グラナダ

|スペイン 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第7回 スペイン グラナダ 光と影が生む造形美 イスラム最後の砦へ

第7回 スペイン

グラナダ

光と影が生む造形美 イスラム最後の砦へ

世界遺産|アルハンブラ宮殿

Story

トリック大国として名高いスペインですが、8世紀にも及ぶイスラム統治時代があったことをご存知でしょうか。スペインを代表する世界遺産アルハンブラ宮殿は、イスラム勢力最後の王国となったグラナダ王国のシンボルなのです。

そんな宮殿の外観は、意外なほど質素。しかし一歩足を踏み入れると、陽光まぶしい中庭、透かし彫りの窓から差し込む柔らかな光と、それに照らし出されるほの暗い室内の装飾、そして多数の円柱が美しいシルエットを描き出す回廊……。光と影が、建物内の随所に繊細なタイルやレリーフを浮かび上がらせます。この宮殿は、燦々と降り注ぐスペインの太陽なしには、ありえない芸術品。また当時最新鋭だったサウナを備えたライオン宮のハーレムでは、愛妾たちが王の寵愛を競い合っていたとか。

しかし、光はいつしか陰るのが世の常。王国も経済的な破綻を向かえますが、弱体化を悟らせまいと、各国大使が訪れる「大使の間」を宮殿随一の装飾で飾り、絶大な権力を演出しました。実際、これによりグラナダ王国侵攻を取りやめたところもあったと言われています。

時は1492年。宮殿は、かねてから高まっていたイスラム駆逐運動によって陥落。同時にイスラム統治の歴史は幕を閉じましたが、その卓越した優美さから宮殿の破壊は免れたのです。イスラム勢力最後の楽園となったアルハンブラ宮殿。歴史の光と影が刻まれた美の世界を訪れてみませんか。

続きを読む

そんな宮殿の外観は、意外なほど質素。しかし一歩足を踏み入れると、陽光まぶしい中庭、透かし彫りの窓から差し込む柔らかな光と、それに照らし出されるほの暗い室内の装飾、そして多数の円柱が美しいシルエットを描き出す回廊……。光と影が、建物内の随所に繊細なタイルやレリーフを浮かび上がらせます。この宮殿は、燦々と降り注ぐスペインの太陽なしには、ありえない芸術品。また当時最新鋭だったサウナを備えたライオン宮のハーレムでは、愛妾たちが王の寵愛を競い合っていたとか。

しかし、光はいつしか陰るのが世の常。王国も経済的な破綻を向かえますが、弱体化を悟らせまいと、各国大使が訪れる「大使の間」を宮殿随一の装飾で飾り、絶大な権力を演出しました。実際、これによりグラナダ王国侵攻を取りやめたところもあったと言われています。

時は1492年。宮殿は、かねてから高まっていたイスラム駆逐運動によって陥落。同時にイスラム統治の歴史は幕を閉じましたが、その卓越した優美さから宮殿の破壊は免れたのです。イスラム勢力最後の楽園となったアルハンブラ宮殿。歴史の光と影が刻まれた美の世界を訪れてみませんか。

Photos

世界遺産|アルハンブラ宮殿
▲グラナダの小高い丘の上に建つ、アルハンブラ宮殿
世界遺産|ライオン像の噴水
▲宮殿のシンボルとして名高い、12頭のライオン像の噴水がある中庭

Data

◆登録名:
グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区
◆登録年:
1984年・1994年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
アルハンブラ宮殿/ヌエバ広場からミニバスで約8分、または徒歩で40分
◆時間:
アルハンブラ宮殿/3~10月8:30~20:00、11~2月8:30〜18:00

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

グラナダ|スペイン 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved