キンデルダイク

|オランダ 世界遺産|阪急交通社

阪急交通社のおせち

世界遺産 〜The World Heritage〜

第69回 オランダ キンデルダイク 国の礎を築いた 干拓事業の立役者

第69回 オランダ

キンデルダイク

国の礎を築いた 干拓事業の立役者

世界遺産|キンデルダイク

©Eric Gevaert

Story

土の4分の1が海面下にあるオランダは、昔からたびたび水害に見舞われ、排水システムの確立は国造りにおける最優先課題でありました。干拓にあたり、水を汲み上げる装置として白羽の矢が立ったのが、粉挽き用の動力に使われていた風車です。キンデルダイクの運河沿いに建ち並ぶ19基の風車群は、この国を世界有数の酪農・園芸国に押し上げたシンボルであり、大切な観光資源といえます。

風から動力を得る風車は、ほかにも脱穀や菜種油搾り、染料の製造など、幅広い用途に使われました。オランダが17世紀に海運国として世界の海に君臨したのも、製材用風車が造船業の発展に寄与したおかげ。また、羽根の静止角度によって、祝い事や弔事などを近隣に知らせる伝言板の役目も果たしていたとか。内部は住居として使用され、現在もキンデルダイクには、風車の管理を兼ねて暮らしている人々がいます。

蒸気機関や電気の発明により、動力源としての風車が次々と姿を消すなか、今も現役で稼働中のキンデルダイクの風車群。まるで一枚の絵のような風景の中を散策したり、遊覧ボートに乗って水上から眺めるのも風情があっておすすめ。水面に映る幻想的な風車を見たい方は、9月初めの夜間ライトアップが狙い目。また、4〜10月は内部見学も可能で、風車の仕組みや部屋の様子を見ることができます。

続きを読む

風から動力を得る風車は、ほかにも脱穀や菜種油搾り、染料の製造など、幅広い用途に使われました。オランダが17世紀に海運国として世界の海に君臨したのも、製材用風車が造船業の発展に寄与したおかげ。また、羽根の静止角度によって、祝い事や弔事などを近隣に知らせる伝言板の役目も果たしていたとか。内部は住居として使用され、現在もキンデルダイクには、風車の管理を兼ねて暮らしている人々がいます。

蒸気機関や電気の発明により、動力源としての風車が次々と姿を消すなか、今も現役で稼働中のキンデルダイクの風車群。まるで一枚の絵のような風景の中を散策したり、遊覧ボートに乗って水上から眺めるのも風情があっておすすめ。水面に映る幻想的な風車を見たい方は、9月初めの夜間ライトアップが狙い目。また、4〜10月は内部見学も可能で、風車の仕組みや部屋の様子を見ることができます。

Photos

世界遺産|遊覧ボート
▲遊覧ボートの運航は4〜9月。19基並ぶ風車は壮観そのもの
世界遺産|キンデルダイク 夕景
▲茜色の空をバックにした風車のシルエットも実に絵になる

Data

◆登録名:
キンデルダイク・エルスハウトの風車群
◆登録年:
1997年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
アムステルダム中央駅から列車で約75分、ロンバルダイン駅からバスで約40分、モレンカーデにて下車

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

キンデルダイク|オランダ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved