阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

ゆうちょ銀行貯金口座自動払込サービス

スペイン現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

スペイン現地情報|スペイン観光ガイド

トラブル・治安

日本人を狙う強盗は凶暴で、パスポートや貴重品を奪う犯罪が発生しています。深夜の1人歩きは控えるなど注意が必要です。万一襲われた場合、所持品を渡して身の安全を第一に。

■スリ・ひったくり
スリ、置き引き、ひったくりの被害は、マドリッドなどの大都市に限らず地方の観光地でも発生しています。わざと服を汚しておいて、拭うふりをして財布を抜き取るなどの手口も。意味もなく親切にされたら要注意。
■パスポート(旅券)の紛失
パスポートの原本はホテルのセーフティボックスに保管しておきましょう。日本人旅行者に限り、外出中はコピーの携行で差し支えないことになっています。
■トラブルに巻き込まれたら?
まず最寄りの警察に届けること。ホテルで盗難などに遭ったときはフロントから警察を呼んでもらいます。ただし、盗られたものは戻ってこないと覚悟を。
■海外旅行保険に入って行こう
いくら注意していても、トラブルに巻き込まれることが海外では起こります。自分だけは安心と思わずに、海外旅行保険に入っておきましょう。

マナー

スペイン人から見て日本がエキゾチックな国であるように、日本人にとってもスペインは遠い国。知らないことがたくさんあります。マナーについても知っておきましょう。

■チップ
サービスに満足したときにチップを渡す習慣があります。レストランでは、サービス料が含まれていない場合、5〜10%くらいを。タクシーではつり銭を渡す程度。ベッドメイキングには1ユーロが目安。
■喫煙
喫煙率が高く、女性の喫煙者も多いスペイン。しかし公共の場所やレストランなど屋内は禁煙で、違反した場合は罰金が科せられます。
■写真撮影
各国共通の軍事施設や空港のほか、スペイン国鉄駅構内、中央郵便局の内部、デパートなども写真撮影が禁止されているので注意が必要です。
■服装もTPOを考えよう
スペインに堅苦しい服装規定はありませんが、教会などではノースリーブや短パンなど肌の露出の多いものは控えるなど、常識で判断しましょう。
レストラン
▲親切な応対にはチップを
喫煙
▲喫煙は確認してから
フラメンコダンサーはアーティスト
フラメンコを生で楽しむとき、拍手や手拍子は大歓迎です。しかし、酔っ払って大声でのかけ声はマナー違反。節度を守って楽しみましょう。
  • フラメンコ
  • マナーを守って楽しもう
終演後の帰り道に気をつけて
フラメンコはタブラオ(舞台付きレストラン)で一晩に2回行われます。2回目の終演は深夜過ぎ。帰りはなるべくタクシーを呼んでもらいましょう。
  • タブラオ
  • 終演に向け盛り上がる

スペインのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • コルドバ
    陽気でおしゃべり!?

    個性を尊重し、多様な文化が息づく国。スペインの情熱をわけてもらいに、何度でも行きたい!

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨
ビアへス阪神
スペイン 日本語ガイド
同行現地発ツアー

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【夏休み特集】夏休みにおすすめのツアーを豊富にご用意!ご予約はお早めに!