コインブラ大学 - アルタとソフィア

|ポルトガル 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第253回 ポルトガル コインブラ大学 - アルタとソフィア 創設700余年の大学を中心に歴史を刻んだ大学都市

第253回 ポルトガル

コインブラ大学 - アルタとソフィア

創設700余年の大学を中心に歴史を刻んだ大学都市

世界遺産|コインブラ大学

Story

ルトガル中部の古都コインブラ。リスボンに遷都するまで首都がおかれていたこの町にはポルトガル最古、ヨーロッパでも屈指の歴史を誇るコインブラ大学があり、大学の建造物群が集まる山手のアルタ地区と下町のソフィア地区が世界遺産に登録されています。

1290年にポルトガル王ディニス1世によってリスボンに創設された大学が、コインブラに移転したのは1308年のこと。その後リスボンへ、再びコインブラへと行き来を繰り返し、1537年以降はコインブラに落ち着き、大学は町とともに発展。ポルトガルのみならず各国の学問・文芸に多大な影響を与えてきました。モンデゴ川を見下ろす丘の上に建つ旧大学は、王宮として使われていたアルカソヴァ宮殿です。正面には、ラテン語を話すことが義務づけられていた「ラテン回廊」があり、ここからは学位授与式など大学の式典が行われてきた、かつての宮廷の広間「帽子の間」に入れます。正面左手のバロック様式の玄関は、ジョアン5世の命で18世紀に建てられたジョアニナ図書館。30万冊の蔵書もさることながら、金泥細工が施され黄金に光り輝く書架の豪華さに目を見張ることでしょう。

構成資産に1940年代に整備された「大学都市」やソフィア通り沿いの学寮なども含まれた、世界遺産のこの町の主人公は学生たち。とりわけ卒業シーズンの5月は、卒業生たちの賑やかなパレードやファド(ポルトガルの民族歌謡)を歌う黒いマントの学生に出会えるかもしれません。

続きを読む

1290年にポルトガル王ディニス1世によってリスボンに創設された大学が、コインブラに移転したのは1308年のこと。その後リスボンへ、再びコインブラへと行き来を繰り返し、1537年以降はコインブラに落ち着き、大学は町とともに発展。ポルトガルのみならず各国の学問・文芸に多大な影響を与えてきました。モンデゴ川を見下ろす丘の上に建つ旧大学は、王宮として使われていたアルカソヴァ宮殿です。正面には、ラテン語を話すことが義務づけられていた「ラテン回廊」があり、ここからは学位授与式など大学の式典が行われてきた、かつての宮廷の広間「帽子の間」に入れます。正面左手のバロック様式の玄関は、ジョアン5世の命で18世紀に建てられたジョアニナ図書館。30万冊の蔵書もさることながら、金泥細工が施され黄金に光り輝く書架の豪華さに目を見張ることでしょう。

構成資産に1940年代に整備された「大学都市」やソフィア通り沿いの学寮なども含まれた、世界遺産のこの町の主人公は学生たち。とりわけ卒業シーズンの5月は、卒業生たちの賑やかなパレードやファド(ポルトガルの民族歌謡)を歌う黒いマントの学生に出会えるかもしれません。

Photos

世界遺産|コインブラ大学 中庭
▲旧大学をはじめ、コインブラ大学の建造物群が集まるアルタ地区
世界遺産|コインブラ大学 ラテン回廊
▲旧校舎内にあるラテン語を話すことが義務づけられていた「ラテン回廊」

Data

◆登録名:
コインブラ大学 - アルタとソフィア
◆登録年:
2013年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
首都リスボンから鉄道で約2時間。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

コインブラ大学 - アルタとソフィア|ポルトガル 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved