カムチャッカ火山群

|ロシア 世界遺産|阪急交通社

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第96回 ロシア カムチャッカ火山群 厳しい自然が育んだ 火山と動植物の宝庫

第96回 ロシア

カムチャッカ火山群

厳しい自然が育んだ 火山と動植物の宝庫

世界遺産|カムチャッカ火山群

Story

ムチャッカ半島はユーラシア大陸の東の果て、亜寒帯気候からツンドラ気候に属する寒冷地で、西をオホーツク海、東をベーリング海に挟まれ、ヒグマ、アシカ、ラッコなどの陸棲・海棲哺乳類や鳥類、魚類が高密度に棲息する、日本と同じくらいの面積がある半島です。その約10%にあたる地域、国立クロノツキー生物圏・自然保護区、南西ツンドラ自然保護区の2つの自然保護区と、ブィストリンスキー自然公園、ナルィチェヴォ自然公園、南カムチャッカ自然公園、クリュチェフスコイ自然公園の4つの自然公園が世界遺産に登録されています。

ナルィチェヴォ自然公園に聳えるアヴァチャ火山(標高約2,751m)は、端正な山容から「カムチャッカ富士」とも呼ばれ、麓の高原には固有種を含む多くの高山植物が咲く、格好のトレッキングコース。また、クリュチェフスコイ自然公園のクリュチェフスコヤ火山は、ユーラシア大陸の火山では最高峰の標高約 4,835mを誇っています。

環太平洋火山帯に属する半島には約160もの火山があり、29ほどの火山が今も活動中。大量の溶岩が流れ出すハワイ式、間欠的にマグマ片や火山弾を噴出するストロンボリ式など、「火山の博物館」といわれるほどさまざまなタイプの火山が密集しています。温泉も各所に湧き、自然湧出の温泉だけでも160カ所以上も。知床の50倍以上の広さの自然が手つかずのまま残り、火山と動植物が多様な表情を見せてくれます。

続きを読む

ナルィチェヴォ自然公園に聳えるアヴァチャ火山(標高約2,751m)は、端正な山容から「カムチャッカ富士」とも呼ばれ、麓の高原には固有種を含む多くの高山植物が咲く、格好のトレッキングコース。また、クリュチェフスコイ自然公園のクリュチェフスコヤ火山は、ユーラシア大陸の火山では最高峰の標高約 4,835mを誇っています。

環太平洋火山帯に属する半島には約160もの火山があり、29ほどの火山が今も活動中。大量の溶岩が流れ出すハワイ式、間欠的にマグマ片や火山弾を噴出するストロンボリ式など、「火山の博物館」といわれるほどさまざまなタイプの火山が密集しています。温泉も各所に湧き、自然湧出の温泉だけでも160カ所以上も。知床の50倍以上の広さの自然が手つかずのまま残り、火山と動植物が多様な表情を見せてくれます。

Photos

世界遺産|カムチャッカ富士
▲雲の上に頭を出す姿は、日本の富士を彷彿とさせる
世界遺産|高山植物
▲壮大な景観美とともに、かわいらしい高山植物も楽しめる

Data

◆登録名:
モスクワのカムチャッカ火山群
◆登録年:
1996年・2001年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
日本からカムチャッカ半島の玄関口ペトロパヴロフスク・カムチャツキーまでは直行便利用で約3~4時間

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

カムチャッカ火山群|ロシア 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved