バンベルク

|ドイツ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第137回 ドイツ バンベルク 1000年以上変わらぬ 中世の美しい町並み

第137回 ドイツ

バンベルク

1000年以上変わらぬ 中世の美しい町並み

世界遺産|バンベルク

Story

イツ古城街道の町バンベルクは、レグニッツ川の中洲に拓けた「バイエルンの真珠」と称えられるドイツ屈指の古都。1007年、後に神聖ローマ皇帝となるハインリヒ2世が、この地に司教座を置き、キリスト教の町として発展。数多くの宗教建築、石畳の路地に軒を連ねる家々など中世の珠玉の町並みが、1000年以上の時を超えて息づいています。第二次世界大戦の戦禍を免れたバンベルク旧市街は1993年、世界遺産に登録されました。

旧市街の見どころは、町のシンボルである大聖堂が聳え立つ山の手、川中島、小ヴェネチア地区に分かれます。ロマネスクからゴシック様式への過渡期に建てられ、4本の尖塔が特徴的な大聖堂には中世建築の粋が凝縮。なかでも「バンベルクの騎士像」は中世彫刻美術の傑作といわれ、祭壇の彫刻も秀逸です。レグニッツ川の川中島に建つ旧市庁舎は14世紀の建築。ロココ調に改築された半木造の建物はフレスコ装飾が施され、外壁が立体的に見えるのはだまし絵の効果。小ヴェネチア地区は漁師の集落があった一角。レグニッツ川の岸辺にカラフルな木組の家々が並び、水面に浮かぶ姿が印象的です。

11世紀以降の伝統的な暮らしと景観を伝えるバンベルクは、第二次世界大戦で被害を受けなかったドイツでは稀な町。歴史的建築物の修復を専門に行う建築家が町にはいて、1000年以上もの間、奇跡的に無傷で残った美しい町並みをそのままの姿で次代へ残そうとしています。

続きを読む

旧市街の見どころは、町のシンボルである大聖堂が聳え立つ山の手、川中島、小ヴェネチア地区に分かれます。ロマネスクからゴシック様式への過渡期に建てられ、4本の尖塔が特徴的な大聖堂には中世建築の粋が凝縮。なかでも「バンベルクの騎士像」は中世彫刻美術の傑作といわれ、祭壇の彫刻も秀逸です。レグニッツ川の川中島に建つ旧市庁舎は14世紀の建築。ロココ調に改築された半木造の建物はフレスコ装飾が施され、外壁が立体的に見えるのはだまし絵の効果。小ヴェネチア地区は漁師の集落があった一角。レグニッツ川の岸辺にカラフルな木組の家々が並び、水面に浮かぶ姿が印象的です。

11世紀以降の伝統的な暮らしと景観を伝えるバンベルクは、第二次世界大戦で被害を受けなかったドイツでは稀な町。歴史的建築物の修復を専門に行う建築家が町にはいて、1000年以上もの間、奇跡的に無傷で残った美しい町並みをそのままの姿で次代へ残そうとしています。

Photos

世界遺産|バンベルク 大聖堂
▲丘の上に町を見下ろすように聳え立つのは、町のシンボル・バンベルク大聖堂
世界遺産|バンベルク 市庁舎
▲司教と市民の領地の間に建つ旧市庁舎は、中立の立場を意味する
©WernerHilpert

Data

◆登録名:
バンベルクの町
◆登録年:
1993年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
南ドイツの玄関口ミュンヘンから特急列車で約2時間20分。もしくは、ニュルンベルクから特急列車で約35分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

バンベルク|ドイツ 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved