世界遺産

|ドイツ観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社のおせち

ドイツ入国・出国

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ドイツ観光ガイド

フライト・飛行時間

日本からドイツへはドイツのルフトハンザ航空だけでも、東京、大阪、名古屋から直行便が運航しています。飛行時間は12時間前後。

■直行便
ドイツのルフトハンザ航空が東京、大阪、名古屋からフランクフルト、ミュンヘンへ直行便を運航。ほかに日本航空や全日空も運航。全日空は成田空港からデュッセルドルフへ直行便も運航。
■経由便
ほかのヨーロッパの国を経由する航空会社の便もあります。時間はかかりますが、料金が安く設定されているのが魅力。
■機内への持ち込み
原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm以内。爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。化粧品や飲み物などの液体は100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れること。テロ対策で規制が厳しくなっているので事前確認をしましょう。
キャリーバック

ドイツへの入国

ドイツは「シェンゲン協定」加盟国です。日本など加盟国以外から入国する場合は、到着した空港と最後に出国する空港で入国・税関審査を受けます。

■パスポート残存有効期限
シェンゲン協定加盟国を出国する日より3ヶ月以上パスポートの残存期間が必要です。
■ビザの発給
観光目的でドイツを旅行する場合、通常は6カ月間で90日以内の滞在についてはビザは不要です。それ以上の滞在には、ビザが必要です。ビザの申請手続きは在日ドイツ大使館で行ってください。
■入国カードとは?
パスポートとともに入国審査の際に出すカードですが、ドイツに直接入国する場合は必要ありません。
■空港税について
ツアー代金には含まれていない場合が多いので注意しましょう。各空港により金額は異なります。
※日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件です。
※ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認ください。
■シェンゲン協定について
EUに加盟する一部の国が結ぶ検査廃止協定のこと。約26カ国が実施しており、加盟国間を移動する場合は、入出国審査は不要になります。
  • ノイシュヴァンシュタイン城
ドイツ入国の流れ
1.入国審査
入国審査は、EU国籍とEU以外の国籍とでカウンターが分かれます。日本人は「Non EU Nationals」のカウンターで審査を受けましょう。
2.荷物の受け取り
日本出国時に荷物を預けた人は「Baggage Claim(バゲージ・クレーム)」で自分の荷物をピックアップ。クレームタグと照らし合わせ、間違いのないよう必ず確認を。
3.税関
荷物が免税の範囲内ならば、緑色のゲートで審査を受けます。免税を超える荷物を所持している場合は赤色のゲートへ進み、審査を受けましょう。

ドイツ出国の流れ

出発時刻の2時間前までに空港に到着するようにしましょう。早めに出国審査を済ませれば、搭乗待合所の免税店で、おみやげなどを買うことができます。

ドイツ出国の流れ
1.搭乗手続き(チェックイン)
利用する航空会社のカウンターでチェックインの手続きを。航空券とパスポートを提示し、搭乗券を受け取ります。預ける荷物がある場合は、この時に手続きを。
2.税関手続き
手荷物のチェックを受けます。チェックゲートをくぐる際には、キーホルダーやベルトなどの金属類を身につけないように注意しましょう。
3.出国審査
パスポートと搭乗券を提示し、出国審査を受けましょう。ここを通過したら、すみやかに出国ゲートへ。時間のある場合は空港内の免税店で買い物もできます。
快適なビジネスクラスで
長時間のフライトは、快適さを追求したワンランク上の座席とサービスでゆったりと過ごしましょう。ゆとりのビジネスクラスで体を休めてドイツへ。
  • ビジネスクラス
  • 快適な空の旅を
古城で優雅な旅の思い出を
中世の古城が点在するドイツ。ひととき貴族気分を味わってみては? ドイツ国内には古城を改装したホテルが100以上も! 旅の思い出にぴったりです。
  • 古城で優雅な旅の思い出を
  • 気分は中世の貴族!?

ドイツのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • ドレスデンの街並みとエルベ川
    ドイツの"今"

    40もの世界遺産を擁し、ヨーロッパ諸国からの観光客数第2位を誇るドイツ。日本人にも大変人気ですが、ニュースで報道されている「紛争地からの移民・難民受け入れ」について心配されている方もいらっしゃると思います。そこで、現在のドイツ国内の様子についてドイツ観光局の方にお話を伺ってきました!

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

世界遺産|ドイツ観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved