

トラブル・治安

治安は良いといえますが、観光地では軽犯罪が増加傾向に。また、パンダと呼ばれるゼネストが起きると交通機関が止まり、商店なども休業するので注意しましょう。

■スリ・置き引き
バザールなど混雑した場所では周囲に気を配り、人前で大金を見せるのは避けましょう。また、ホテルの部屋に貴重品を置きっぱなしにしないよう注意が必要。
■パスポート(旅券)の紛失
すみやかに警察に被害届を出し、盗難・紛失証明書を作成してもらい、カトマンズの日本大使館で発給手続きを。出国予定日が迫っている場合は、帰国のための渡航書を申請します。
■トラブルに巻き込まれたら?
ホテル内で盗難や窃盗などに遭った場合は、ホテルのフロントを通して警察に連絡。外出中のトラブルは100番に電話。状況を説明できるようネパール語の会話集を携行すれば安心。
■海外旅行保険に入って行こう
日本と違う環境の海外では、病気やケガ、盗難など、いつどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。万一の場合に様々なサポートが受けられる海外旅行保険に入りましょう。

マナー

日本ではかわいい子供を見ると頭をなでますが、ネパールでは頭は最も神聖な場所なので厳禁。このように文化・習慣が異なる国であることを念頭において行動しましょう。

■チップ
高級ホテルやレストランでチップが習慣になりつつあります。ホテルのポーターやルームサービスには10〜20ルピー程度。レストランでサービス料が加算されていない場合には総額の10%程度を。
■喫煙
喫煙できる年齢が法律で定められていないネパールは、タバコに寛容なお国柄。ただし、禁煙法の制定が検討されており、近い将来、公共の場所での喫煙が禁止されるかもしれません。
■写真撮影
空港や軍関係の施設は写真撮影が禁止されています。一部の寺院では撮影禁止の場所もあるので注意のこと。また、人物を撮影するときは無遠慮にカメラを向けないで、必ず了解を求めてから撮影するようにしましょう。
■服装はTPOを考えて
厳格なドレスコードはありませんが、高級レストランなどでは、その場にふさわしい服装で。また、女性はノースリーブ、ミニスカートなど、肌が露出した服装は避けた方が賢明。特に寺院ではトラブルのもとです。
レストラン
▲チップはスマートに
ニャタポラ寺院
▲寺院では控え目な服装で
不浄の左手で食事はNG
ネパールでは左手は不浄とされているので、食べ物は必ず右手で持つように。また、握手も決して左手でしないこと。相手に非常に失礼な行為です。
  • レストラン
  • レストランでは右手を使って楽しく食事
頭を傾けて「Yes」
日本人は「はい」と頭を縦に動かして肯定しますが、ネパール人は横に傾けます。日本人には疑問のポーズのように見えますが、紛れもなく「Yes」です。
  • 同意のポーズ
  • 頭を横に傾けるのは同意のポーズ

ネパールのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめのツアーを豊富にご用意!ご予約はお早めに!