阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

ポルトガル現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ポルトガル現地情報|ポルトガル観光ガイド

トラブル・治安

身分を証明するものの携帯が義務づけられており、パスポートを携帯していない場合、警察署へ連行されることもあるので注意。盗まれないよう肌身に付けて所持すること。

■スリ・置き引き
治安は比較的良好ですが、最近はリスボン、ポルトなどの大都市を中心にスリ、置き引きといった犯罪が増加傾向にあります。盗難被害に遭わないよう、気を引き締めて行動しましょう。
■パスポート(旅券)の紛失
パスポートはコピーをとっておきましょう。もし紛失したら、最寄りの日本大使館か領事館に申し出て旅券の再申請を行ってください。
■トラブルに巻き込まれたら?
万一、トラブルに巻き込まれたら、最寄りの警察へ連絡しましょう。ホテルで盗難に遭ったら、フロントから呼んでもらいましょう。
■海外旅行保険に入って行こう
いくら注意していても、アクシデントやトラブルに巻き込まれることが海外では起こります。自分だけは安心と思わず、海外旅行保険に入っておきましょう。

マナー

教会は敬虔な祈りの場。大声での会話や写真撮影は慎みましょう。特にミサの時間に訪れる際は、信者のじゃまにならないよう、後方で静かに見学しましょう。

■チップ
チップの習慣はありますが、義務というわけではなくホテルマンに特別な用を頼んだときや、サービスに満足したときの「心づけ」です。高級レストランでは料金の5〜10% 程度が目安です。
■喫煙
他のヨーロッパの国ほど厳しくなく、レストランでも喫煙、禁煙席を分けている店はほとんどありません。ただし、地下鉄、バスなどの乗り物内は禁煙です。
■写真撮影
軍事施設や空港などは世界共通で撮影禁止です。教会でのフラッシュ撮影も禁止。判断に迷ったら、必ず周囲の人に確認しましょう。
■服装もTPOを考えよう
教会ではノースリーブや短パン、ミニスカートなど、肌の露出の多い服装は避けること。高級レストランなどでは正装の必要がある場合もあります。
レストラン
▲親切な応対にはチップを
喫煙
▲喫煙はTPOを考えて
ひとり歩きは要注意!
地元の男性から声をかけられることも多い女性の一人旅。なかには睡眠薬強盗などの事件に巻き込まれるケースもあるので注意しましょう。
  • 一人歩きは危険
  • 一人での行動には注意を
営業時間をチェック
銀行は月〜金曜の8時30分〜15時。商店は9〜13時、15〜19時で日曜休業。大型ショッピングセンターは土日祝日も営業。まちまちなので確認を。
  • レストラン
  • 事前に調べて快適な散策

ポルトガルのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめのツアーを豊富にご用意!ご予約はお早めに!